トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2005年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■
        
      『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.70
            
■■■-----------------------------------------------------■■■
平成17年10月31日発行

■ニュースヘッドライン 

▽誤って約10倍の麻酔薬投与 - 1歳の男児が死亡(読売新聞)
  http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20051029ik02.htm

▽胚(はい)性幹細胞を新薬開発に応用へ - NEDOなどが開発へ(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/TKY200510290142.html

▽フランスでも禁煙の流れ - 飲食店を全面禁煙に,法案提出(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/TKY200510290205.html

▽がん治療に応用か - 新たながん抑制遺伝子特定,岡山大教授(日経新聞)
  http://health.nikkei.co.jp/news/top/index.cfm?i=2005103003807h1

 

■特集

▽日本癌治療学会から

 ~乳房温存手術と切除術,術後の痛みに差はなく,
  主治医対応に満足は25%以下。
 
  北里大学研究グループによる1000人弱の乳房切除患者
  を対象としたアンケート調査からわかった。

 調査対象は平均57歳で術後の経過年月は平均8.8年だった。
  痛みなどの不快症状が残っていると答えたのは,全体の
  70.5%にものぼり,内主治医に相談したことがない人が
  33%もいることがわかった。

 患者の中には主治医から
  「手術をしたのだから仕方がない」
  「みな同じ痛みがあるので気にしなくていい」
  「完全には治らない,痛みは一生続くだろう」
  などと言われたと答えた患者も多く見受けられたという。
 
  (記事:MedWave)
  http://medwave.nikkeibp.co.jp/MED/

 

■注目のテレビ番組

▽今日 10月31日(月) NHK教育 20:00~20:30
     「福祉ネットワーク   ~在日コリアン進む高齢化 ~ 」

▽明日 11月1日(火) NHK教育 20:00~20:30 
     「福祉ネットワーク
        ~誰もが特別なものを持っている・ディスレクシアの画家マッケンジー・ソープ~ 」

     ~エルトン・ジョン,マドンナなどをファンに持つ世界的画家
      マッケンジー・ソープさんが9月に来日,発達障害を持った
      子ども達のためにワークショップを開いた。 絵の魅力や
      障害に負けずに努力すること,希望を持つことの大切さを伝えた。

 

■おすすめメールマガジンご紹介

▽「USMLEや国際学会に使える医学英語・看護英語入門 」(無料) 
医学英語や看護英語を毎週5問出題!留学を目指す人に!

登録・サンプル http://www.mag2.com/m/0000171728.html
発行者サイト http://home.p08.itscom.net/tennis/
(医学英語・勝つためのテニス・引越し・子供英語)

 

■はじめての方へ-----------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』をお送りしている
弊社が発行する月刊 ドイツの人体模型メーカーが送るメールマガジンでは
以下の内容を無料でお送りしております。 
http://www.3bs.jp/top_m.htm

・インフォームド・コンセントに欠かせない人体模型の使用例
・読者限定ページのURL情報
・プレゼント
・先生方によるコラム 
・学会情報

すでに1000名の方々にご愛読いただいている無料のメールマガジンです。

 ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
            (ページの中ほどに登録欄があります)

 

■編集後記-----------------------------------------------------

今日は10月最後の日。 早いものですね。
今朝の通勤時の気温を車の温度計で見たらなんと10℃。 

本日の午前2時半頃には関東地方で震度3の地震がありましたが,
みなさんは影響なかったでしょうか。

地震といえば,建物には耐震基準というものがありますが
厚生労働省の調べでは耐震基準を全て満たす病院は全国
に36%しかないそうです。 

その基準を満たす病院の割合を都道府県別で見ると東京都が31%
と平均を下回ったそうです。耐震診断を受けていた病院はわずか14%
というのだから驚きます。

 

■今日の一言 by 品

インナーイヤー型ヘッドフォンが苦手でした。ウォークマンを聴きながら
街中を闊歩するという行為に,10代の頃から強く憧れつつも,
自分にはそれができなかったのです。

私は右耳だけ珠間切痕(穴の開口部)が異常に狭く,丸いユニット部分を
耳の穴に挿入するタイプのヘッドフォンでは斜めにしないと入らないので,
安定した装着に必要な耳珠と対珠によるひっかかりが得られないのです。
(耳の構造 http://www.3bs.jp/mailmag/N15.pdf
弊社製品N15:耳鍼モデルの取説より抜粋↑)

フィットしていないヘッドフォンは10歩も歩くと,情けなくだらしなく
ぽろっと落ちます。自分にはウォークマンを人並みに楽しむ資格が
ないのだと諦めていました。

そんなインナーイヤー型ヘッドフォンを付けながら,さわやかに
ジョギングなどしている人を見かけると,羨ましくてしかたなく,
なんでおれの右耳はこんな形なんだー!?とやり場のない悔しさに
打ちひしがれ,自分の耳を呪ったものです。

しかし,最近はアウトドア用ヘッドフォンの形状も多様となりました。
めがねのように耳にひっかける「耳かけ型」,
左右をつなぐバンドが後頭部にまわりこんで邪魔にならない「ネックバンド型」,
昔のテレビのイヤフォンのような「カナル型」など,
これなら自分の耳でも安定した装着が望めます。嬉しい!

今ならあの学生時代の憧れを実現できる。しかも,MP3プレーヤーなら
カセット時代とは違い,何千曲も一度に持ち出せる。
iPodやソニーの新製品Walkman Connectなど,ここのところ特に
購入欲が高まる一方です。

ただ問題は,新潟での移動は車ばかりなので,
アウトドア用ヘッドフォンの出番がほとんどないのです。
利用するシチュエーションがないのに,ものは欲しい。
今そのジレンマと闘っています。
ヘッドフォンを使うためにジム通いでも始めなきゃいけないのだろうか...。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に