トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2006年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

      『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.219

■■■-----------------------------------------------------■■■
                              平成18年6月16日発行

■ニュースヘッドライン

▽肝臓に肥満を知らせる機能あり - 東北大教授らが発見(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/national/update/0616/TKY200606150523.html

▽延命治療中止には法的整備を - 厚労省報告書(毎日新聞)
  http://tinyurl.com/s54o4

▽喘息吸入薬が死亡リスクを増大(いきいき健康)
  http://health.nikkei.co.jp/hsn/news.cfm?i=20060615hj000hj

▽患者を取り違える重大な医療ミス,全国で18件(産経新聞)
  http://www.sankei.co.jp/news/060615/sha098.htm

 

■特集

「地産地消の健康食品作り」

記事 written by 英司

町の活性化のため福岡県添田町が地域オリジナル商品「健康茶」
を開発・販売したのは1989年。官と民が共同で行った地産地消の
取り組みとして一時話題になった。最盛期には年間17万本を出荷
していた。

セールスポイントは英彦山のおいしい天然水と,マタタビ,ドクダミ
など7種類の野草を使用したところ。

ただ,15年以上たった現在では売上げが落ちてきていた。そこで
添田町では新しく豆腐の製品化を検討。英彦山の天然水と田川産
の大豆を使用し,安全性をアピール。

何かと叩かれてしまうことが多い官民一体の取り組みだけにその
正否が注目される。2006年秋ごろから生産開始の予定。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

       肝小葉単体とその集合の様子を立体的に再現
        肝臓の組織構造モデル
        http://www.3bs.jp/model/micro/k24.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日   6月16日(金) 22:00~22:50 NHK総合
        にんげんドキュメント 「僕だけのじょんから節」

       ~今,津軽三味線が変わってきている。以前は演奏家の
        年齢層が高く,40歳を過ぎて一人前と言われたが,今は
        10代,20代の若者が津軽三味線を盛り上げているのだ。
        「津軽三味線全国大会」にかけた若者の戦いを送る。

▽明日  6月17日(土) 22:00~23:30 NHK教育
        ETV特集 「私の見たニッポン」

       ~「外国人による日本語弁論大会」は今年で47回目。
        外国人に日本はどう映っているのか?日本人との価値観の
        違い?彼らからのメッセージとは?

 

■おすすめメールマガジン

『家計のムダ,10年間で1000万円!?あなたは大丈夫?』
知らなかった,というだけで,私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしていま
す。お金・生活に関わる話題を取り上げ,夫婦で明日はわが身と考えてみる。
より豊かな暮らしのために → http://www.mag2.com/m/0000111080.htm
生活者密着型メルマガ 【人生で損をしない為の夫婦マネー&ライフ道場】

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2100名の方々が読んでいるメールマガジンです。
^^^^^^^^^
ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
            (ページの中ほどに登録欄があります)

 

■編集後記-----------------------------------------------------

酒類販売が完全自由化される。

現在全国で「逆特区」と呼ばれる地域に指定されて
いる土地で酒販店の新規出店は出来ない。

この法律は一般の酒販店(町の酒屋さん)を守るため
の措置である。しかし,その「逆特区」の関連法は延長
せずに8月末で期限切れとなる。

今まで法律で守られてきた酒屋にとってはこの上なく
厳しい状況に違いない。昔,酒は酒屋でなければ買え
なかったのを覚えているだろうか。

酒類販売の免許取得は簡単なことではなかった。しかし,
そんな時代も終わる。今はコンビニで酒が買えるのだ。

昔を知らない人には当たり前のことだろう。しかし,
法律で守られてきた酒類業界にとっては大きな大きな
変化の波である。

既に第一波は先回の規制緩和で来ていた。しかし,
今回の完全自由化は酒屋にとっては津波である。

 

 

 

■今日の一言 by 英司

金属がくっつく。

これを聞いてどのような現象を思い浮かべるだろうか。
普通に金属といって思い出す鉄。鉄同士をつなげようと思ったら
溶接するか,金属用の強力な接着剤が必要だ。
そのほかの金属も簡単にくっついてしまうことはなく,そのようなこと
が起こっていたら財布の中で硬貨がつながってしまうことになる。

磁石なら,確かに金属がつく。
しかし,磁石も熱も接着剤も使わずに金属同士を接着する方法がある。

用意するのは鉛。釣りの重りとして売られているので簡単に手に入る。
なるべく大きな塊が良い。そしてこの鉛を2つに切断する。
鉛を手にとっていただけるとわかるだろうが,鉛は非常にやわらかい。
金属なのだが,カッターで簡単に切れてしまう。金属は硬いという
固定観念は通用しない。そこだけ見てもなかなか面白い金属だ。

さて2つに切断した鉛,この切断面同士を強く押し当てる。
軽くねじるようなイメージでするとより効果的。

するとさっき切断した切断面でぴたりと鉛が接着する。
切断面がきれいで,押し当てる力が強ければかなり強く接着するのだが,
接着力にこだわらなければ,とくに気にしなくても良い。
適当に切り,押し当てるだけだ。

なぜこのようなことが起こるのだろうか。
次回解説するとして,久しぶりに体験してみることにする。
早速,鉛を買ってこようか。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に