トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2007年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.368

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成19年1月30日発行

■ニュースヘッドライン

▽故意に夫に食事あたえず死亡,介護放棄で妻子3人逮捕(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/kaigo_news/20070129ik11.htm

▽鳥取市の小中学校集団嘔吐・下痢775人,給食が原因?(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/OSK200701290045.html

▽果物を見直そう!生活習慣病を予防(産経新聞)
http://www.sankei.co.jp/seikatsu/kenko/070130/knk070130000.htm

▽赤字続きの病院を次々黒字にした病院のカルロス・ゴーン(毎日新聞)
http://tinyurl.com/39olrs

■特集

「米国,児童の首絞め遊びによる死者増加」

記事 written by まさ

 「首を絞める」というショッキングな遊びが米国の児童や
学生をを中心に流行している。手やベルトなどで首を絞め
脳への酸素供給をストップし失神するような感覚を楽しむ
という非常に危険なものだ。

「首絞め遊び防止協会」(Stop the Choking Game
Association)の統計によれば,昨年この遊びで命を落と
した米国の児童・若者は05年から8名増加し,76名だった。

首絞め遊びで事故や死に至るのは10歳前後から17歳位
までの児童や学生が多く,中には0歳や20台後半の例も
報告されている。昨年報告件数が最も多かった年齢は
13歳だった。

米国以外の国ではカナダやイギリスなど複数の地域から
首絞め遊びによる被害者の数が報告されているが,米国に
次いで2番目に多かったカナダの死者数は5名で,米国の
死者数が統計の中で異常に突出していることがわかる。

日本でも子供の間で同じような遊びが古くから存在し,
失神ゲームや気絶ゲームなどと呼ばれ過去に事故や
事件として報告されているケースもあるようだ。

 

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

      2倍大で正中に分解できる喉頭模型で,喉頭
       舌骨,気管甲状軟骨などを見ることができます。
       又,甲状腺(2分解),筋肉(2分解)も取り外し
       可能です。

      喉頭,2倍大・7分解デラックスモデル
       http://www.3bs.jp/model/larynx/g21.htm
      

 

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 1月30日(火) 19:54~20:54 テレビ朝日


最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学 

     ・やせの大食いの彼女の体にじわじわと
       進行していく恐ろしい病とは?
       運転中に突然目が閉じてしまう中高年に
       多い病気の正体は?

 

▽明日 1月31日(水) 20:00~20:30 NHK教育


ハートをつなごう 「発達障害・学校」 

     ・来年度から本格的にスタートする特別支援教育。
       専門的な知識を持たない学校の不安も多い中,
       発達障害の子を普通学級で支える愛知県の
       小学校をモデルケースに,学校運営のヒントを探る。
              
      

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2500名の方々が読んでいるメールマガジンです。
^^^^^^^^

特に医院・診療所を開設されている方や,今後開設予定の
方々には必見,小野本先生(社労士)に,労務のトラブル
解決方法を詳しく解説していただく他,新潟大学名誉教授,
解剖学者の藤田先生による格調高く,面白いコラムが目玉の
月一回のみ発行のメルマガです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
            (ページの中ほどに登録欄があります)

 

 

■編集部「よろず」ノート written by まさ

週末にショッピングセンターで買い物をしていると
売り場の隅にスーツケースがカラフルに並んでいた。

最後にスーツケースを買ったのは5年以上前で,
最近のものはどうなのだろうと思い少し眺めてみると
TSAロックという私の知らない言葉が目に飛び込んできた。

米国内の空港では航空会社に手荷物を預ける際,荷物を
施錠してはいけない事になっており,仮に施錠したまま
預けた場合にはスーツケースを壊して荷物チェックする
ことになるのだそうです。

(ここで破壊されたスーツケースや荷物の紛失などは一切
保証されません。)

その点,TSAロックなら係員が専用キーを使用して開閉
できるのでスーツケースを施錠したまま預けることが
できるそうです。

これで検査以外は施錠した状態にしておけるし,万が一
施錠したまま預けても壊される恐れがありません。

もう知っている方も多かったかもしれませんが,これから
米国に行く人で知らなかった人にはお勧めだと思います。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に