トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2005年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■
        
      『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.22
            
■■■-----------------------------------------------------■■■
平成17年8月19日発行
    
■ニュースヘッドライン 

▽インドで子ども79人死亡 - 日本脳炎が流行(毎日新聞)
  http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/kenko/news/20050819k0000e030011000c.html

▽院内感染を防ぐ - 薬剤耐性菌に対する新治療薬につながる研究成果(毎日新聞)
  http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/kenko/news/20050819k0000m040144000c.html

▽75歳以上対象に新医療保険制度創設へ - 厚生労働省(日経新聞) 
  http://health.nikkei.co.jp/news/top/topCh.cfm?id=20050819r1f1202c18

▽米国の米飲料協会が学校での清涼飲料販売を自主的制限へ,肥満配慮(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/TKY200508180111.html

 

■特集 

▽女性の健康

 PMS(月経前症候群)は出産の有無や年齢によって症状が左右する?(All About)

  ~PMSは最近になってその存在が知られるようになった。
   その症状と年齢や出産の有無による変化を解説する。
   http://allabout.co.jp/health/womenshealth/closeup/CU20050815A/index.htm

 

■注目のテレビ番組

▽今日 8月19日(金) NHK教育 20:00
「きょうの健康Q&A   --中高年の漢方治療--」

--男性更年期・頻尿・認知症・頭痛・熱中症対処について

▽明日 8月20日(土) NHK教育 20:00
「きらっといきる  --足で運転広がる未来--」

 

■医療と生物のメールマガジンご紹介

 『毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門』
         「"メディア"で語られない事が,ココにはある!!」
 
  ◆医療・薬剤関連の他,獣医関連,ペット,バイテク,野生生物,
  食品等"生"に直結する情報を,新たな斬り口で読み解きます!  

 【無料登録はこちら】http://www.unlimit517.co.jp/melmaga.htm
  【バックナンバーは】http://blog.mag2.com/m/log/0000132773

 

■編集後記-----------------------------------------------------

「TGIF」をご存知だろうか?

まさに今日,金曜日のことを言う。

「TGIF」とは Thank God it's Friday (今日が金曜日であることを神に感謝します)
と直訳することができるのであるが,要するに明日からは休みだ!という意味で
アメリカ人は使う。 週休2日がやっと定着してきた日本と違い,アメリカ人は
金曜の夜になるとバーに行くというのが典型的である。

大きなスクリーンのついたスポーツバーに行ってアメフトを観戦しながら
騒ぐ。 これがまた本人達に言わせると楽しいらしい。

明日お仕事の方々には少々酷であるが,今日は「TGIF」である。

 

■今日の一言 by 英司

最近何かと話題の幹細胞。とくにES細胞はその期待と倫理の問題から耳にする
機会が増えた。 受精した時点で生命とするならES細胞の実験は人体実験では?
と思わせる一方で,人工授精で生まれた受精卵のうち子供として選ばれなかった
ものが多数廃棄処分されているのも現実である。
だからこそESではなく本人由来の幹細胞の研究をと・・・

・・・書き始めればきりがないのであるが,このホットな話題の裏で,もう一方
移植医療と縁の深い"脳死"の問題はすっかり影に隠されてしまった感がある。
みな脳死は人の死と納得しているかのようである。

脳の細胞死こそ人の死であることは間違いない。
しかし脳死の判定はどのようになされているのか,医療関係者以外はあまりご存知
無いのではなかろうか? 
約10年前に低体温療法が生まれ,脳死となるはずだった人が助かるケースも生まれた。
国によって判断基準も異なる(米では州によっても異なっていたと記憶している)。

人の生と死の境界線は非常にあいまいである。

ある病院では生きているとされる人たちが別のところでは脳死とされ,
移植のため臓器を提供し完全に死んでいく現実。

幹細胞の利用は,拒絶反応の無い移植実現の可能性を持つ期待のホープだが,
脳死からの移植の問題はもう現実に起きている。

もっと取り上げられるべきではないだろうか。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に