トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2006年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.320

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成18年11月14日発行

■ニュースヘッドライン

▽全力で治療します!胎児治療,母体に投薬 - (読売新聞)
http://tinyurl.com/ynarns

▽病気腎移植 - 万波医師の心情赤裸々に- (朝日新聞)
http://tinyurl.com/yjbhp7

▽33物質が「違法ドラッグ」に指定 (薬事日報)
http://www.yakuji.co.jp/entry1604.html

▽60代,70代の女性も拒食症や過食症に (健康トレンディ)
http://www.kenko-trendy.com/nakazawa/001992.html

■特集

「中国で腹腔妊娠の妊婦,無事出産」

記事 written by まさ

11日,中国江蘇省南通市の病院で子宮外妊娠の
のひとつ「腹腔妊娠」と診断された30歳の女性が
開腹手術を受け,無事出産した。

腹腔妊娠は子宮外妊娠の一種だ。子宮外妊娠の
発生率は全妊娠件数の約0.5%~2%といわれている。
中でも腹腔妊娠は大変珍しく全子宮外妊娠の
約0.6%~1.2%程度の非常に稀なケースだという。

今回の赤ちゃんは210日間,母親の腹腔内で
育ち見事に取り出された。
今後も元気に成長してくれることをお祈りする。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

      分娩過程,5段階を再現,膣触診や分娩の
       シミュレーションが行えます。
       看護士,助産師,医師を目指す学生に最適です。

      妊娠・分娩過程モデルセット
       http://www.3bs.jp/med/birth/w43045.htm
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 11月14日(火) 20:00~20:30 NHK教育


       福祉ネットワーク   
       「- ダブル介護 -
        複数の親の介護が同時に来たら?」

     ・夫の親と自分の親の同時介護は両立が困難。
       夫や自分の兄弟双方が納得できるように,
       介護をめぐる家族のあり方を考え,問題解決の
       糸口を探る。

 

▽明日 11月15日(水) 20:00~20:45 NHK総合


       ためしてガッテン    
       「激増中!大腸がん緊急対策術」

     ・手術なしでポリープ切除が可能な内視鏡検査の
       実態と,大腸がん予防方策の一つと見なしていた
       食物繊維の効力に対する否定的な意見とは?

 

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2400名の方々が読んでいるメールマガジンです。
^^^^^^^^
ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
            (ページの中ほどに登録欄があります)

 

■編集後記-----------------------------------------------------

子どもは天からの授かりもの。

と,昔から言われてきたが,最近はどうもそのようでは
なくなってきているようだ。

子どもがほしい。
ちょうど「この日」に生まれるように調整すればいい。

子どもはほしい。
でも,今は生めない事情があるから生めない。

子どもがほしい。
だから,そのために体をはって頑張っている。

子どもはいらない。

自分の生みたい時に生むことを選択できる人はある意味
幸せだ。

だからといって,子どもを生める体でありながら,子どもを
生まない選択をしている人を責めてはならない。
彼らには彼らなりの理由がある。
それに,この時点で一生生まないと決まったわけではない。

それよりも,子どもがほしくて頑張っている人たちや,
子どもがほしいけど,やむなくあきらめている人たちを
国が一丸となって支援してほしい。

例えば不妊治療は高額な上,精神的にも肉体的にも
非常に負担がかかる。倫理問題や,成功率が低く,
母体の安全性を考えるとふみきれないという理由から,
厚生労働省は未だ保険の適用を認可していないが,
こうしたことこそ,前例を押し切って,国が支援すれば,
国民が幸せになる。

医療費の財源が決まっているなんて言ってほしくない。
それに今のままの少々の児童手当だけでは,子どもを
もっと生んで育てよう,という気にはなれない。

こうした人が求めているのはお金でなく,育児支援という
ソフト面であり,またそれを理解する社会体質なのだ。

それに国が補償すれば,医師も安心して治療に臨める。
賛否両論あるだろうが,子どもをほしいと言っている人に
手を差し伸べるのが,そんなに悪いことだろうか?

少子化だ,将来の年金問題だと論じる前に,その根本
原因を解明するのが,まずやるべきことであり,
又,私達も政府にだけ頼ることなく,地域の子どもに
「関心を持ち」自分の子どもとわけへだてなく接し,
守っていくるのが努めだと思う。

 

 

 

■今日の一言 by まさ

週末,PS3(プレーステーション3)が発売された。
49,980円からという値段にもかかわらず6年8ヶ月ぶりに
発売される新型機を手にいれるため各所で1000人を
超す規模の行列ができるほどのすさまじい人気だ。

土壇場の価格変更で5万円を切ったとはいえ
家庭用ゲーム機も大変高価になったものだ。

私が中学生の頃,発売されたファミコンは1万4千円ぐらい
だったと思う。それでも高価で,小遣いを一生懸命ためて
手に入れた覚えがある。しかし,今回の水準までくると
子供向けというよりは,かなり大人向けの価格設定だ。

実際テレビの画面に映し出された行列に並ぶ人々の姿を
見るとほとんどが立派な大人たちのようだ。
最近では中高年層向けにテレビゲーム講座も開催され
テレビゲームを楽しむ平均年齢はどんどん高くなって
きているようだ。

将来は将棋や囲碁のかわりに最先端のテレビゲームに
興じるお年寄りたちの姿が普通に見られるような時代が
くるのかもしれない。。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に