トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2006年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■
        
      『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.141
            
■■■-----------------------------------------------------■■■
平成18年2月20日発行

■ニュースヘッドライン

▽医師や教授らが「笑いと健康学会」設立 - 笑うことと健康の関係見つけたい(読売新聞)
  http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20060217ik02.htm

▽習慣流産防止へ受精卵診断を一部認める - 日産婦(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/TKY200602180298.html

▽ジョンソン・エンド・ジョンソン,乱視用使い捨てコンタクトレンズ発売(日経新聞)
  http://health.nikkei.co.jp/news/top/

▽フランスで鳥インフルエンザ初の感染確認 - 野生のカモに(毎日新聞)
  http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/kenko/news/20060219k0000e030009000c.html

 

■特集

「アルツハイマー病,初の報告から100年」

アルツハイマー病がドイツで初めて報告されてから
100年たった。

厚生労働省によると認知症患者は02年度に
149万人であったが,毎日新聞社の報道に
よればアルツハイマー病の患者数は100万人
を超えたと言われている。

高齢化が進む日本をはじめとする先進諸国では
患者数が増え続けている。日本では認知症の
約半数がアルツハイマー病とも言われている。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品  

     筋肉注射トレーニング用モデル
      正誤判定機能付の筋肉注射練習機
      http://www.3bs.jp/med/injec/p55_1.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日  2月20日(月) 19:30~21:58 NHK総合
       トリノオリンピック 「前半戦ハイライト」

~トリノオリンピック前半戦を振り返る。
      上村愛子・原田雅彦・及川佑・国母和宏
      成田童夢・井上怜奈のそれぞれの戦いを追う。

▽今日  2月21日(火) 20:00~20:30 NHK教育
       福祉ネットワーク 「シリーズ“こころ”を育てる」

~保育園や学校などの設計を手がける建築家
      町山一郎氏は「他者とつながる力」を大切に
      しているという。子供との心のつながりを建築物に
      表した町山氏の建物を訪れる。

 

■おすすめメールマガジン

▽40秒で読む!幸せ「ことば探し」

本から選りすぐったことばを毎日紹介
疲れたとき,イライラするとき,落ち着きたいとき,
ちょっと一息いれて,ことばのサプリメントはいかがですか?

あらゆる分野の本を,年間500冊以上読んでいる発行人まゆが,
読んだ本の中から選りすぐった「心に残ったことば」を毎日紹介。

元気になることば,癒されることば,ホッとすることばなどなど,
きっと,あなたのココロに響くことば見つかります。

40秒で読む! 幸せ「ことば探し」 の無料登録↓
http://www.mag2.com/m/0000158973.html

40秒で読めて,心に残る言葉を毎日届けてくれる
メルマガです。 ホームページ http://www.kotobasagashi.net/
でもバックナンバーを掲載されているのでご覧になっては(編集部)

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」 

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,1600名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
            (ページの中ほどに登録欄があります)

 

■編集後記-----------------------------------------------------

年金記録がネットで閲覧可能に。

今日の日経新聞記事である。

社会保険庁は3月下旬よりホームページで
利用希望者の受け付けを開始する。

厚生年金・国民年金の加入・未加入期間
なども確認できるようになる。

随分と便利になったものだが,政府の
ホームページはどうも使い勝手が悪くて困る。
もう少し利用者サイドでモノを作っていただけると
非常に助かるのだが・・・。

 

 

■今日の一言 by 品

アメリカにもいわゆる流行語大賞なるものがあります。
American Dialact Societyという団体が決定する,"Word Of The Year"
がそれです。

少し古い話題ですが,"Word Of The Year 2005" が発表されました。

目立ったのは"podcast"(ネットからダウンロードし,
iPodなどのMP3プレーヤーで保存/視聴可能な放送番組および
その放送形態)の複数カテゴリーでの受賞と,
"Katrina","refugee","Heck of a Job","brown-out",
"disaster industrial complex"などのハリケーン関連の言葉が
多数エントリーされていたことです。

"Katrina","refugee"は説明不要でしょう。"Heck of a Job"は
ブッシュ大統領が緊急事態管理局のブラウン局長に言った言葉
「ブラウン君,大変な仕事=heck of a jobを良くやってるね」が元です。
明らかに対応能力に欠けると国民の不満を買っていたブラウン局長を
誉めるとは,大統領に判断能力はあるのか?という批判が巻き起こりま
した。"brown-out"はそんな緊急事態対応能力の低さを表す言葉です。
また,"disaster industrial complex"とは災害復旧の中で利益を得る
企業のこと。

そして,栄えある総合大賞は,"truthiness"。

客観的に証明された事実でなく,自分にとって望むべき,または
信じるべき事実,という意味です。こればかりやけに観念的。

風刺ニュース番組からポピュラーになった言葉だそうですが,
民衆がどんな文脈で使用しているのかは,はっきりとわかりません。

しかし,自分達は事実を知らされているのか?という不安,そして
母国はこういう国であって欲しいという希望と理想。今のアメリカに
くらす人たちのそんな複雑な心理を象徴しているような気がします。

そんな勝手な解釈こそ,まさにtruthiness?

 

...ついでながら,個人的に興味深かった他の受賞流行語をいくつか
ピックアップします。

"Cruiselex"=最近のトム・クルーズの奇行を表す様々な言葉の総称。
どうやら今トム・クルーズはアメリカでは苦笑を誘う人物になっているようです。

"muffin top"=ズボンやスカートの上に被さるように垂れ下がる腹回りの贅肉。
その絵を想像すると,まさにマフィン。うまい!

"Whizzinator"=商標。ドラッグ検査をパスするためのある道具。
他の方がPCの周りにいないときに検索してみて下さい。注:18禁。

"pope-squatting"=新ローマ教皇の即位後の名前が決定するより前に,
その名前と同じになりそうなドメイン名を取得しておき,後でドメイン権
譲渡で儲けようとすること。
インターネット倫理を改めて問う事態ですね。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に