トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2006年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■
        
      『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.115
            
■■■-----------------------------------------------------■■■
平成18年1月13日発行

■ニュースヘッドライン 

▽鳥インフルエンザの国際会議をWHOと政府が開催(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/TKY200601130126.html

▽EU(欧州連合)が鳥インフルエンザの監視体制を延長(日経新聞)
  http://health.nikkei.co.jp/birdflu/index.cfm?i=2006011204713ph&genreNum=1

▽ハンセン病治療訴訟,国が治療ミスを認める - 損害賠償金3000万円(読売新聞)
  http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20060113ik01.htm

▽厚生年金会館でもアスベスト使用 - 計85ヶ所(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/TKY200601120354.html

 

■特集

「5歳の女児を救いたい - 米国での手術に募金呼びかけ」

横浜市の中山さん夫妻の長女,七海(ななみ)ちゃんは
生まれつき賢蔵が一つしかない。 昨年暮れに容体が
悪化してからは血液透析を24時間受けているが,
それだけでは延命は難しいという。

日本での臓器移植は(15歳未満の子供からは)認められて
いないことから米国での移植手術を中山さん夫妻は希望している。

手術には9000万円の費用が必要のため,募金を呼びかけている。

記事:朝日新聞
http://www.asahi.com/health/news/TKY200601120404.html

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品  

     思わぬプレゼントに,またはサプライズに!
      走るスケルトン - シルクネクタイ
      http://www.3bs.jp/goods/ts/w41067.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 1月13日(金) 20:00~20:45 NHK教育
     きょうの健康Q&A 「病越えてアンコール」

     ・石坂浩二 - 大腸がん
・モレシャン - 狭心症
・黛ジュン - 更年期障害

▽明日  1月14日(土) 19:00~20:54 テレビ朝日
     「巨大地震は必ず来る!!家族を守る5つの秘策 」

     ・救出まで一週間も!?エレベーター(秘)脱出法
      ・一瞬で4万人が焼死100メートルの火災旋風とは
      ・史上最大実験で判明震度7でも助かる家と命を奪う家
      ・避難生活トイレ問題が家族の命にかかわる!?秘策公開

 

■おすすめレポート

▽夜泣き対策室
子供の夜泣きの原因と対策を解説。
普段の何気ない行動の中に子供夜泣きさせる原因が潜んでいます。
原因と対策のチェックシートも公開しています。(無料です)
http://www.yonaki-taisaku.com

 

■はじめての方へ-----------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』をお送りしている
弊社が発行する月刊 ドイツの人体模型メーカーが送るメールマガジンでは
以下の内容を無料でお送りしております。 
http://www.3bs.jp/top_m.htm

・インフォームド・コンセントに欠かせない人体模型の使用例
・読者限定ページのURL情報
・プレゼント企画
・先生方によるコラム 
・学会情報

すでに1500名の方々にご愛読いただいている無料のメールマガジンです。

 ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
            (ページの中ほどに登録欄があります)

 

■編集後記-----------------------------------------------------

東京証券取引所が売買に使用するシステムの処理能力を
1日あたり900万件から1500万件に増強する。

売買高が過去最高となっているのも目を見張るが
注目すべきは売買件数である。 昨年一年間で
1日当たりの件数が540万件と,2倍以上の伸びを見せた。

その理由はインターネットによる個人投資家の増加である。
以前は株などというとお金持ちのやることだとか,
少々怪しいイメージがあったが,今ではそのイメージも
変わった。 

以前プロが使っていたようなツールが誰でも
簡単に使えるようになった。チャートの分析も
昔は手書きでやっていたものが現在はコンピュータの
画面で瞬時に確認することができるのだ。

ネット各社では会社四季報などに掲載されるような
企業データも一部無料で提供するなど,熟練の
プロでなくともデータに基づいて分析が可能だ。

ネットでの取引手数料も劇的に下がっている。

イー・トレード証券  約定50万円まで  手数料472円
カブドットコム証券  約定50万円まで  手数料1,050円
楽天証券       約定50万円まで  手数料525円 など
(引用:比較ドットコム)

通常の単元株数の10分の1から投資できる「ミニ株」も
初心者にとっては投資のきっかけとなるだろう。

以前アメリカのビジネススクールでは投資は
「当たり前のこと」と教えられてきた。
当時,投資のリスクマネジメントなどと言って
勉強していた頃もあったなぁと今思い出す。

 

 

■今日の一言 by 英司

前回は非常に中途半端で終わってしまったので,
今回はその分も含めて。

突然変異で種が生まれた事実は2003年,日本の
科学技術振興機構により発表された。

あるカタツムリでは,一つの遺伝子の変異により
体中の左右が全て反転した,鏡像の個体が生まれる。
カタツムリの場合,鏡像の個体は貝の巻の向きが異なる。
反対巻きのカタツムリ同士では,貝の隆起部が
物理的な障害となり交尾ができない。

つまり,貝の巻きが左巻きか右巻きかというだけで
別種になってしまうのである。

日本にいる左巻カタツムリ4種では
全て一つの右巻の祖先から生まれたこともわかった。

別種といっても,巻が違うだけなら生存上も問題ないのでは?
とお思いかもしれないが,反対巻の個体では交尾相手に恵まれず
環境圧が高まるので,生存環境も同じ条件とはいえなくなる。

その不利な環境を乗り越え,それぞれに変異が蓄積され続ける
ことで種の差はさらに明確になる。

鏡像自体は進化ではないが,確実に,
ここで系統樹は2つに分かれたのである。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に