トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2006年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

      『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.281

■■■-----------------------------------------------------■■■
                          平成18年9月15日発行

■ニュースヘッドライン

▽サルモネラ菌,採卵養鶏場の4分の1で検出(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/TKY200609140361.html

▽心臓手術,実施件数少ない病院ほど死亡率高い(読売新聞)
  http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20060914ik08.htm

▽みかんが肝硬変を防止?(健康トレンディ)
  http://www.kenko-trendy.com/nakazawa/001618.html

▽76%の療養病床や介護施設など,HIV患者受け入れず(東京新聞)
  http://www.tokyo-np.co.jp/flash/2006091401003310.html

 

■特集

「蛍光気管支内視鏡が先進医療に」

記事 written by 英司

蛍光気管支内視鏡検査を利用した「カラー蛍光観察
システム下気管支内視鏡検査及び光線力学療法」
が先進医療専門家会議により先進医療として認められた。
これにより,この検査と治療が保険診療と併用可能となる。

蛍光気管支内視鏡検査は正常な気管支組織と癌組織の
自家蛍光が異なることを利用した検査で,肺癌の早期
発見に有効な方法のひとつ。今回の蛍光観察システムでは
高感度カメラなどに利用されるICCDを利用しているので
微弱な光であっても捉えて観察することができる。

技術経験年数3年以上で日本呼吸器内視鏡学会専門医で
なければならないなど,適応されるにはそれなりのハードル
があるが,これが病院の差別化としても働くかもしれない。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

      様々な場面で活躍
       心臓模型各種
       http://www.3bs.jp/model/heart/index.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 9月15日(金) 22:00~22:50 NHK総合
       にんげんドキュメント 「心鍛えた甲子園」

      ~今年の夏の甲子園。3回戦まで進み智弁和歌山と
       闘った沖縄・石垣島のチーム。島の子ども達を指導
       してきた伊志嶺吉盛監督と球児達を追う。

▽明日 9月16日(土) 19:57~20:54 日本テレビ
       「世界一受けたい授業!!」

      ・ジェットコースターはなぜ落ちない?遊園地のナゾ解決
       ・原因不明の痛みが治る(秘)方法
       ・肌で感じる動物の秘密移動動物園

 

■おすすめメールマガジン

▽ど素人の労働法・社会保障法

労働法と社会保障法を楽しく簡単に簡潔に学び,
ど素人からちょっと詳しい人になりましょう。
学校や会社では教えてくれないことを学び,強い個人になりましょう。
そして,ついでに周りの人も助けましょう!

■たとえば・・・
   うつ病で会社を休むはめに・・・。クビになっちゃうの???

登録と詳細は↓
  http://www.mag2.com/m/0000140454.htm

毎回,シンプルなクイズ形式で情報を届けてくれる
とても優れたメルマガです。(編集部)

 

■弊社からのお知らせ

  プレゼント企画開催中!ご応募いただいた方から
   合計で7名様に人体おもしろグッズなどをプレゼント!!
  
   締め切りは9月19日,お早めに!

  ▼ご応募はこちらから
   http://www.3bs.jp/prize/index.htm

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2350名の方々が読んでいるメールマガジンです。
^^^^^^^^
ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
            (ページの中ほどに登録欄があります)

 

■編集後記-----------------------------------------------------

ご近所づきあい,してますか?

最近はアパートやパンションに引越しを
してきても挨拶もしない人が多い。

気づいたらそこに住んでいた,なんてことも
よくあるのだ。実際にアンケートをとったところ,

Q 引越しをしてきたら誰に挨拶をしますか?

・隣の部屋の人 37.1%
・大家さん 35.9%
・誰にも挨拶しない 33.1%

同じフロアの人全員になると13.8%まで少なくなる。

特にひどいのは独身の場合だが,既婚者で
子どもがいない場合は20.8%,子どもがいる
家庭でも11.4%は誰にも挨拶はしないという
回答が出ている。

集合住宅では「騒音」が一番の悩みだ。
その内訳は:

・歩く・ドアを閉める音 49.2%
・酔って騒ぐ・怒鳴り声 40.4%
・音楽・楽器 32.6%
・子どもがはしゃぐ 25.6%
・洗濯機や掃除機など 22.1%

この生活音が許せない時間帯は・・・

・24時~6 8%
・23時~6 4.6%
・22時~6 4.2%
・24時~5 3.4%

もっとも,こんな時間ならどんな音が
聞こえてきてもおかしいが・・・。

困ったときどうしますか?とお問いには

・大家さんを通して注意してもらう 38.3%
・特に何も対処はしない 36.6%
・壁や天井を叩くなど,さりげなく意思表示 16.0%
・口頭や手紙などで直接注意する 6.0%
         ・
         ・
         ・
・同じ迷惑行為を行って対抗 0.8%

女性の6割,男性の5割は近所にどんな人が住んで
いるのかを気にしているという結果も出ている。

集合住宅を選ぶときの一番大切なことは立地でも
建物でもなく,まずは人なのかも知れないと改めて
思った私だった。

※参考資料: 

株式会社ネクスト
「賃貸住宅における,ご近所づきあい実態調査」

 

 

 

■今日の一言 by 英司

ことあるごとに水族館を回っているのだが,なぜかジンベイザメ
にだけは縁がない。大阪にいたときも海遊館に行く機会に
恵まれなかった。

沖縄美ら海水族館でジンベイザメが体を縦にして餌を食べ
る瞬間をぜひ見たいと切望しているがいつかなうことやら。
さて,ジンベイザメは見れていないのだが,サメの卵を見る
のが好きで,見かけるたびに足が止まる。サメの卵は非常に
ユニーク。サメの卵はまるで海藻のような外観・質感をして
いる。トラザメの卵の場合,まるで大きな実をつけた海藻。
細い紐状の部分が伸びており,これを海藻に絡み付ける。
膨らみに光を当てると実のように膨らんだ部分に稚魚を見
つけることができ,なかなか感動的だ。

さらに不思議なのがネコザメの卵。どう見ても大きなネジ。
特徴的なサメの卵たちだが,卵を産まないサメもいるのが
さらに面白い。

サメには卵を産む卵生,胎盤をもたずに体内で育てる卵胎生,
哺乳類のように胎盤をもつ胎生の種がいる。
ちなみにホオジロザメは卵胎生。しかも孵化すると他の受精卵
や後から孵化した稚魚を襲う。生まれながらのハンターとも
評されるが,ここの競争で遅れをとるようでは大海原では
生きていけないのかもしれない。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に