トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2006年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.348

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成18年12月25日発行

■ニュースヘッドライン

▽受精卵を使わない万能細胞,国内で相次ぎ成功(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200612230293.html

▽痛みも軽減,骨髄採取法,国内初の臨床試験に成功(毎日新聞)
http://tinyurl.com/t9j29

▽趣味の園芸でレジオネラ肺炎に,死亡例も(読売新聞)
http://tinyurl.com/wcn4t

▽腰痛は肉体的治療より心理療法の方が効果あり(健康トレンディ)
http://www.kenko-trendy.com/nakazawa/002145.html

 

■特集

「がん患者の卵子保存,未婚女性にも」

記事 written by 品

女性ががん治療を行うと抗がん剤や放射線の影響で卵巣が
正常に機能しなくなってしまう可能性は高い。そのため,
治療を進める前に卵子を採取,凍結保存して,将来の体外
受精に備える方法がある。

現在,既婚女性にのみ認められているこの方法を,未婚の
女性にも行えるよう,国内130の不妊治療施設がつくる
A-PART日本支部は,日本産婦人科学会に臨床研究の
申請をした。

計画では,9つの施設が参加し,白血病などの血液のがん
と診断された15歳以上の未婚患者の卵子を保存し,
将来の体外受精での妊娠率を調べることとしている。

卵子の細胞は凍結すると破壊されやすいのだが,
最近では「ガラス化法」と呼ばれる新技術によって
凍結後の生存率が格段に向上した。

しかしながら,がん患者では凍結保存した卵子を使って
出産に成功した例は今のところ報告がなく,採卵のため
にはがん治療を一時中断しなければならないという問題
もある。

それでも,不妊への不安を抱くがん患者には大きな
希望であるだろう。

申請を受けた日本産婦人科学会は,倫理委員会小委員会
による検討を21日に行ったが結論が出ず,来年再び協議
される予定。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

      女性の骨盤と生殖器の断面を示した模型で
       生殖器の左半分は膀胱と直腸といっしょに
       脱着可能,内部が見られます。
      

      女性骨盤内臓器,2分解モデル

      http://www.3bs.jp/model/genit/h10.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 12月25日(月) 22:25~22:50 NHK教育

知るを楽しむ・この人この世界 
       「中国・長寿と短命の境界」 

     ・中国の新疆ウイグル自治区内では民族の違いに
       より平均寿命に大きな差がある。その差はどこで
       生まれるのかを食事と血液検査,尿検査の結果,
       ある事実が判明。

 

▽明日 12月26日(火) 18:30~20:54 フジテレビ

江原啓之スペシャル 「天国からの手紙」

     ・姉を末期がんで亡くした妹や,自分の起こした
       自動車事故で息子をなくした男性など,
       救いを求める相談者に,スピリチュアル・
       カウンセラーの江原啓之氏がメッセージを送る。

 

■おすすめメールマガジン

◆「ただの雑学じゃ満足できない!」方へ・・・
…………………………………………………………………………………
【疑問のツボ~知らない人から知る人へ】
…………………………………………………………………………………
【日本語・英語】【ニュース】【日常全般】【商品名・社名】
【偉人】の「あの疑問」を贅沢に&バシバシ解決するとともに,
雑学のそのまた奥の雑学の【専門分野ネタ】まで堪能できる
教養系雑学メルマガ!

 
★メールマガジン登録はこちらから 

http://www.mag2.com/m/0000147944.html

話の「ネタ」さがししている人には必見のメルマガ。
人と接する仕事をしているに方は特におすすめですね。
(編集部)

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2500名の方々が読んでいるメールマガジンです。
^^^^^^^^
ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
            (ページの中ほどに登録欄があります)

 ※本日12月25日は「月刊メルマガ」発行日です!

 

■編集部「よろず」ノート written by 品

私が子どものころ,毎年年末には父の実家で餅つき
をしていた。非力な子どもでは,餅をつくことは
できないけれど,つきたての餅を食べるのがお目当て
で必ず父についていった。

餅つきに使っていた「うす」は重厚という言葉が
ぴったりのどっしりしたものだった。父も生まれる前,
祖父が当時の地主さんからもらったものだったそうだ。

地主さんの家に置いてあったそのうすを祖父が羨まし
そうに見ていると,「持って帰れるなら,お前にやるぞ。」
と地主さんは言った。一人で持てるわけがないとタカを
くくって冗談のつもりだったのだが,祖父は見事に家まで
一人でかずいて持ち帰り,地主さんを驚かせたという。

今考えてみると,できすぎの武勇伝に,ほんとかな?
なんて少々疑問を持たないわけではない・・・。

長年使っているうちにさすがに立派なうすも傷んできて,
餅に木っ端が混じるようになったので,恒例だった
餅つきも25年くらい前にやめてしまった。

家族の年中行事らしきものがほとんどなくなった今は,
餅を延ばして四角く切っていた今は亡き祖母の姿や,
ほっくり暖かいつきたての餅の味とともに,
あの餅つきが懐かしく思い出されます。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に