トップ, メニューへジャンプ, 本文へジャンプ

神経伝導の再現・観察モデル

活動電位を気泡で表現し,神経伝導をシミュレート


神経伝導の再現・観察モデル

Dr.Matthias Ducci,Dr.Marco Oetken教授との協力で開発された,神経線維における活動電位(インパルス)の伝導を視覚的にシミュレートする,優れた実験器具です。 多数の生物学の教師が神経線維における活動電位の伝導を教育できる実験器具が無いことを指摘してきました。我々はDr. Matthias Ducci (教師養成大学のPH Karlsruhe)と Prof. Dr. Marco Oetken(教師養成大学のPH Freiburg)の協力を得て,神経伝導を効率的にシミュレートできるユニークな実験モデルを開発しました。

このモデルは,特定の状況下では酸性の液体中の鉄に酸化被膜が形成される性質を利用しています。鉄の棒に可逆的な不動態化と再活性化をおこすことで,視覚的なシミュレートを可能にしました。無髄神経における電位の連続的な移動,有髄神経における跳躍伝導,神経伝達物質による伝達を演示できます。

説明書の記載言語:
英語・ドイツ語

製品詳細

製品内容

製品内容

配置

跳躍伝導をシミュレーションする場合の配置

電極挿入

亜鉛電極を電解液に挿入

気泡

電極が鉄棒に接すると活動電位を表す気泡が発生

この製品の安心購入ポイント!

この商品を見た人は,こんな商品も見ています

生物学・獣医学(左メニュー)

左メニュー終り
樹脂封入標本
先頭にこのページの先頭に