トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2006年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

      『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.218

■■■-----------------------------------------------------■■■
                              平成18年6月15日発行

■ニュースヘッドライン

▽今冬に必要なインフルエンザワクチン2280万本 - 厚労省(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/TKY200606140690.html

▽産婦人科医8千人割る - 出産できる施設は3千箇所のみ(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/OSK200606140049.html

▽医療制度改革法成立 - 高齢者の負担増,少子化対策他(読売新聞)
  http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20060614ik05.htm

▽薬価来年4月に引き下げ検討 - 政府・自民党(日経新聞)
  http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060615AT3S1402G14062006.html

 

■特集

「米のとぎ汁 「<ゆする>」に注目 カネボウホームプロダクツ」

記事 written by オリ

昨今ではパーマや,カラーリングによる痛んだダメージヘアに悩む人も多い。

それに比べて平安時代の女性たちは長く美しい黒髪をしていたが
女性たちが髪の手入れに使っていた米のとぎ汁「<ゆする>」に
カネボウホームプロダクツは注目した。

<ゆする>の成分は米胚芽油とフィチン酸,インシトール等で構成されており
これらの成分はダメージヘアの補修効果が高いことが明らかになったが
ツヤを抑えてしまうデンプンも含まれていることが分かった。

カネボウホームプロダクツはこのでんぷんを除き,なおかつ補修効果の高い
成分を独自で配合することによって,従来よりも補修効果が高い「<ゆする>」を
開発した。この<ゆする>エッセンスを配合した新商品を秋にも発売予定。

髪の悩みは尽きない。特に女性であれば美しい艶のある髪は永遠の憧れ。
どんな商品ができるのか楽しみである。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

       今年になって新発売の脊髄と脊髄神経根モデル
        イラスト付で脊髄の構造を詳しく解説
        http://www.3bs.jp/model/brain/c41.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日   6月15日(木) 19:57~20:54 フジテレビ
        W杯番組交流戦!!・奇跡体験!アンビリバボー 
        「感動病の妻に捧げた愛!!」

       ~子ども3人と幸せな暮らしをおくる夫婦。しかし,ある日
        夫は胃がんの宣告を受ける。そして看病に明け暮れる妻を
        襲ったのは「若年性アルツハイマー病」だった・・・。

▽明日  6月16日(金) 22:00~22:50 NHK総合
        にんげんドキュメント 「僕だけのじょんから節」

       ~今,津軽三味線が変わってきている。以前は演奏家の
        年齢層が高く,40歳を過ぎて一人前と言われたが,今は
        10代,20代の若者が津軽三味線を盛り上げているのだ。
        「津軽三味線全国大会」にかけた若者の戦いを送る。

 

■おすすめメールマガジン

こどもに楽しく,元気にスポーツに取り組んでほしい!
でも,成長期の子供の体はデリケートです。
取り組み方によっては,ケガをすることがあります。
程度によっては,泣く泣くやめることも。

そんなこどもが,一人でも少なくなるように,無料レポートを作りました。

無料レポート「我が子を『スポーツ障がい』から守る!
小児整形外科医による,こどもが健康にスポーツを楽しむための原則」

請求はここから http://kodomoseikei.com/mv/?5

サッカーや野球などスポーツをやっているお子様がいる方は必見です。
(編集部)

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2100名の方々が読んでいるメールマガジンです。
^^^^^^^^^
ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
            (ページの中ほどに登録欄があります)

 

■編集後記-----------------------------------------------------

人生で一体どの位の時間をある事柄にかけるのだろうか?

例えば,生きている間に何時間車に乗っているのか・・・
など。普段はこんなことはあまり考えない。しかし,考えて
見ると何かが見えてきたり。

朝から大変失礼ではあるが,一生のうちどれだけの時間を
トイレで過ごすのかを計算してくれるホームページが存在
する。何故こんなことを考えたのかは不明ながら,1度
試しに計算してみた。結果は

          ・
           ・
           ・

「トイレのキング」であった。

よく芸能人などでトイレに異常な程のこだわりを持った人も
いるが,今なら何となく納得してしまう。

トイレへのこだわりをもう少し持ってもよいなと素直に
思った私でありました。

 

▼トイレの時間計算サイト(英語)
  http://constantlyconstipated.com/calc.html

見方:(大変失礼致します:)

○Average minutes per #1 session:(小)にかかる時間
○Average minutes per #2 session:(大)にかかる時間
○Number of times you go #1 per day:(小)の回数/日
○Number of times you go #2 per day:(大)の回数/日

結果の見方:(今一度,失礼致します:)

○Number of hours you spend
in the toilet per year: 年間にトイレで費やす時間

○Number of hours you have spent
in the toilet in your life time: 今までにトイレで費やしてきた時間

○Your Annual Ranking Title: 年間のタイトル

○Your Life Time Ranking Title: 生涯のランキング

 

 

 

■今日の一言 by オリ

毎朝家の近くの海を愛犬と散歩します。
海のそばには防砂用に松林があり,松林の中には
ハトやキジ,カラスが住んでいます。

その中でもカラスの数が多く,黒い羽ばたばたさせながら
カーカーと松林を飛んでいるのです。
ちょうどこの時期産卵が終わり,ヒナが孵っているのですが
どういうわけか1匹のヒナが巣から落ち,まだ飛ぶことができないので
地面で暮らしているようなのです。
親ガラスは警戒しながらヒナの周りを離れません。
元気に歩いているので命に別状はないようなのですが
そんなことは知らずに散歩をしていた私たち。

思いっきりカラスに威嚇され,追いかけられました。
うちの犬は頭をつつかれました・・・
子を思う親の気持ちが痛いほど伝わりましたが,
これでは安心して散歩ができません 泣 巣立ちが待ち遠しい。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に