トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2007年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.380

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成19年2月16日発行

■ニュースヘッドライン

▽パーキンソン病抑えるタンパク質を京大チームが解明(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/OSK200702150100.html

▽子どもの虐待死を防げ!児童福祉司130名増員へ(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/kyousei_news/20070215ik0b.htm

▽医療保険の不払いトラブル増,契約前に確認を(毎日新聞)
http://tinyurl.com/34lnrq

▽地元流通食品の安全性,自治体による認定制度(産経新聞)
http://www.sankei.co.jp/seikatsu/shoku/070215/shk070215000.htm

■特集

「アテニアからプロバイオティクスサプリメント」

記事 written by 英司

化粧品,健康食品の製造販売を行っているアテニア
から,おなかの調子をサポートするサプリメント,
「いきいきビフィズス」が発売された。

アテニアの発表ではこの製品はビフィズス菌・乳酸菌
納豆菌・酪酸菌の4種を含むらしい。
ビフィズス菌は乳酸菌の一種であるが,あえて分けた
乳酸菌の種については公表されていない。

4種の菌と栄養素を複合的に使用することで細菌増殖
に適した腸内環境つくりをサポートするとしている。

単一栄養素のサプリメント人気もひと段落し,このよ
うな体内環境を助ける製品が増えてくるかもしれない。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

      歯・舌・胃・腸・膵臓など,消化に関わる組織
       11枚セットのプレパラートです。

      プレパラート「消化器系」
       http://www.3bs.jp/prepa/human/w13414.htm
      
     

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 2月16日(金) 22:25~22:50 NHK教育


ビジネス未来人
 「患者の目で病院変える」

     ・医師を支援して患者を救う医療サービスを
       実現させたあるベンチャー企業。
       病院に担当者を常駐させ,医師,患者双方の
       声を聞き,24時間体制の訪問診療を行う
       など,地域密着型サービスについて考える。      

 

▽明日 2月17日(土) 21:00~22:54 フジテレビ


サイエンスミステリー 
 「それは運命か奇跡か(5)」

     ・遺伝子,DNAという最新の研究に基づき
       人間の真実を浮き彫りにする第五弾。
       通常の10倍の速度で老化する病気の少女,
       食道と胃がつながっておらず,口で物を食べる
       という行為をしたことがない少女などを特集。
      
    
 
  

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2500名の方々が読んでいるメールマガジンです。
^^^^^^^^

特に医院・診療所を開設されている方や,今後開設予定の
方々には必見,小野本先生(社労士)に,労務のトラブル
解決方法を詳しく解説していただく他,新潟大学名誉教授,
解剖学者の藤田先生による格調高く,面白いコラムが目玉の
月一回のみ発行のメルマガです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
            (ページの中ほどに登録欄があります)

 

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

先週の続き,ピロリ菌について。

長らくヒトとともに生きてきたピロリ菌。本当に人に仇
をなすのみなのか。それを知るにはピロリ菌の生態に
ついて知る必要がある。

ピロリ菌は胃という強酸性の環境で生き抜いている特殊
な菌だ。この環境で生き抜くため,酸を抑える機構を
もつ。あまりに酸度が強くなるとピロリ菌の出すタンパク
質が引き金となり,胃は炎症を起こし,酸度が低く抑えられ
る。つまりピロリ菌は胃内の酸度を調節できるのである。

この炎症が胃ガンなど,様々な疾患の原因となると考えら
れている。

事実,ピロリ菌感染率が減少とともに胃がん発生率も
減少しており,相関関係があると考えるのが自然だ。

しかし,先週書いたとおり,ヒトとピロリ菌6万年もの
関係の中で,ピロリ菌によって酸性度が下げられる環境
に適した体になっているほうが自然ではないだろうか。

そして,実際それをうかがわせるデータが得られている。

来週に続く。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に