トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2006年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

      『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.231

■■■-----------------------------------------------------■■■
                              平成18年7月4日発行

■ニュースヘッドライン

▽国保の長期滞納で保険証取り上げ - 受診を控え21人死亡(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/OSK200607030080.html

▽愛のホルモン「オキシトシン」が夫婦のストレス緩和(いきいき健康)
  http://health.nikkei.co.jp/hsn/news.cfm?i=20060703hj000hj

▽乳幼児に予定外のワクチン接種,6人が体調不良(毎日新聞)
  http://tinyurl.com/ffyhp

▽アスベスト除去作業中に小学生ら3人が新たに吸引の恐れ - 佐渡市(毎日新聞)
  http://tinyurl.com/j8du3

 

■特集

「沖縄で続く夏場のインフルエンザ」

記事 written by まさ

今年も沖縄でインフルエンザが流行している。

インフルエンザは梅雨から夏場にかけては
発生しにくいとされるが,沖縄では昨年も
同時期に流行。今年も油断できない状況だ。

県の発表によれば沖縄県内の定点医療
機関あたりの患者数は6/12~6/18の週で
25.0人と全国平均の0.84人を大きく上回っている。

減少傾向になりはじめた全国平均の患者数とは
対象的に沖縄では5月中旬頃から増加が続いている。

今回のインフルエンザは,特に免疫力の低い
子供達の間で広がっており,学級閉鎖などに
追い込まれている小中学校も少なくないという。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

       胎児の発育段階,子宮内での胎児を模型で
        妊娠モデル,デラックスシリーズ
        http://www.3bs.jp/model/preg/l11.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日   7月4日(火) 22:30~23:00 NHK総合
        プライスの謎 「教育投資・過熱の舞台裏」

       ~子どもにかける教育費は全国で年間なんと
        1兆円。中には住宅ローンを教育費が上回る
        ケースも・・・。加熱する受験ビジネスの裏には
        公立学校の「ゆとり教育」が挙げられるが・・・。

▽明日  7月5日(水) 19:00~19:50 NHK教育
        「地球ドラマチック」

       ・戦場の伝書バト
        ・第二次世界大戦下の欧州で極秘任務を負って
        飛んだ伝書バトの戦い

 

■おすすめメールマガジン

1975年に発行された「暮しの赤信号」は,毎号10何万部も
発行され,学校や家庭でベストセラーになりました。その発行
人で,『脱コンビニ食!』(平凡社新書)の著者でもある食生
態学者の山田博士が発行するマガジン。食べものは人生を
変え,文明を変え,歴史を変えます。実際の商品名もズバリ公表。

~毎日3分!食卓の事件簿~
日刊メールマガジン「暮しの赤信号」   
ご登録はこちら → http://www.mag2.com/m/0000141214.html

このメルマガを読むと,「食べもの」に関しての考え方がかわり,
日常の食生活を見直したくなるかもしれません。健康を意識して
いる方とって目からウロコの情報が盛り沢山です。
(編集部)

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2150名の方々が読んでいるメールマガジンです。
^^^^^^^^^
ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
            (ページの中ほどに登録欄があります)

 

■編集後記-----------------------------------------------------

暑い夏がやってきた。甲子園を目指す球児達
にとっては待ちに待った夏だ。

「生まれつき左手首から先がない。」

北海道,富良野緑峰高3年の冨沢和明君
はそんなハンデを乗り越え,甲子園を目指
した。

バットは左手を添えるだけ,右手一本で
振りぬく。守備では右手にグローブをはめ,
捕球と同時に右手をグローブから抜いて送球
する。

北海道地区大会1回戦に出場した彼は3打数
3安打をたたき出した。しかも,全て長打だった。

障害?

彼は「野球でハンデを感じたことはない」と言う。
部内でも特別扱いなどはしない。他の仲間と全く
同じメニューをこなしてきた。

そんな彼の甲子園への挑戦。しかし,2回戦で
苦しい戦いを強いられる。彼は2安打の活躍。

しかし,チームは負けた。7-3だった。

最後の打席は三振。試合後,彼の目には涙が
溢れた。しかし,彼の思いは変わらない。

「野球は大好きです。つらい時も仲間と楽しくやれる。」

そんな彼を応援したくなるのは,私だけではない。

 

 

■今日の一言 by まさ

熱戦が続くサッカーワールドカップ。
準々決勝では4試合中2試合が
延長でも決着がつかずPK戦に
もつれこむ大接戦。

特にベルリンで行われたドイツ対アルゼンチンは
今回の大会で私の中ではベストマッチと呼べる
非常に見ごたえのある試合内容だった。

試合を有利に進めるアルゼンチンに対し,
今回の大会で得点ランキング1位のドイツFW
クローゼが同点ゴールを決めたシーンや,
GKレーマンのPK戦での神がかり的な活躍は
大会前の評判や予想を覆す強さを見せる
ドイツの勢いを象徴するような場面だった。

また,司令塔バラックも後半足を引きずりながら
要所要所で切れのあるパスや重要なディフェンスを
見せ,「やはり並みの選手ではないな」と感心せず
にはいられなかった。

準決勝にはまたまた錚々たる顔ぶれが残ったが
これからの展開がどうなるのか目が離せない。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に