トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2006年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■
        
      『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.134
            
■■■-----------------------------------------------------■■■
平成18年2月9日発行

■ニュースヘッドライン

▽大正製薬がゼファーマ買収へ(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/TKY200602080563.html
.
▽運動不足の現代の子供に日本体育協会が運動量の基準作りへ(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/TKY200602090109.html

▽脳の神経回路を柔軟にするたんぱく質の働き - 理化学研究所が発見(読売新聞)
  http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20060208ik08.htm

▽子宮外妊娠の有無を判定する検査薬開発 - 持田製薬(日経新聞)
  http://health.nikkei.co.jp/news/top/index.cfm?i=2006020808051h1

 

■特集

「早産せまった妊婦に出産促進剤を誤って処方 - 乳児死亡」

毎日新聞の報道によると日本大学医学部付属
練馬光が丘病院で早産が迫った女性(32)に出産
促進剤を誤って処方したため,女性が未熟児を
出産するという事故が起きた。

乳児は緊急処置を受けたが,翌日に死亡した。

練馬光が丘病院は間違って出産促進剤を出産
抑制剤のかわりに処方。毎日新聞社の報道に
よれば研修医がパソコンで発注する際にミスを
したという。

練馬光が丘病院は医療行為は適切だったとし,
死因はわからないとコメントした。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品  

     置いておくだけで癒しの空間演出
      観賞魚とコンパクトな水槽のセット
      http://www.3bs.jp/regalo/index.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日  2月9日(木) 20:00~20:30 NHK教育
       「福祉ネットワーク」 

      ~女性のうつ…私の場合

▽明日  2月10日(金) 18:55~20:54 TBSテレビ
       「トリノ五輪2006・中居正広の金メダルのスマたちへ・開幕直前波瀾万丈SP」 

      ・ジャンプ原田の歩んできた道
       ・安藤美紀4回転への挑戦は
       ・スノーボード,成田童夢
       ・スピードスケート,岡崎朋美の感動レター

 

■おすすめメールマガジン

▽おしゃべり分子栄養学

「ぼやき先生」指南による,健康常識のウソを暴く科学的栄養講座。

日本酒と音楽が大好きな「迷ホラ吹き」さんと一緒に遺伝子レベルの
栄養学を愉しみましょう。

▽購読は無料です▽
http://osha-bun.hp.infoseek.co.jp/melumaga.html

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」 

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,1500名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
            (ページの中ほどに登録欄があります)

 

■編集後記-----------------------------------------------------

日本の電車やバスの時間に対する正確性には
頭が下がる。

少し遅れた程度でも,「何かあったのだろうか?」
と思ってしまう。 

私がアメリカに滞在していた頃,バスや電車は
殆ど使うことはなかった。マンハッタンならまだしも
私のいたフロリダは完全な車社会である。

そんな私も車が故障すると仕方がなくバスを
使っていた。当初,バスの事情を知らない私は
バス時間の15分前にはバス停に並んでいた。

しかし,時間になってもこない。
結局15分遅れでバスは来た。

結局次の日も,また次の日もバスは
時間通りに来ることはなく,運転手の態度も

「せっかくだから乗ってゆくかい?」

という感じだ。ある日,どうしても乗らなければいけない
バスがあった。また遅れてくるのだろうと,思っていたら
案の定遅れてきた。

ところが,今回は私が立っているバス停に向かって
なんと加速してくるではないか!

バスは私のバス停をスピードを上げて通り過ぎた。
ところが,乗っていた乗客が運転手に教えてくれた
お陰でバスは急停車。

謝るどころか,「乗るなら乗りな」とでも言っているかのように
バスのドアを開けたり閉めたりして私を急かしてるではないか。

これにはさすがの私もあきれた。
それと同時に「アメリカのバスは二度と乗らん!」
そう決めた瞬間でもあった。

 

■今日の一言 by オリ

小学校1年から大学入学で新潟を離れるまでの13年間
ガールスカウトに所属していました。

赤い羽根の共同募金などを含め様々な活動をしました。
キャンプでは飯盒でご飯を炊き(もちろんマッチと新聞,小枝で火をおこします)
飲料水も川の水を沸かして飲んだものです。テーブルも竹で編んで作りました。
当時は「嫌だなぁ・・・」と思ったものですが今となればすべて良い思い出です。
ガールスカウトに所属した事で養われたことはたくさんあったと今にして思うのです。

子供の数が減るにつれて残念なことに私が所属していた団は無くなってしまいました。
先日久しぶりに皆で集まろうという話になり,当日はドキドキして行きました。
世代も50代から20代とばらばらですが皆顔見知り。
懐かしい思い出話に花が咲きました。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に