トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2006年バックナンバー

広告

-----------------------------------------------------------------
◆ 3Bサイエンティフィック 月刊メールマガジン 2006/7/25 ◆
http://www.3bs.jp/top_m.htm vol.14
-----------------------------------------------------------------

今月も情報満載でお届けします! 読者限定のページも
掲載しておりますのでご専門の方はお見逃しなく。

それでは今月号スタートです。

┌目次───────────────────────────────┐
  ※読者限定ページ 人体解剖学ビデオ/DVD 限定ページ
  1. 新製品のご案内
  2. 数量限定品特別セール
3. 特集 「小さいけど優れもの・・・ミニ模型特集」
4.「My人体模型記」 ~私はこんな使い方してます!~
5. 「医院・診療所必見!労務のツボ」  ~社会保険労務士 小野本美奈子先生
6. 先生のコラム 「 解剖学者の健康談義 」
       ~連載エッセイ 第3回 新潟大学名誉教授,解剖学者 藤田恒夫先生
7. 月刊学会情報
8. 編集後記
└─────────────────────────────────┘

 

-----------------------------------------------------------------
※読者限定ページ 解剖学DVD
-----------------------------------------------------------------

メールマガジン読者,又は登録済みのお客様限定のページを
ご用意しました。通常のようにトップページや検索エンジンから
アクセスすることは出来ませんのでご注意ください。

また,ご専門の方以外はご覧にならないようお願い致します。
(実際のサンプル映像もあるため)

●限定ページ 「人体解剖学ビデオ/DVD」
  http://www.3bs.jp/video/vana/index.htm

 本物の人体を使用した機能解剖マニュアルのDVD版とVHS版です。
  サンプル動画もご用意しております。 

 

-----------------------------------------------------------------
1. 新製品のご案内
-----------------------------------------------------------------

■X線撮影用人体ファントム■

 放射線技師の皆様,お待たせ致しました! 

 頭部,胸部,腕部など,
  各部位のX線撮影用人体ファントムがついに登場です。

 撮影ポジションの教育,
  被爆シミュレーション,
  などに是非,ご利用ください。

 ※ 実際の人骨入り,または模擬人骨入り
  ※ 周りを囲む素材は透明プラスチック,または不透明特殊ラバー。
    どちらにも生体組織とほぼ同等な吸収性と二次電子放出特性

 詳しくはこちら http://www.3bs.jp/m/phantom.htm

 

■人体おもしろグッズ,マグカップいろいろ■

 X線ファントムとのギャップが怖いです・・・。

 今年大ブレークし,今もまだまだ売れつづけている
  ジャンボ腰椎マグカップ。
  (http://www.3bs.jp/m/w40048.htm)

 孤軍奮闘,頑張っておりましたが,
  そんな腰椎マグくんに力強い仲間ができました。

 新しい仲間は,

 ★ もうすぐマママグ
     http://www.3bs.jp/m/w99999_417.htm

 ★ 逆さ脊柱マグカップ
     http://www.3bs.jp/m/w99999_418.htm

 写真を見ていただくと,きっと,苦笑,失笑,
  もしかして脱力・・・。

 しかし,こんな商品を日本で提供できるのは,
  当社しかいない!と変な自信を持って決意の発売です。

 シチュエーションを工夫すれば,とっても
  面白いギフトとしてお使いいただけるのは間違いありません。

 
  初回入荷数はわずか各10個のみです。
  売り切れますと,次回入荷は1ヶ月以上先となります。
  ご注文はお早めにどうぞ。

 (「大臼歯マグ(仮称)」も近日発売予定です)

 

-----------------------------------------------------------------
2. セール情報
-----------------------------------------------------------------

 数量限定品セール(http://www.3bs.jp/m/sale.htm),
  展示品・デモ品セール(http://www.3bs.jp/m/sale3.htm)
  を引き続き行っております。

 ◆ 今月UPの商品 ◆

 頭蓋,脳・頚椎付,半側透明7分解モデル A283
   定価200,550円 --> 展示品特価100,000円

 この頭蓋骨モデルには,スリービー・オリジナル骨専用素材,
  3B BONElike(TM)が使用され,微小な凹凸まで極めて
  忠実に再現しています。

 右半分が透明になっており,上顎洞など空洞部の位置も
  外側から確認可能です。脳,頚椎まで含まれたA283は
  System-Skullシリーズの最高機種です。

 展示品のため,椎骨動脈の一部に破損が見られますが,
  この高級頭蓋モデルを半額で購入できるまたとないチャンスです。

 現品1点限りですので,売れ違いの場合はどうかご容赦を。
  http://www.3bs.jp/m/sale3.htm

 

-----------------------------------------------------------------
3. 小さいけど優れもの・・・ミニ模型特集
-----------------------------------------------------------------

▼1/2 頭蓋骨模型 ¥3,990
---------------------------------------------
ポケットからサッと出して・・・。説明ツールに。

詳細: http://www.3bs.jp/m/a18_15.htm

▼1/2 偏平足・凹足・正常足模型の3点セット ¥14,700
---------------------------------------------
正常な足,偏平足,凹足の1/2サイズ。

詳細: http://www.3bs.jp/m/mam33.htm

▼卓上サイズの小さな解剖模型 ¥39,480
---------------------------------------------
この大きさで分解可能です。

詳細: http://www.3bs.jp/m/mab09.htm

▼胎児の取り外しができる妊婦の解剖模型 ¥27,090
---------------------------------------------
産婦人科での説明ツールなどにも。

詳細: http://www.3bs.jp/m/mal20.htm

▼ブロンズ調トルソー模型 ¥64,050
---------------------------------------------
特殊ペイントでブロンズのような渋い輝きを放つ人体模型。
違いが分かる人のため(?)のオブジェ。

詳細: http://www.3bs.jp/m/mab09k.htm

 

-----------------------------------------------------------------
4.「My人体模型記」 ~私はこんな使い方してます!~
-----------------------------------------------------------------
□ご職業: 理学療法士
□ご利用製品: A05/1:骨格分離モデル
A59/1: 脊柱可動型モデル,金属管使用
□ご利用場所: 常時
□ご利用例:
外科医がオペ前に人体内部を鮮明にイメージ出来るように,
理学療法士も,自分の手だけが頼りなので,視覚からだけでなく,
骨をひたすら触りまくる事で脳内にリアルに人体を構築していく
のです。私は36ですが,もう赤ん坊が常に玩具を握って安心し
ているように,骨を握っていると安心するくらいです。
臨床家たるもの,全ての感覚を研ぎ澄ませ,人体をリアルに体性
感覚としてもイメージ出来,自分の身体の一部にするくらいの
熱心さが必須です。

▽A05/1:骨格分離モデル http://www.3bs.jp/m/a05_1.htm
▽A59/1: 脊柱可動型モデル,金属管使用 http://www.3bs.jp/m/a59_1.htm

●ご応募ありがとうございました。
こちらの方からはその後,感じる手というものについてもお話を
いただきました。熟練された方は触れることで筋がどのように動い
たかまで把握することができるそうです。弊社の模型がそのような
方々の手に触れられているのかと思うと身が引き締まります。

模型に触れながら頭の中では人体が描かれているのかもしれません。
弊社の模型が観察だけでなく,技術の熟達のお役に立てるなら
まさに模型の本懐です。

▽分離骨格模型のページ ( http://www.3bs.jp/m/parts.htm )
▽脊柱模型のページ ( http://www.3bs.jp/m/spine.htm )

●「My人体模型記」に掲載させていただいた方には弊社よりプレゼント
をご用意しておりますのでどしどしご応募ください!
「My人体模型記」募集要項とプレゼントはこちらからお願いします
  → http://www.3bs.jp/mreport.htm

 

-----------------------------------------------------------------
5.「医院・診療所必見!労務のツボ」
-----------------------------------------------------------------

           ~時給は月給より不安定?~
    
                     小野本社労士事務所 小野本美奈子

皆様の事業所では,給料の決め方は月単位の月給でしょうか。
スタッフの中には時給の人もいるけれど,多くはやはり月給??
月給の人の時間単価を把握していらっしゃいますか?

■相談事例から

先日,スタッフ3人の歯科医院で賃金をどうするかについて相談を
受けました。

「院長先生,賃金は時給で決めたらどうですか?残業代を払うとき
わかりやすいですよ。」

スッフが少ないので,患者の多いときは昼休みに食い込んだり,
帰宅が遅くなるなどの残業が避けられない,開業間もない医院
です。休日は確実なのは日曜と祝日。土曜は通常より1時間
終業を早くするだけ。

また月に2回ほどは木曜に休む。3人のスタッフの労働時間は
ばらばらになります。ですから賃金を時給で決めれば,給料の
計算も,残業の計算もカンタンですよ,との思いからの提案を
したつもりでした。

ところが院長先生がスタッフに諮ったところ,全員から反対に
あったといいます。

「月給にしてほしい!!」

月給のほうが安心して働ける?!

そういうイメージなのか・・・,決して時給という決め方が月給と
いう賃金の決め方より劣っているものではないのですが。

■賃金をどう決める?

賃金をどのように決めるか,自由にしていいことです。
時給で決めようと,月給で決めようとかまいません。
その他 日給,週給,出来高払いなどいろいろな方法が
あるでしょう。(日本ではあまりなじみがありませんが,
外国では週給もよくあるようです。)

法律は,それぞれの賃金の決め方ごとに残業代=割増
賃金の計算方法を定めています。

■通常の労働時間で得られる賃金がベース

割増賃金を計算するには=通常の労働時間=で得られる賃金
に2割5部以上の割増率を払うことになっています。通常の賃金
の出し方ですが,時給や日給ならば話は簡単です。

時給1000円ならば割増賃金は1時間当たり1250円。
日給8000円,8時間ならば1時間の割増賃金は同じく1250円。
日給の場合は何時間働くかで時間単価は変わります。

■月給者の残業代の単価は?

では月給20万円ならば1時間の残業にいくら払うことになるの
でしょうか。月給になると同じひと月でも月ごとに働く時間は
違ってきます。月給は残業代の計算がむずかしいのです。

月給に関して1時間の賃金の出し方を法律は次のように定め
ています。

【月によって所定労働時間数が異なる場合には,1年間に
おけるひと月平均の所定労働時間数で除した金額を通常
の賃金とする。】

1月の労働時間は休みが多いので152時間,2月は168時間,
3月は176時間・・・などであったら,まず12ヶ月の労働時間を
集計します。それを12で割り平均的な一月の労働時間を
出します。

もしトータルで年間1920時間働いてくださいというのなら,
12で割って160となります。月ごとに働く時間にばらつきが
あっても,平均の労働時間(年間で1920時間なら160)で
割って時給を出す。これが法の定めた月給者の割り増し
単価の計算方法です。

月給20万なら160で割ると時給は1250円,割増賃金は
1時間当たり1563円となります。

月給16万なら同じく年間1920時間の労働時間,月平均
160時間の場合で,時給1000円,割増賃金は1250円と
いうことになります。

月給16万円,月平均労働時間160時間なら,時給換算
すると1000円,残業1時間は1250円となるのです。
(年間の労働時間により月給の人の割増賃金の単価は
変わることになります。)

月給だから残業代(割増賃金)が支払われないということ
はもちろんありません。月給者こそ年間の所定労働時間
を12で割って時間単価を知り,割増単価を知っておくこと
は重要なこと,とお考えください。

■なぜ月給にしているのですか?

時給より月給のほうが安定しているとかいうことはまったく
ないのです。法定労働時間を超えれば,時給者でも日給者
でも月給者でも割増賃金の支払いが求められます。

賃金の支払の原則はノーワークノーペイです。月給者で
あろうと遅刻や早退で働かなかった時間があればその
時間については賃金を支払わなくていいのです。

「時給ではなく月給にして!」

それはかまいませんが,時間単価をつかみにくいのが
月給。残業のときの残業代計算ではむしろ月給のほうが
ややこしいことをご理解いただきたいと思います。

 

~編集部より~

▽先生へのお仕事のご依頼やご相談を受け付けております。
 まずは [ 3b_monthly@3bs.jp ] までメールいただくか
 弊社までお電話にてお問合せください: 

 日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
 小野本先生へのお仕事依頼

 電話:025-282-3228
 メール:3b_monthly@3bs.jp

▽先生へのご意見・ご感想などは 3b_monthly@3bs.jp までお待ちしております。
  日頃感じている疑問など,労務に関するご質問などもお送りください。

 

-----------------------------------------------------------------
6.先生のコラム
-----------------------------------------------------------------

               「 解剖学者の健康談義 」

        ~ 第3回 「消された栄光 第1話(ロバート・フック)」

                     新潟大学名誉教授,解剖学者 藤田恒夫

  一人の偉大な人物 -この人をAとしましょう- の栄光が,次の世代に
現れた人物Bによって消されてしまう,ということがあります。Aが生涯を
かけて営々と積み上げた業績は,その時代の民衆からも大きく評価され,
感謝されていたのに,Bの登場によって人気はすっかりBのものとなり,
Aの偉さが忘れられていくのです。こういうことは政治,商業,芸術のどの
領域にもあるのでしょうが,科学や医学の世界でも激しいエピソードがあります。

科学の世界で先輩Aが後輩Bに追い落とされた大事件として,ロバート・フック
(これがAです)とアイザック・ニュートン(これがB)の戦いがありました。時は17
世紀から18世紀にまたがり,ところはロンドンでした。

ちょっと解剖学からも健康談義からもはずれますが,医学をめぐる物語は
第2話として語りますので,その前に,この第1話に付き合ってください。

ニュートン(1642-1727) といえば,林檎が落ちるのを見て万有引力を考え出し,
宇宙の成り立ちを力学で証明した大学者として誰もが知っていますが,その
先輩ロバート・フック(1635-1703) のことは,名を知る人も少ないでしょう。
ゴムひもを引き伸ばすとき,引く力と伸びる長さが比例するという,フックの法則。
学校の理科の実験で思い出す人があるかも知れません。

世界で一番古い「学会」は1662年に出来た「ロンドン王立学会」でした。と言って
も10人ほどのアマチュアの実験好きの集会なのですが。 ロバート・フックはこの
集会で毎月,化学実験を供覧する青年として活躍を始めました。とにかく多才で
小まめな人で,真空や気圧の研究から,望遠鏡による高度の天文学,今日も
使われる工学機械(ユニバーサル・ジョイントもそのひとつ)の発明など,この人の
生涯を研究した中島秀人氏によれば「17世紀のレオナルド・ダ・ヴィンチ」とも
言うべき,偉大な物理学者,工学者でした。

フック67歳の生涯のその晩年,はなばなしく登場したのがニュートンでした。
同じ物理学者といっても,二人は研究のしかたも性格も,水と油のように
ちがいます。ニュートンにとって,王立協会創立以来の先輩フックは,目の上の
タンコブだったでしょう。光の粒子説を唱えるニュートンにフックが波動説で対立
したという確執もありました。ニュートンは,自分が王立協会の会長の席につくと,
フックが作った沢山の実験機械をことごとく投げ捨ててしまったらしい。協会の
壁を飾っていたフックの肖像画も,ニュートンが捨てたのに違いない,と中島氏は
書いています。(中島秀人著「ニュートンに消された男」朝日新聞社1996)

ローバト・フックというと,医学の世界では「細胞」の発見者として有名です。
コルクの栓をかみそりで削いで,当時の幼稚な顕微鏡で観察したら,無数の泡の
ような部屋が見えた。これをセルと名付けたのが細胞の発見でした。この発見で,
医学や生物学の教科書の第一頁にフックの名は必ず登場するのですが,彼の
肖像は知られていません。ニュートンとその信奉者がフックの顔まで,この世から
抹消したのでしょうか。また,セル(cell=細胞) という名を今日に残しただけでも十分
偉大なのに,フックが見たのはコルクガシという植物の樹皮の,死んだ細胞の
厚い壁であって,それを「細胞の発見」と称えるのは,いかがなものかな,という
「ケチ」が,どの教科書にも書いてあります。これも消される先輩Aの宿命でしょうか。

さて,第2話,医学の世界の先輩Aと後輩Bの間の事件として,最近 私が興味を
もっているのは,ペッテンコーフェル(1818-1901) とコッホ(1843-1910) の関係です。
時は19世紀後半,ところは南ドイツのミュンヘンでした。先輩Aのペッテンコーフェル
は,衛生学(個人の健康を守るだけでなく,今日の公衆衛生学の方が主体)という
医学で最重要の領域を拓き,世界で最初の衛生学教室を創った人物でした。
それでも実感のない方には,伝染病予防のための世界で最初の下水道網を
大都市,ミュンヘンに作った「名誉市民」と言えば分かりやすいかも知れません。
いや,それならば名誉地球人とでも言った方が適切でしょうが。

こんな偉大なペッテンコ-フェルですが,その名を知る人は,少ないと思います。
対する後輩Bの,ローベルト・コッホ,この名を知らない人はいないでしょう。顕微鏡を
駆使して,精密な実験によって細菌学を打ち立てた,結核菌もコレラ菌もこの人が
発見した,確かに医学の巨人です。Bにニュートンほどの悪意や計画性があったわけ
ではありませんが,先輩Aの業績を抹消したのは,確かにBの存在だったのです。

ロンドンでの第1話に紙面を使いすぎたので,ミュンヘンでの第2話の本題は,次回の
お楽しみにさせてください。

 

[ 編集部より ] 藤田先生へのご感想を大募集!

▽藤田先生へのご意見・ご感想などは 3b_monthly@3bs.jp までお待ちしております。

▽藤田先生のコラムに感じたこと,また先生にお聞きしたいことなどもお送りください。

  宛先は 3b_monthly@3bs.jp まで。 お待ちしてます!

 

-----------------------------------------------------------------
7.月刊学会情報 
-----------------------------------------------------------------

H18/8/2~H18/8/3
日本看護学会 第37回日本看護学会ー看護教育ー
愛媛県・愛媛県県民文化会館
http://www.nurse.or.jp/

H18/8/4~H18/8/5
日本カウンセリング学会 
日本カウンセリング学会第39回大会
埼玉県・大宮ソニックシティ
http://www.pac.ne.jp/jacs39/program.html

H18/8/4~H18/8/5
日本産科婦人科内視鏡学会 
第46回日本産科婦人科内視鏡学会
東京都・都市センターホテル
http://square.umin.ac.jp/jsgoe/kouenkai.html

H18/8/5~H18/8/6
日本看護学教育学会 日本看護学教育学会第16回学術集会
愛知県・名古屋国際会議場
http://www.aichi-med-u.ac.jp/neducation/index.html

H18/8/18~H18/8/19
日本関節鏡学会 第24回関節鏡セミナー
兵庫県・神戸メリケンパークオリエンタルホテル
http://www.jaaa.umin.jp/s24th/

H18/8/18~H18/8/19
日本末梢神経学会 第17回日本末梢神経学会学術集会
広島県・リーガロイヤルホテル広場
http://17massyou.jtbcom.co.jp/

H18/8/19
日本集中治療医学会 
第15回日本集中治療医学会関東甲信越地方会
東京都・京王プラザホテル
http://jsicm.umin.jp/

H18/8/23~H18/8/26
日本組織細胞化学会 第7回日米合同組織細胞化学会議/
第47回日本組 織細胞化学会総会・学術集会
国外・Mariott Waikoloa Beach Hotel
http://www.med.nagoya-u.ac.jp/cel-bio/index-jc.html

H18/8/24
日本看護研究学会 第32回日本看護研究学会学術集会
大分県・別府市ビーコンプラザ
http://www.med.oita-u.ac.jp/jsnr32/

H18/8/25~H18/8/26
日本看護管理学会 第10回日本看護管理学会年次大会
東京都・都市センターホテル
http://www.convex.co.jp/janap10/

H18/8/25~H18/8/27
日本音楽療法学会(旧: 日本バイオミュージック学会) 
第6回日本音楽療法 学会学術大会
宮城県・宮城学院女子大学
http://www.jmta.jp/event/taikai06/060406_01.html

H18/8/25~H18/8/26
日本産科婦人科栄養代謝研究会 
第30回日本産科婦人科栄養代謝研究 会
東京都・東京女子医科大学弥生記念講堂
http://eiyotai.umin.jp/index_30.htm

H18/8/25
日本呼吸器内視鏡学会(旧 日本気管支学会) 
第29回日本呼吸器内視 鏡学会九州支部総会
熊本県・熊本市産業文化会館
http://jsb-k29.umin.jp/

H18/8/26~H18/8/27
和漢医薬学会 第23回和漢医薬学会大会
岐阜県・長良川国際会議場
http://wakan23.umin.jp/

H18/8/26
マウント富士ワークショップ 
第25回マウント富士ワークショップ
北海道・ロイトン札幌
http://square.umin.ac.jp/~mtfuji/

H18/8/26~H18/8/27
日本皮膚外科学会 第21回日本皮膚外科学会総会・学術集会
新潟県・新潟市民プラザ
http://hifugeka.m78.com/21kai.html

H18/8/29
日本自律訓練学会 日本自律訓練学会第29回大会
東京都・京王プラザホテル
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsat/JsatConvention29_2.html

H18/8/30
日本交流分析学会 第31回日本交流分析学会学術大会
東京都・京王プラザホテル
(2006年国際サイコセラピー会議インジャパンと共催)
http://www.the-convention.co.jp/06icptj/

H18/8/31~H18/9/1
日本看護学会 第37回日本看護学会ー成人看護Ⅱー
大分県・別府ビーコンプラザ
http://www.nurse.or.jp/

 

-----------------------------------------------------------------
8.今月の編集後記 by 英司
-----------------------------------------------------------------

「科学技術・理科大好きプラン」というものを
ご存知だろうか?文部科学省が平成14年度から
始めているプランだ。

日本は科学技術創造立国を目指すと明言しており,
この実現のための壮大な計画で,私が学生のとき
に実現されていれば・・と思わずににはいられな
いほどの充実ぶり。学生たちがうらやましい。

なるほど,科学技術の発展に力を入れている!と思って
高校の教科書に目をやると,なんだか内容が物足りない。
授業時間数の変更で内容が削られており,生物の教科書
の薄さは世界でトップクラス。カラー印刷にするなど工
夫は見られるが教科書検定の都合上,内容を足すような
工夫は不可能だ。わかりやすくするための解説なども単
元が違うといってはじかれてしまう。
必然的に知識は浅く,狭くなる。

そこでいつもどおりたたかれるのがゆとり教育。学習時間
も量も減らしてけしからん,ということだが,これは以前
の教育は内容が多すぎて詰め込み教育になるからけしから
んということで始まった。

ゆとり教育は失敗だったといわざるを得ないが,以前の教
育を散々たたいて炊きつけておきながら,始めたらまた
たたき,昔に戻せと炊きつけるはあまりにもひどい。

好きになった教科なら,放っておいても勉強する,1度
聞けば覚えてしまう。
ゆとりの時間で教科書に縛られず,自分の好きな学問に
励むよう炊きつけた人はどれくらいいるのだろうか?

文部科学省「科学技術・理科大好きプラン」のページ
http://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/daisuki/main10_a4.htm


それでは今月はこの辺で。

来月号をどうぞお楽しみに!


  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に