トップ, メニューへジャンプ, 本文へジャンプ

座らせて(座位)の使用に適した骨格模型は?


Q:座らせて(座位)の使用に適した骨格模型はどれですか?

A:吊り下げ方の全身骨格模型がおすすめです。

弊社の骨格模型,A10~A15/3は簡単にスタンドから取り外して使用できますが,直立型スタンド仕様(A10,A11,A12,A13,A15)はスタンドに挿入する金属棒が尾骨より下まで伸びており,座位には不向きです。

吊り下げスタンド仕様では,この金属棒が短いので座位の姿勢をとらせるのにはこちらをお勧めいたします。

メタルスタンド

左:吊下げ型、右:直立型

ただ,それぞれの関節部を一定の角度で固定することなどはできませんし,人体の関節の動きを完全に再現している物ではございません。特にA10,A10/1,A12は脊柱が動きませんのでご注意ください。

吊り下げ型の全身骨格模型

よくあるご質問(左メニュー)

左メニュー終り
先頭にこのページの先頭に