トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2005年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■
        
      『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.50
            
■■■-----------------------------------------------------■■■
平成17年9月30日発行

■ニュースヘッドライン 

▽心臓手術患者が死亡したケース - 医師の未熟さが原因,東京医大調査結果(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/TKY200509290303.html

▽インフルエンザワクチンの副反応113人の内4人が死亡,04年度(毎日新聞)
  http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/kenko/news/20050930k0000e040001000c.html

▽武田薬品が独の医薬大手と抗がん剤を共同開発へ(日経新聞)
  http://health.nikkei.co.jp/news/top/

▽日本酒の健康効果うたい消費斡旋へ - 日本酒蔵組合中央会(産経新聞)
  http://www.sankei.co.jp/news/050930/kei016.htm

 

■特集

▽『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』発行元
  日本スリービー・サイエンティフィックが学会に出展予定です:

 H17/10/1~H17/10/2 (明日から)
  日本補綴歯科学会 第114回日本補綴歯科学会学術大会
  新潟県・朱鷺メッセ
  http://www.3bs.jp/exhib/2005hotetsu.htm
 
  H17/10/22~H17/10/23
  GOIA JAPAN 第2回グローバルオーラルインプラントアカデミー国際学術大会
  神奈川県・パシフィコ横浜
  http://www.3bs.jp/exhib/2005implant.htm

 是非この機会にお越しください。

 

■注目のテレビ番組

▽今日 9月30日(金) NHK教育 20:30~20:45 
    「きょうの健康Q&A ~分かってきた遺伝性のがん~ 」
 
     ~遺伝性のガンシリーズ最終回~
     実体験をもとに視聴者からよせられた疑問や質問に医師が直接お答えします。

▽明日 10月1日(土) NHK教育 20:00~20:30 
    「きらっといきる ~美しい音色響かせたい~ 」
 
     ~「脊髄(せきずい)空洞症」とその痛みと戦うピアニストがいる。
     月足さおりさんは音楽大学在学中に視力も失った。
     死を考えたと言うが,母親に励まされピアノを続けた。
     そんな彼女の目標は演奏会への参加。

    激しい痛みとの戦いの中で練習を重ねコンサートに挑む。
  
     ※脊髄(せきずい)空洞症
     http://www.nanbyou.or.jp/sikkan/058.htm

 

■はじめての方へ-----------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』をお送りしている
弊社が発行する月刊 ドイツの医学教材メーカーが送るメールマガジンでは
お得なセール品情報などを発信しています。 まだ,登録されていない方は
この機会にどうぞ。

 ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
            (ページの中ほどに登録欄があります)

 

■編集後記-----------------------------------------------------

すごしやすい日が続いていますね。 

9月28日から2日間に渡って,国際福祉機器展 H.C.R.2002
に行ってきました。
出展は630社,入場予定者 13万人という日本最大規模の福祉用具展示会です。

今年は介護予防を意識した筋力トレーニングなどの機器が
非常に目立ちました。 しかし,デモンストレーションをしている方は
みなさん若い方ばかりで,実際高齢者が使うとどうなのか今一伝わって
きませんでした。 

最新の福祉機器は非常に魅力のあるものでしたが,果たしてその中のうち
全国のご家庭で実際使えるのは何点あるのだろうと思ってしまいます。

それは値段もさることながら,情報の伝達が地方では圧倒的に遅れていることと,
現行のシステムではどうしても利用者のための情報の欠乏や
ケアマネージャーに依存せざるを得ないからに他なりません。

国際福祉機器展に行かれた方はいらっしゃいますか?
もしかするとすれ違っていたかも知れません。

 

 

■今日の一言 by 英司

前回,浮力と表面張力で水上に浮く話を書いたので,今回は空。
船のような金属の塊が浮くのも一見不思議だが,旅客機が宙に浮く
のはもっと不可解な事実。

一般的旅客機の場合,翼は少し斜め上を向いている。これだけでも
感覚的に浮き上がるのは想像できる。さらに翼の断面を見ると上部が
山のように丸く盛り上がり,下部は直線に近い。スポーツブランド,
NIKEのマークを上下反転させたような形をしている。

ここからがポイントで,この向き・形状のものに流体が向かってくると上方の
圧力は下方より低くなる。これはベルヌーイの定理より導かれる。
つまり,圧力が低い上方に引っ張られ浮き上がることになる。

教科書的で,なるほどと終わりにしたいところだが,そうはいかないわけで。

1)これでは紙飛行機が飛ぶ説明にならない(この場合離陸はいらないのだが)
2)湾曲した形状の翼はベルヌーイの定理から揚力を導く働きは無いのでは?
3)この解説だけでは十分な揚力が無いはずでは・・など等,反論も多い。

なにより,
4)翼の上方下方の圧力差で浮いているのならアクロバットの背面飛行は
できないはずでは・・・・・

飛行機には上記以外にも様々な力が働いていることは確かなのだが,
飛行機が飛んでいる理由は実は完全にはわかっていない・・・
そんなことを言うと乗るのが怖くなりますかね?

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に