トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2006年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

      『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.205

■■■-----------------------------------------------------■■■
                              平成18年5月29日発行

■ニュースヘッドライン

▽生ガキの食中毒防止 - 農水省がノロウイルスとカキの関係解明へ(読売新聞)
  http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20060528ik08.htm

▽11例の受精卵診断を届け出なしに実施 - 日産婦の批判も(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/TKY200605280156.html

▽認知症予防には「運動,栄養,昼寝」 - 厚労省研究班が確認(読売新聞)
  http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20060527ik04.htm

▽脳死肺移植手術を受けた女性患者が死亡 - 岡山大病院(毎日新聞)
  http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/kenko/news/20060528ddm041100084000c.html

 

■特集

「脳の指示で動くじゃんけんロボット」

記事 written by 品

ブレイン・マシン・インターフェイス(BMI)と呼ばれる
人間の脳活動によりロボットを操作する技術を開発中の
国際電気通信基礎技術研究所(ATR)とホンダは,
脳内血流の変化を読み取り,ロボットにじゃんけんさせること
に成功したと発表した。

実験の方法は,被験者がじゃんけんをする際の脳活動に伴う
血流の変化を一秒ごとにMRIで読み取る。そのMRI画像から,
被験者の動作をコンピュータが解析し,同じ動作をするように
ロボットに指示する。

85%の正答率で,ロボットは被験者と同じ手の形を取った。

脳から直接機械を操作する方法としては,これまでも
脳に電極を埋め込む方式が,米国などで研究されてきたが,
頭の外部から脳活動を計測して機械を操作することに
成功したのは,世界で初めて。

しかしこの方法では,被験者の動作がロボットに伝わるまでに
約7秒のタイムラグがある。外部から脳を計測するには,
他に脳磁場や脳波などを利用することも考えられるため,
タイムラグの短縮やシステムの小型化が期待されている。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

       人体骨格模型の最上級モデル
        起始停止表記・靭帯付・脊柱可動型骨格模型
        http://www.3bs.jp/model/skel/a13.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日   5月29日(月) 20:00~20:30 NHK教育
        ハートをつなごう 「今週は“発達障害”がテーマです」

       ~注意欠陥多動性障害(ADHD)や,アスペルガー症候群など
        発達障害をもった人達をクローズアップする。障害を持った中学生
        や高校生が自分達の悩みを語る。

▽明日  5月30日(火) 22:00~23:00 NHK総合
        NHKスペシャル 
        「ドイツW杯・“プレス”を制し勝利をめざせ・日本代表・W杯への戦略」

       ~各国のスーパースターとW杯の魅力を送るシリーズ。今回は
        日本のプレス戦術について探る。

 

■おすすめメールマガジン

「男の育児方法」

男だって育児はできる!はず
男性の育児情報をまとめて紹介。
将来の自分と家族のために。。最新情報をメールマガジンで配信しています。

メールマガジンはこちら
http://www.ikuji.tank.jp

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2100名の方々が読んでいるメールマガジンです。
^^^^^^^^^
ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
            (ページの中ほどに登録欄があります)

 

■編集後記-----------------------------------------------------

▼こうして私は世界No.2セールスウーマンになった
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4478540675/3bscientific-22/ref=nosim
の著者,和田裕美さんのインタビュー記事を拝見した。

女性の上司が部下にどう接したら良いのか?

同じ部下でも性別や年齢によってそれは変える
必要があるという。

やや甘やかしたほうが女性は頑張るといった見解から
和田さんは女性には優しく接するというが,逆に(特に年下の)
男性にはビシッと言うようにしているとか。

ただし,言うときは会議室など人目が気にならない所で
話をするという。男性はメンツを気にするからだ。

相手が年上の場合は,相談する機会を増やし,サポート
をお願いするようにしていたという。

女性社員にとって,上司が男性の場合は甘えてしまう
傾向があるが,上司が女性の場合は逆。女性の上司は
許容範囲が狭いというがこれには納得だ。

部下は上司の気持ちはわからない。上司は・・・1度は
部下だったのだから,なんとなく分かる人もいる。

ここにギャップが生じてしまうのはどの世界も同じであろうか。

 

 

■今日の一言 by 品

最近,我が家にも地デジ対応ワイドテレビが入った。

私は単純に大喜び。
家族もみな「きれいだねえ」と,関心はするものの,
表情には当惑が見え隠れする。

なぜかと言えば,操作方法が複雑なのだ。

特にもうじき90になろうとしている祖父には,
当然なのかもしれない。

チャンネルを変えるだけでも,まず地アナ,地デジ,
BS,CSを切り替えなければならない。
(他社のテレビは操作方法が違うかもしれないが。)
私がBSを見たままにしておくと,祖父には
例えばNHK総合にすることができないらしい。

パソコンなどは仕方ないにしても,
テレビでさえこんな状況である。

世の中便利になったと言っても,
その便利さから疎外され,
逆に不便を感じる人が多くいることを,
忘れてはいけないと思った。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に