トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2006年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

      『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.225

■■■-----------------------------------------------------■■■
                              平成18年6月26日発行

■ニュースヘッドライン

▽脊髄損傷患者の神経細胞再生促す日本初の臨床研究(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/OSK200606240068.html

▽診断ミスで乳房を削除 - 病院に1645万円の賠償命令(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/TKY200606230548.html

▽ビタミンKにコラーゲン増やす効果 - 骨粗しょう症治療に期待(毎日新聞)
  http://tinyurl.com/k22ts

▽「がんの子供を守る会」が総会を都内で開催(毎日新聞)
  http://tinyurl.com/gom3g

 

■特集

「シワ取りアンチエイジングに口の細胞を利用」

記事 written by 品

再生医療 ― 損傷や欠損した組織を,自分の体から取り出し培養した
細胞を使って再生させる最先端の治療だ。自らの細胞を用いることで,
拒絶反応の可能性も低い。

再生医療の専門家である名古屋大学の上田実教授は,
患者の口の細胞でシワを除去する技術を開発し,
抗加齢医療の分野で注目を集めている。

手順は以下のとおり。

1. 歯茎や頬の粘膜から細胞を採取
2. そこからコラーゲンを再生する繊維芽細胞を分離
3. 繊維芽細胞を培養し,約3000万個まで増やす
4. 培養した繊維芽細胞をシワの部分に少しずつ注射

これから5年間で約30の病院から協力を得ながら,全国展開を
目指していく予定だという。

通院は2回のみ。保健は適用できず,費用は50~100万円となる見通しだ。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

       横隔膜付で詳細まで示した大型の心臓模型
        心臓,8倍大ジャイアントモデル
        http://www.3bs.jp/model/heart/vd251.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日   6月26日(月) 20:00~20:30 NHK教育
        「福祉ネットワーク~健太の旅立ち/
高知・6人兄弟物語・自立への道」

       ~障害を抱えた少年とその家族のドキュメンタリー第1回。
        手足に障害を持つ小松健太君は12歳で家を出て養護学校の
        宿舎で過ごすことを決意。番組では彼の成長の様子を追う。

▽明日  6月27日(火) 20:00~20:30 NHK教育
        「福祉ネットワーク
        ~健太の挑戦!養護学校の寄宿舎生活・突然の別れ」

       ~ドキュメンタリー第2回。足の手術をすることになった
        健太君は養護学校の宿舎を出なければいけなくなった。
        落ち込んだ彼を支えるのは宿舎の仲間達だった・・・。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2100名の方々が読んでいるメールマガジンです。
^^^^^^^^^
ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
            (ページの中ほどに登録欄があります)

 

■編集後記-----------------------------------------------------

リクルートで伝説になった人がいる。「とらばーゆ」,
「じゃらん」,「ゼクシィ」,「あるじゃん」など14もの
新規事業を立ち上げ,"創作男"の異名を取った
くらたまなぶ氏である。

彼が1984年に立ち上げ,編集長も務めた海外旅行
情報誌,「エイビーロード」が10月号を最後に休刊に
なる。

94年には発行部数が38万部だったが,最近は11万
部に落ち込んでいた。350円という手頃な価格でも
インターネット需要にはかなわず,今後はネットでの
情報配信に一本化するという。

以前,彼の対談CDを聴いたことがある。新たなアイディア
などを得る目的で女性社員の愚痴を徹底的に毎晩聞く
ようにしていたという彼は,問題点からアイディアを出す
ほうがより簡単だと言う。

アイディアを出すことの方が実行するよりははるかに
難しい。だから,どうしてもアイディアが出ない時は
彼が実行したように問題点を探すことから始めるのも
ひとつの方法である。

 

 

■今日の一言 by 品

先日,夕食を食べ過ぎてしまったので,腹ごなしに
ちょっと散歩でもしようかと思い,夜9時ごろ家の
周りをプラプラ歩いてみた。

うちは完全に農村の中なので,街灯らしきものも
あまりなく,夜は真っ暗なので,夜外を歩くなんてことは
普段しない。考えてみると,ここに引っ越して8年くらい経つが,
夜に周りを歩くのなんて初めてかもしれない。

どこかの家のイヌに吠えられて,「お前はいい番犬だな」
と心の中でほめてやりながら歩きつづけ,
田んぼ横の用水路に差し掛かったとき,草むらに何かチラチラ
光るものがある。

まさか?と思い,近づいてみたらやはりホタルだった。

さらに探してみると,あちこちに光が点在している。
ふわっと自分に向って飛んでくる光もあった。

まだ,こんなにホタルがいたことが嬉しかったし,
6月にもうホタルがいたのは意外な発見だった。

何だか得した気がした。たまには,家の近くを散策
するのも悪くない。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に