トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2006年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

      『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.306

■■■-----------------------------------------------------■■■
                          平成18年10月24日発行

■ニュースヘッドライン

▽ジェネリック医薬品,普及のため厚労省が実態把握へ(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/TKY200610230260.html

▽赤ちゃんの心臓病治療,ネットを使った遠隔診断(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/OSK200610230056.html

▽運動量が増大しても寿命は縮まらない(ヘルスデー)
  http://www.healthdayjapan.com/healthday/news/h20061013.html

▽製薬各社,患者の遺伝子で副作用回避する研究急ぐ(日経新聞)
  http://health.nikkei.co.jp/news/top/index.cfm?i=2006102302179h1

 

■特集

「東急電鉄が国内初の駅上病院建設へ」

記事 written by まさ

東京急行電鉄は大田区北千束にある東急病院を
同電鉄大岡山駅上部に移転する計画を発表。
来年11月には国内初の「駅上病院」が誕生する。

大岡山駅に新しく建設される病院は地上5階建て,
現行と同じ16の診療科目を設ける。駅改札口近くに
病院の入り口を設置,診療時間も鉄道利用者向けに
設定を工夫する予定だ。

駅の上にある病院ということで気になる振動については
線路下に組み込みまれたコイルばね防振装置で対処する。

この日本初の駅上病院の登場で通勤・通学など駅周辺
利用者の医療の受けやすさは大きく向上するものと思われる。
医療機関の新しいスタイルとして今後どのような発展を
見せるのか注目したい。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

      またマグカップ?今度は・・・
       逆さ脊柱マグカップ
       http://www.3bs.jp/goods/anacomic/w99999_418.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 10月24日(火) 23:00~23:30 NHK総合
       ドキュメント72時間 「新宿東口・献血ルーム」

      ~日本最大の設備を備えた東京・新宿東口献血ルーム。
       そこで奮闘する職員の姿をカメラは追う。

▽明日 10月25日(水) 19:00~19:58 日本テレビ
       「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」

      ・日本列島ダーツの旅

      ・日本列島イケてる会社訪問の旅,今回は「人工心臓」
       に関わるイケてる会社!

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2400名の方々が読んでいるメールマガジンです。
^^^^^^^^
ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
            (ページの中ほどに登録欄があります)

 

■編集後記-----------------------------------------------------

飼い主を助ける勇敢な犬がいた。

介助犬と共に過ごす米国のジェイミー・ハンソンさん
は3年前,車の事故で片足を失い,義足を使って
生活をしいた。

その彼女には介助犬とネコがいた。

ある日,ジェイミーさんはソファーで横になっていた。
すると彼女のネコがテーブルの上に飛び乗って,
置いてあった火のついたローソクを倒してしまった。

義足はテーブルにおいてあったので,ジェイミー
さんは火を消すのに手間取った。そうしているうちに
火が移って家は火事になってしまったのだ。

彼女は慌てたが,テーブルの上にある義足に手が
届かない。

すると彼女の介助犬が義足と電話を運んで来て
くれたのだが・・・。

彼女は救助されたあとこんなことを話している:

「あの子(介助犬)は,私を助けてくれた後,ネコが
まだ2階にいることに気付き,火の中に戻って
いったわ。そして,もう2度と帰ってこなかった・・・。」
(AP通信 10月17日)

最後まで「仕事」をやめなかったのだ。これが
もし人間だったら,火の中に飛び込むだろうか?
そんな勇気があるのだろうか。

全国介助犬協会によるとアメリカでは1000頭以上の
介助犬が活躍し,その歴史も20年以上あるというが,
日本では2002年に「身体障害者補助犬法」がやっと
施行されたばかり。

遅れながらも日本では(平成17年の時点で)28頭の
介助犬が活躍を続けている。

 

 

 

■今日の一言 by まさ

週末,床屋を営んでいる親戚の家に散髪に
行ってきました。日曜日ということで来客が多く,
その日は「山で熊を見た。」というお客さんの話で
盛り上がっていました。

今年,新潟県では熊の目撃情報が数多く報じられ,
つい先日も人が襲われるという事件がありました。

私の父は植物が好きで一年中頻繁に山に行くの
ですが,さすがに大丈夫かなと心配になりました。
今は控えてもらったほうが良いようです。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に