トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2005年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■
        
      『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.71
            
■■■-----------------------------------------------------■■■
平成17年11月1日発行

■ニュースヘッドライン 

▽同じ病気,同じ治療で医療費が病院間で1.5倍の差(毎日新聞)
  http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/kenko/news/20051031k0000m040122000c.html

▽インフルエンザウイルスの感染力を奪うマスク - 資生堂が発売(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/TKY200510300103.html

▽がん患者の見えない負担,年間59万円 - 厚生労働省(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/TKY200510310306.html

▽コレラ流行と気候の変動,一時的な免疫との関係性が明らかに(NewtonDoctor)
  http://www.newton-doctor.com/mnews/mnews0510-26.html

 

■特集

▽小児がん征圧キャンペーン

 ~「生きる2005 IN 国技館~小児がんなど病気と闘う子供たちとともに」
 
  がんと闘う子どもたちを渡哲也さんが力づける。

 小児がん征圧キャンペーンは10周年を迎え,今年は渡哲也さん,
  舘ひろしさん他石原プロモーションのメンバーなどがイベントに参加,
  子ども達にメッセージを送った。

 イベントに加わった中には子どもの頃にがんと闘い克服した青年らや
  その家族も。 それぞれが特別な想いでこのイベントに参加したという。
 
  (記事:毎日新聞)
  http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/kenko/news/20051031ddm041040125000c.html

 

■注目のテレビ番組

▽今日 11月1日(火) NHK教育 20:00~20:30 
     「福祉ネットワーク
        ~誰もが特別なものを持っている・ディスレクシアの画家マッケンジー・ソープ~ 」

     ~エルトン・ジョン,マドンナなどをファンに持つ世界的画家
      マッケンジー・ソープさんが9月に来日,発達障害を持った
      子ども達のためにワークショップを開いた。 絵の魅力や
      障害に負けずに努力すること,希望を持つことの大切さを伝えた。

▽明日 11月2日(水) NHK教育 20:00~20:30 
     「福祉ネットワーク
        ~音無美紀子のうつ体験・夫と歩んだ回復への道 ~ 」

 

■おすすめメールマガジンご紹介

▽「栄養指導とカウンセリング」

栄養指導の現場で具体的に活用できるカウンセリング技法を
ご紹介しています。
読んで下さった方が,これまでとは少し違うアプローチで
患者さんと接することができるようになれば幸いです。

登録はこちらから
http://www.iryo.co.jp/eiyo-c/
※まぐまぐを使って配信しています。購読は無料です。

 

■はじめての方へ-----------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』をお送りしている
弊社が発行する月刊 ドイツの人体模型メーカーが送るメールマガジンでは
以下の内容を無料でお送りしております。 
http://www.3bs.jp/top_m.htm

・インフォームド・コンセントに欠かせない人体模型の使用例
・読者限定ページのURL情報
・プレゼント
・先生方によるコラム 
・学会情報

すでに1000名の方々にご愛読いただいている無料のメールマガジンです。

 ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
            (ページの中ほどに登録欄があります)

 

■編集後記-----------------------------------------------------

田臥勇太,2年連続のNBAでのプレー実現ならず。
31日,NBAのクリッパーズは田臥勇太を解雇した。

最後まで登録選手の座を争ったのですが,クリッパーズは最後には
同じポジションでNBAの経験が長い選手をとったそうです。

あの身長でNBAの舞台に一度でも立ち,そして挑戦し続けることは
日本人では考えられないことでした。

アメリカではストリートバスケットのレベルでも日本では全国級の
プレーヤーが沢山います。 何よりアメリカのプレーヤー達は負けることを
とても嫌います。どうしても勝つんだという気持ちだけでも,
他を圧倒しているのです。

是非日本人でも世界に通用するということを田臥選手に
示してもらいたいと思います。 来年こそは。

 

■今日の一言 by まさ

昨日イギリス人の友人と久しぶりに食事をした。
日本人の奥さんの里帰りで2年ぶりに日本にやってきたのだ。

待ち合わせ場所に行くと奥さんの他に
友人がイギリスで勤務する会社の同僚も一緒だったので,
「3人で一緒に来たの?」と尋ねると,
会社の同僚の男性は今回21日間の休暇を取り,
南京や上海などの中国の都市を旅行した後に,
私の友人夫妻と東京で合流したらしい。

「21日間の休暇とはすごいですね。」と驚くと,
実際は年間60日間の休暇を自由に取れるそうで
今年は既に3度目の長期休暇とのことだった。

イギリス人にとっては驚く話でもないようだったが,
大変うらやましい話だった。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に