トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2007年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.416

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成19年4月10日発行

■ニュースヘッドライン

▽北アルプス水晶岳ヘリ墜落事故,2名死亡8名重軽傷(朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/update/0410/TKY200704100001.html

▽終末期医療で国が初指針,延命は患者の意志を第一に(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20070410ik02.htm

▽花粉症緩和米の実験継続,商品化は13年度以降か(毎日新聞)
http://tinyurl.com/25wy48

▽脳疾患治療の実力病院調査,脳卒中では29施設が評価AAAに(日経新聞)
http://health.nikkei.co.jp/hranking8/index.cfm?i=2006122403033pn

 

■特集

「最大1169万円の差,自治体病院の平均医師給与」

記事 written by まさ


日本政策投資銀行の調査で自治体病院の医師給与が
算出され,全国平均の年間給与は1598万円だった。
都道府県別では最高の北海道(2301万円)と最低の
奈良県(1132万円)では1169万円の差があった。

調査は日本政策投資銀行が総務省の04年度の地方公営
企業年鑑をもとに全国の自治体病院の経営状態について
調べたもの。

西日本や東京などの都市部では平均給与の低い地域が多い。
平均給与上位の都道府県と比べ,比較的医師数を確保
できている自治体が多いようだ。

一方,平均給与の高い地域は北海道,岩手,宮城など
北日本で,医師不足の傾向の強い地域が多い。

北海道の100床あたりの医師数は全国最低の6.6人。
過疎地域では医師不足から労働条件が厳しく,高給与を
提示しても医師の確保は容易ではないようだ。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

      気管切開に関する看護,尿道カテーテル法(男女)
       胃管の挿入,浣腸, 大腿部と殿部の筋肉注射と
       皮下注射,泉門の触診などの実習ができる乳児
       モデルです。リアルな皮膚,内臓付き。

            
       日本人顔乳児看護トレーニング用モデル
       http://www.3bs.jp/med/child/p30_40.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 4月10日(火) 22:00~22:54 テレビ東京


ガイアの夜明け
「潜む大火災の危険性,
        下町の住宅密集地再生の物語」

      ・大都市に点在する木造住宅の密集地。
       ここが手付かずの盲点と言われ,大地震
       被害を被る可能性が高いこうした地域の
       再開発に乗り出す人々の姿を追う。

 

▽明日 4月11日(水) 20:00~20:45 NHK総合


ためしてガッテン 
      「知って安心!子宮がん徹底予防術」

      ・子宮がん検診は一般に子宮蓿がんが対象で
       子宮体がんは診ていないというが,この病気で
       年々死者が増加している。子宮がんの発症
       メカニズムと早期発見法を番組で伝える。
      

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2600名の方々が読んでいるメールマガジンです。
^^^^^^^^

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
            (ページの中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by まさ


「信じられない!」
昨夜ニュースを見て驚いた。

そのニュースは山梨県の踏み切りで線路上を
歩いていた1才の女の子の上を電車が通りすぎた
にもかかわらず電車と地面の間24センチの隙間で
奇跡的に助かったというものだ。

報道によれば電車が踏み切りにさしかかる前に
運転士が女の子の存在に気づきブレーキをかけたが
間に合わなかったそうだ。

運転士が慌てて線路に飛び出すと女の子は自分で
よちよち電車の下から這い出てきたというから物凄い話だ。

もし惨事が起きていたら女の子のご家族にとって,
また電車の運転士さんにとっても人生を狂わすような
事件になっていたのではないだろうか。

ニュースの後,父親とビールを飲んでいた私は
「助かって良かった!」と女の子の幸運に乾杯した。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に