トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2006年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

      『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.310

■■■-----------------------------------------------------■■■
                          平成18年10月30日発行

■ニュースヘッドライン

▽病院で客待ちタクシーは禁煙車のみ - 一部病院で(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/TKY200610280204.html

▽「運動不足」67%,「肥満」43.4% - 内閣府世論調査(読売新聞)
  http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20061029ik0c.htm

▽野菜多く食べると認知力低下を予防できる - 米シカゴ大ら(朝日新聞)
  http://www.asahi.com/health/news/TKY200610280118.html

▽肥満防止のワクチン - 帝京大が試作(日経新聞)
  http://health.nikkei.co.jp/news/top/index.cfm?i=2006102704851h1

 

■特集

「泥酔でも無事帰宅できるのは何故?」

記事 written by 品

酒を飲みすぎてその夜のことはまったく記憶がない。
しかし朝起きてみたら,ちゃんと自宅の布団に
寝ていた。そんな経験をした方も少なくないだろう。

私たちがそんな無意識状態でも間違えずに家に帰ること
ができるのは,目的地への道順を記憶する神経細胞
(ニューロン)が脳に存在するからであると,
日大・泰羅雅登教授らの研究チームにより発表された。

実験では,まずスクリーン上に2階建てビルの仮想
空間を作り,レバー操作によって目的の部屋にたどり
つくように,ニホンザルに道順を覚えさせた。
(ゴールのご褒美はジュース。バナナではないのですね。)

サルが道順を覚えた後,脳の働きを調べてみると,
仮想空間上の特定の場所を通ったり曲がったりする
ときだけに活動する神経細胞が頭頂部内側にあること
を発見。さらに,正しい道順を進んでいるときには活動
しているのに,道順を間違えると活動しない神経細胞が
あったという。

目的地へ向かう正しいナビゲーションをするための
情報が細胞レベルで記憶されていることが裏付けられた
のはこれが世界で初めてで,
「人の脳が周囲の視覚情報をどう認識し,どう処理して
いるかを解明するために役立つ」としている。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

      高品質模擬皮膚を使用した耳鍼練習用モデルです
       鍼灸シミュレータ
       http://www.3bs.jp/med/acupun/n15.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 10月30日(月) 19:00~19:55 NHK教育
       「BSドキュメンタリー」

      ・アジアに生きる子ども達・なぜ路上で暮らすの
       ・インドネシア少女リアの40日

▽明日 10月31日(火) 19:00~19:55 NHK教育
       「第33回日本賞受賞番組」

      ・世界の教育番組の向上を図る“日本賞”
       ・今年の受賞番組を紹介,他

 

■おすすめメールマガジン

アトピーにお悩みの方必見のメールマガジン
を見つけました。

『厳選された講師陣がアトピー改善のための立ち上がる!』
というメルマガです。もちろん無料です。

コチラ↓から登録できます。
http://nayami-help.com/

メールでの質問もOKで,返信率は100%。
読者約5000人もいて,このサポートは素晴らしいですね。

こちらのHPでは無料レポートのダウンロードも
できるようになっていますので,ぜひご覧下さい。
(編集部)

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2400名の方々が読んでいるメールマガジンです。
^^^^^^^^
ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
            (ページの中ほどに登録欄があります)

 

■編集後記-----------------------------------------------------

「不可能はない。」

17歳の時に多発性硬化症を発症,ひどい
時には首から下がまったく動かず8年間も
寝たきりの暮らしを続けた。

竹田英雄さんはそれでも負けない。

現在はミュージシャンとして活動し,11月
には「障害者の経済的自立に役立ちたい」
という夢をおって,「ハートフルパワー株式会社」
を立ち上げる。

8年間の寝たきり生活。

「俺は動ける」そう信じてイメージトレーニングを
重ねた。体は動かない。それでも口にペンを
くわえてパソコンのキーボードをたたいた。

その8年間でプログラミング言語の本など
10数冊を書き上げたのだ。

歩けるようになった竹田さんには障害者の支援
の他に「紅白歌合戦に出たい」というもう一つの
夢がある。

彼はインタビューで,「どうしてそんなに頑張れる
のか?だれもがそこまで頑張れるわけではない
のでは。」と聞かれ:

「逆です。がんばるなと言っています。」

そう答えた。頑張れる時は頑張ればいい。しかし,
結局はあるがままを受け入れるしかないと。

現実を味わうとその中にある良いところが見えて
くると。

たとえ車椅子に頼ったとしても,自分の人生は自分
の足で切り開いてきたと話す彼に本当の「心の強さ」
を感じ取った。

参考:日経BPnet
「車いすの歌い手が起業家に,強さの秘密は
"世間知らず"」

 

 

 

 

■今日の一言 by 品

うちには88になった祖父がいっしょに
住んでいる。6年前に祖母に先立たれて
からしばらくは一人で暮らしていたのだが,
さすがに不自由なことが多くなり,長女で
ある私の母が引き取る形でうちに越してきた。

趣味のない人なので家にいてもテレビを見る
くらいしかすることがないのだが,少しでも体
を動かそうと,1日2~3回は必ず近所に散歩に出る。

先日父が近所の寄り合いに出たとき多くの方達
からこのようなことを言われたそうだ。

「おじいさんが引っ越してきたんですね。
  散歩しているのをお見かけします。
  いつも丁寧に会釈してくれますよ。

 引っ越してきたことについてはそちらから
  特にお聞きしてませんでしたが,こういう
  ことは我々にもきちんと話しておいて
  くれた方が良かったと思います。

 外を歩いていて急に体調が悪く
  なったり,何か困ることが起きたときは,
  お互いどなたか知っていた方が助けてあげ
  易いし,助けを求めることもしやすいで
  しょうから。」

確かにそのとおりだった。家族でそこまで
気が回らなかったことを反省するととともに,
近所の方々の暖かい心遣いがとてもありがたく,
深く胸に染みた。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に