トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2006年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

      『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.224

■■■-----------------------------------------------------■■■
                              平成18年6月23日発行

■ニュースヘッドライン

▽埼玉の病院で入院患者6人が死亡 - 院内感染か(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/TKY200606220565.html

▽鳥インフル,インドネシアで「人から人」へ感染か(読売新聞)
  http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20060622ik08.htm

▽月1000万円以上の高額医療が過去最高の115件(日経新聞)
  http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20060621AT3S2100V21062006.html

▽ダイエー,医薬品を処方せんなしで販売(読売新聞)
  http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20060622ik05.htm

 

■特集

「休耕田を利用した特産品作り」

記事 written by 英司

岐阜で休耕田を利用した特産品の栽培が行われている。
栽培されているのは"空心菜(クウシンサイ)"という野菜で
中国,ベトナムなどでは炒め物に利用されている。

空心菜は別名ウンチェーバー,サプリメントと
しても販売されており最近人気が出ている。

休耕田の利用のため始めた空心菜の栽培だが,人気を
背景にさらに栽培面積を広げ特産品化を目指す。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

       「目の模型」あります
        眼球模型のスタンダードモデル
        http://www.3bs.jp/model/vision/f10.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日   6月23日(金) 22:00~22:50 NHK総合
        NHKスペシャル選 「老化に挑む・あなたの脳はよみがえる」

       ~今夜はニューヨークフェスティバル受賞作品を再び。
        高齢者の脳は今までの常識に反し,神経細胞が
        新生するということが分かってきている。脳を若く保つ
        秘密とは何なのか?

▽明日  6月24日(土) 20:00~20:30 NHK教育
        きらっといきる 
        「新しい命を一歩ずつ・心臓機能障害・平美樹さん」

       ~20年間の闘病生活。2年前にアメリカで心臓移植手術を受けた
        平美樹さんの社会復帰への挑戦がはじまった。自立したいと
        願う彼女を支えるのは今までに出会った人々だった。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2100名の方々が読んでいるメールマガジンです。
^^^^^^^^^
ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
            (ページの中ほどに登録欄があります)

 

■編集後記-----------------------------------------------------

ワールドカップ 日本 vs ブラジル

 

奇跡は起きず。

 

残念ですが,この経験がいつかは

「日本が強くなる日」

につながればよいですね。

 

 

■今日の一言 by 英司

さて,鉛の話の続きである。
2つに切断した鉛で試してみた方はおられるだろうか?
きれいに切断し,強く押し当てればかなり強く付き
ペットボトルなどをぶら下げてもはがれないはずだ。

これは金属の共有結合を利用した実験。
金属の電子は隣り合う原子間を自由に移動している。
この電子のおかげで金属は電気を良く通す。

鉛もこの性質を持ち,切断した鉛同士を強く押し当てると
その鉛同士の間で電子の移動がおき,その力でつながっている。
もちろん金属塊のようにしっかりとつながるわけではないので
はずすこともできる。
実はこの瞬間を捉えた電子顕微鏡写真も存在する。
金の塊に純金製の針を近づけていくと電子の移動がおきお互いが
つながっていく。面白い映像だが残念ながら私のものではない
ので公開はできない。

昔,研究室ではプレパラートの空気抜きの重しとして鉛を
使っていたが,凹凸だらけでお世辞にもきれいといえない
鉛の塊が磁石のようにくっついていたところから,不思議に
思ってこの現象を調べたのを思い出す。
しかしそれを見つけたのは大学生時代。釣りの重りとして
ポピュラーな鉛であるのに,20年以上気づかなかった。

身近なところにもまだまだ面白い科学が潜んでいそうだ。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に