トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2006年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

      『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.264

■■■-----------------------------------------------------■■■
                          平成18年8月23日発行

■ニュースヘッドライン

▽3ヶ月間のHIV感染者,過去最多248人(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/TKY200608220413.html

▽がん対策に総額300億円を要求,厚労省(読売新聞)
  http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20060822ik06.htm

▽「障害者の権利条約」特別委員会が開催(健康トレンディ)
  http://www.kenko-trendy.com/eldercare/001366.html

▽指のつめの遺伝子で太りやすい体質判断する新サービス(日経新聞)
  http://health.nikkei.co.jp/news/top/

 

■特集

「休日の寝だめは逆効果?」

記事 written by Jenny

仕事のある日は十分な睡眠をとっていないと多くの
人が感じているのではないだろうか。かなり詰まった
スケジュールを毎日こなし,休日になるとついつい
寝だめをしてしまう気持ちは理解できる。

しかし,お休みの日だからといって寝すぎると,
リフレッシュどころかかえって疲れを増すことになる
可能性もあるそうだ。

米ジョージア州にあるNorthside Hospital Sleep Medicine
InstituteのRosenberg氏によると休日でも睡眠時間を
あまり増やさず,適切な睡眠をとるのがよいという。

休日に寝すぎると,もっと寝たくなるといった悪循環を
引き起こす可能性もあり,規則正しい睡眠パターンが
決まっていない人は,集中力がとぎれたり,エネルギー
がわいてこないといった症状が比較的多いことも。

健康な睡眠のためには,まず平均して7~9時間の
睡眠パターンを決め,それを仕事日・休日に関わらず
続けることがよい。

そして休日は多くても30分~1時間くらい増やす程度に
睡眠時間を取ってみてはいかがだろうか。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

      看護や介護の練習用器具
       看護・介護マネキン
       http://www.3bs.jp/med/adult/index.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 8月23日(水) 20:30~20:45 NHK教育
       きょうの健康 「強迫性障害・症状と治療」

      ~不安障害について送る第3回。今回は「強迫性障害」の
       治療法などについて送る。

▽明日 8月24日(木) 20:30~20:45 NHK教育
       きょうの健康 「心身を安定・自律訓練法」

      ~不安障害について送る最終回。最後は「自律訓練法」を
       紹介する。気持ちを落ち着かせ,心理的な安静と体の
       リラックスを得るには。

■おすすめメールマガジン

あなたは,分かっていて「マイナスな考え」に落ちいっていませんか?
あなたのビジネス・人生は,毎日,「改善」に向かっていますか?
自分の人生が自動的・無意識的・自然に動き出す方法をご存知ですか?
「仕事が変わる!人生が変わる!ミッション・コミュニケーション」
(あさ出版)の著者が,あなたに毎日「起爆剤」をプレゼント!!

毎日1分の『情熱思考』>> http://www.mag2.com/m/0000080648.html
創刊5年,配信1,000号以上,読者10,000人のメルマガです。

自己啓発に役立つメルマガです。落ち込みがちの時など,心に
ジーンと染み入る言葉が書かれているので是非お勧めです。
(編集部)

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2300名の方々が読んでいるメールマガジンです。
^^^^^^^^
ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
            (ページの中ほどに登録欄があります)

 

■編集後記-----------------------------------------------------

ディズニーランドは「Happiness(幸せ)」を売る。

日本一企業顧問数が多いという心理カウンセラー,
衛藤信之氏の対談を聞いた。

待ちに待った赤ちゃんを授かった若いカップルがいた。
ところが,その赤ちゃんはすぐに亡くなってしまった。

その子どもの命日,夫婦はディズニーランドを
訪れた。周りは子ども連ればかり。その姿が2人
にはなんとも羨ましかった。

「せっかくだから,食事だけでもして行こう。」そう
言ってレストランに入った2人は「今日は子どもの
命日なんだから」とお子様ランチを注文した。

ところが,レストランのスタッフは「申し訳ございま
せん,お子様ランチは○歳以下のお子様専用に
なっております。」

とマニュアル通り答えたそうである。がっかりして
肩を落とす夫婦を見たそのスタッフは理由を聞いた。

そして子どもの命日だからお子様ランチを食べようと
思ったことを知った。するとそのスタッフはレストランの
マニュアルを無視して,「それは大変失礼致しました。
申し訳ございません,お席はこちらに移動していただけ
ますか?」

そういって,家族用の4人テーブルを用意し,お子様
ランチを3人分運んできたそうである。
     ^^^^^^^^
このスタッフがやったことは明らかにマニュアル違反
である。しかし,それに文句を言う人はディズニーには
誰もいなかったのだという。

衛藤氏は言う,モノを売ることはロボットでもできる,
しかし感動を人に与えるのはやはり人なのだと。

それは今だからこそ,こんな時代だからこそ,
必要なことではないだろうか。

 

 

 

■今日の一言 by Jenny

近所の町内子ども会で,今週の月曜日にラジオ体操が
始まりました。小学生を始め,小さな子ども達が楽しみ
にしている夏休みの恒例行事のひとつです。

私が小学生の頃,夏休みの間は毎朝ラジオ体操に通い,
最終日にもらえるえんぴつを楽しみにしていました。
今では,ラジオ体操を行なう期間は,夏休みの中の
ほんの一週間程度。それぞれの自治会にもよりますが,
期間が短くなったのは少し寂しい気がします。

ちなみに,ラジオ体操といえば第一と第二があります。
第一なら,大人の方もけっこう覚えていると思いますが,
第二の方は・・・やってみようと思っても,意外と忘れて
しまった方も多いのでは?
みなさんは今でも両方できますか?

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に