トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2006年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

      『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.201

■■■-----------------------------------------------------■■■
                              平成18年5月23発行

■ニュースヘッドライン

▽がん細胞が免疫システムをかわす仕組み解明(HealthDay)
  http://www.healthdayjapan.com/healthday/news/h20060511.html

▽民主党,山本議員「私自身,がん患者だ」 - 対策基本法の必要性訴える(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/TKY200605220267.html

▽糖尿病患者への指導より厳しく - 全国71の医療機関で臨床試験へ(読売新聞)
  http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20060522ik03.htm

▽肥満,高血圧,高血糖,高脂血症が心臓病を起こす可能性10~30倍(毎日新聞)
  http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/news/20060522dde001100005000c.html

 

■特集

「減少する大学病院希望者」

記事 written by まさ

卒後臨床研修後に大学病院での勤務を
希望する医師の割合が減少している。

全国医学部長病院長会議での報告によれば
臨床研修制度導入前(2002年)の72.1%から
51.2%へと約21ポイント減少した。

研究よりも臨床経験を望む医師が増える中,
臨床研修制度入で人材の流動化が進み
特に地方では都市部に比べ一般病院を
選ぶ傾向は高まる一方だ。

昨年の厚生労働省の調査では一般病院を選択する
理由に「症例が多い」ことや「研修プログラムが充実」
していることなどを挙げる声が多かった。

大学病院の中には若手医師のニーズにあったプログラムの
提供や待遇改善など新しい環境整備を進めている学校もあり
今後はそういった動きにも注目したい。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

       手頃な値段の心臓模型
        心臓,2分解モデル
        http://www.3bs.jp/model/heart/g08.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日   5月23日(火) 19:00~20:54 フジテレビ
        「見たことない驚きの世界最高映像100連発ザベストハウス123」

       ・世界中からあらゆるベスト3を紹介!!
        ・高額美容整形ベスト3▽巨大ダイヤベスト3
        ・賢い犬ベスト3
        ・女子アナ史上最大ハプニングベスト3
        ・世界一の美女&世界の超絶景&ダヴィンチの謎

▽明日  5月24日(水) 20:00~20:30 NHK教育
        「福祉ネットワーク ・公害を忘れない~いまイタイイタイ病と向きあう」

       ~富山県神通川で発生した「イタイイタイ病」。1972年の勝訴から
        30年経った今,認定された185人の患者のうち生存しているのは
        2人のみ。生存者の証言などを通じて,患者とその家族のたどった
        道を知り,2度と悲劇を繰り返さないためにこの経験から学ぶ。

 

■おすすめメールマガジン

今,老いた親の介護のためにキャリアストップする方が続出しております。
一方,介護サービス業界は,「よりよいものが評価されていない」という
『最悪』の状態です。
そんな最悪の状況を脱するべく,福祉(介護)とビジネスを結びつけて
最高の介護サービスを開発しようとしている株式会社K.K.C.代表川内潤氏は,
日々苦闘・苦悩し続けております。
川内社長へのインタビューを通して,介護サービスの危機的な実情とその対策,
そして,K.K.C.の理念を伝えていきます。
みなさんの応援(=登録)を心よりお待ちしております。
                  ~フリーランスライター“たかはしれいこ”

『介護とビジネスのハザマで苦悩する社長さん』
バックナンバー・登録は
http://www.kaigo-shisetsu.com/archives/2005/05/post_8.html

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2100名の方々が読んでいるメールマガジンです。
^^^^^^^^^
ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
            (ページの中ほどに登録欄があります)

 

■編集後記-----------------------------------------------------

鉛筆を正しく持てない人が増えている。
しかも教員でも「適切」に持てる人はわずか17%。

目白大教授が全国の幼稚園,小中高校,大学の教員
を対象に行った調査ではその8割が自分は正しく持って
いると自覚していながら,実際に正しい鉛筆の持ち方を
していたのは全体の17.3%。

この数字は生徒ではなく,教員の話。
これでは児童が正しく持てるはずもないのだ。

平成16年に群馬県にある養護学校の児童生徒を対象に
行った正しい鉛筆の持ち方調査では,児童のうち正しく
鉛筆を持てたのは44%だった。

審査基準に違いがあると思うがこれでは児童の方が上手である。

間違った鉛筆の持ち方は文字をきれいに書き難いことに加え
,姿勢の悪さにつながる事から体を疲れやすくするという。

産経新聞,5月23日の朝刊によると子育て世代と言われる
30~40代のうち正しく鉛筆が持てるのは15%前後だとか。

現代は教育現場でもPCの導入が進み,余計鉛筆を持つ
機会は減ったのかも知れない。しかし,手で書くということの
重要さは今後,逆に増してゆくように思えてならない。

 

 

■今日の一言 by まさ

週末,涼を求めて新潟市内の海岸に行ってきました。

浜辺ではバーベキューをする人,サーフィンや
ジェットスキーなどのマリンスポーツを楽しむ人,
のんびり過ごす夫婦やカップルなど様々な人々で
賑わっていましたが・・・

中でも私の目にひときわ多く目立って
写ったのが「犬と散歩する人」達でした。

30分の間に20匹ぐらい見たでしょうか・・・
「あれはミニチュアダックス,あれはコーギー,
そこにいるのがゴールデンレトリバーとダルメシアン・・・」

犬に詳しくない私は一緒にいた友人に解説してもらいながら
まるで「ドッグラン」か何かに来たような気分でした。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に