トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2007年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.417

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成19年4月11日発行

■ニュースヘッドライン

▽インフルエンザの流行がピーク超す -国立感染研報告-(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200704100344.html

▽09年度の介護保険対象範囲拡大は実施見送りへ(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/kaigo_news/20070411ik03.htm

▽全インド医科学研究所,一つの角膜を3人に移植成功(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20070410ik09.htm

▽薬剤耐性菌が約1割の病院で検出,今後の拡大が懸念(産経新聞)
http://www.sankei.co.jp/seikatsu/kenko/070410/knk070410001.htm

 

■特集

「手術技術の向上と人道問題」

記事 written by キム

献体とは遺族から提供された医療技術向上のため
の人体である。欧米では以前から外科医の手術研
修や医療機器の開発に利用されているが,日本で
は主に医学生の解剖実習に使われる程度である。

日本では,実際の手術の現場で,技術を身につけ
ているのが実情であり,最初から高度な技術を備
えている医師は少ない。未熟さから患者を死亡
させている事故も起きている。

医療事故を防ぐために,コンピューターによる
模擬手術訓練装置が使われているものの,
人体でなければ学べないことも多く,海外へ
研修に行く医師もいる。

医師らはNPO法人「MERI Japan」を設立し,
構造改革特区をつくり献体を使って研修できる
よう提案している。

「MERI Japan」理事長の蜂谷裕道医師は
「ご遺体を医療技術向上の研修に使えるように
なれば医療ミスが減り,国民の利益につながる」と
話されている。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

      気管切開口処置,尿道カテーテル挿入(男女)
       オストミーケア(結腸切開術)などができる,
       看護シミュレーターの世界的ベストセラーです。
       丈夫で水に強いプラスチック製で可動性豊かです。

            
       デラックス看護用シミュレータ,内臓付
       http://www.3bs.jp/med/adult/p10.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 4月11日(水) 20:00~20:45 NHK総合


ためしてガッテン 
      「知って安心!子宮がん徹底予防術」

      ・子宮がん検診は一般に子宮蓿がんが対象で
       子宮体がんは診ていないというが,この病気で
       年々死者が増加している。子宮がんの発症
       メカニズムと早期発見法を番組で伝える。

 

▽明日 4月12日(木) 20:00~20:30 NHK教育


福祉ネットワーク
 「この人と福祉を語ろう・マヤマックス」

      ・悩みを抱える若者と対話し,相手の思いを
その場で絵にするライブペインティング画家,
       マヤマックスさん。彼女自身悩みノイローゼに
       なった時期もあるが,見栄を捨て人と関わる
       ことで自分は変えられると若者に伝えている。
      

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2600名の方々が読んでいるメールマガジンです。
^^^^^^^^

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
            (ページの中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by キム


みなさん,こんにちは,キムです。
キムは先日,眼球をやってしまいました。
凶器はコンタクトレンズです。

コンタクト(特にソフトレンズですが)を外すとき,
眼球には細かいキズがいっぱい出来るんだそうです。
キムは運悪くそのキズが同じところに出来てしまい,
ひとつの大きなキズになってしまったのであります。

これが痛いのなんのって,どれくらい痛いかっていったら
キムが知ってる言葉では表現できませぬ。ゴメンナサイ。

キムと同じようにコンタクトを使っている人は多いはず。
みなさんも,気をつけてね。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に