トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2006年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

      『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.265

■■■-----------------------------------------------------■■■
                          平成18年8月24日発行

■ニュースヘッドライン

▽英で肥満問題深刻化か,「フィットネス担当相」新設(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/JJT200608240002.html

▽胸部X線検査,40歳以上対象に - 厚労省(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/TKY200608230302.html

▽医療関連死,外部専門家の検討会を早ければ08年にも - 厚労省(読売新聞)
  http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20060823ik05.htm

▽睡眠時無呼吸の子どもは他に比べIQ低い(健康トレンディ)
  http://www.kenko-trendy.com/nakazawa/001388.html

 

■特集

「夜は照明の消灯を 体内時計の乱れを回避」

記事 written by オリ

夜になっても電気がついた明るいままで寝てしまう人も
多いと思う。

乳幼児の発育のためには,昼夜の照明の区別をきちん
とつけたほうが,体内時計への乱れが少ないことが東北
大学病院の研究によって明らかになった。

実験は脳の構造が似ている赤ちゃんマウスを使って行われた。
赤ちゃんマウスを二つのグループに分け,一方は夜照明を
落とし,もう一方は24時間明るい状態で生育し時計遺伝子の
動きを調べた。

その結果,昼夜区別したマウスは時計遺伝子が1日1回
同じ時間に反応するのに対し,もう一方のグループは反応
の時間がばらばらだった。この時計遺伝子の乱れは照明
環境をきちんと戻せば,修正が可能な事も分かった。

大人への影響よりも,やはり生育中の乳幼児への影響の
ほうが大きい。夜寝るときは照明をオフ!に。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

      心臓,肺,周辺器官まで付いた実用性の高い模型
       肺,7分解デラックスモデル
       http://www.3bs.jp/model/lung/g15.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 8月24日(木) 20:30~20:45 NHK教育
       きょうの健康 「心身を安定・自律訓練法」

      ~不安障害について送る最終回。最後は「自律訓練法」を
       紹介する。気持ちを落ち着かせ,心理的な安静と体の
       リラックスを得るには。

▽明日 8月25日(金) 22:00~22:50 NHK総合
       NHKスペシャル 「熱闘612球“早実vs駒大苫小牧”」

      ~今年の全国高校野球選手権決勝は引き分け再試合。
       2試合に及んだ熱戦の裏にあったドラマとは?

 

■おすすめメールマガジン

あなたは,自分で自分の性格を変えられる
ということをご存知でしたか?

このレポートでは心理療法を使って性格を変えていく
そんな方法の一部を紹介しています。

【あなたの性格は変えられる】
  あなたは自分に価値がないと思っていませんか?
http://www.muryouform.com/rep.php?id=437&seq=3

今の自分に満足できない人,自分の性格をかえたい人,
もっともっと向上したい人,そんな方にお勧めです。
読むだけで自分をかえていけそうな,そんな気持ちに
させてくれるメルマガも配信されています。
(編集部)

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2300名の方々が読んでいるメールマガジンです。
^^^^^^^^
ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
            (ページの中ほどに登録欄があります)

 

■編集後記-----------------------------------------------------

ミスター豆腐と呼ばれた人がいる。

森永乳業の米国現地法人を立ち上げ,
アメリカで豆腐を普及させた雲田康夫氏
である。

アメリカに渡って20年。豆腐の出荷は毎日
10万丁,全米のスーパー1万8千店舗で
売られるようになった。

しかし,はじまりは決して楽ではなかった。
1987年,権威のある全国紙「USA TODAY」
に「アメリカ人が嫌いな食べ物ナンバー1は
豆腐」という記事が載った。

それでも雲田さんは諦めなかった。豆腐の
着ぐるみを着てロサンゼルスマラソンを走った。

クリントン大統領(当時)にヒラリー夫人が
豆腐を勧めていると聞いて,豆腐と豆腐の
レシピを送った。

すると,3週間後にはヒラリー夫人から礼状が
来たのだ。

肥満問題が深刻化する米国で豆腐は必ず
受け入れられると信じとおした雲田さんの
根気が勝ったのだろうか。

今ではアメリカのスーパーで木綿と絹ごし
がそれぞれ数種類並ぶ店舗もある。

▼「豆腐バカ 世界に挑む」 雲田康夫著
  http://amazon.co.jp/o/ASIN/4334933777/3bscientific-22/ref=nosim

 

 

■今日の一言 by オリ

新潟は雪国です。
市内はそれほど降りませんが,地域によっては
積雪が1mを越す地域もたくさんあります。

それなのに夏になるとフェーン現象の影響で
全国で1番気温が高い日が年に2,3回はあります。

私は毎朝新聞に目を通すときに必ず全国の気温の
チェック!を欠かしません。
その時に新潟が全国で一番暑いとなぜか「負けた・・・」
という気になってしまいます。それを友人に話したら
「むしろ勝った!じゃない?」と言われてしまいました。

今年はフェーン現象が長く,36度近い気温が続き,
夜になっても気温が下がらず,熱帯夜なので熟睡できません。
もう勝ち負けはどうでもいいから涼しくなってほしいです。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に