トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2007年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.419

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成19年4月13日発行

■ニュースヘッドライン

▽高齢者人口の伸びで療養病床数15万床以上の存続不可避(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200704130023.html

▽50代女性の孫代理出産を以前にも試み,妊娠せず(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20070412ik0c.htm

▽赤ちゃんポスト設置工事開始,5月半ばにもスタートか(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007041201000128.html

▽「やせ過ぎ」は骨折しやすく死亡リスクも倍増(毎日新聞)
http://tinyurl.com/ytolpg

 

■特集

「薬物による網膜再生治療の可能性」

記事 written by 英司

理化学研究所と京都大学は薬物による網膜の再生促進に
成功したことを発表した。

網膜は中枢神経の一部であり,再生が困難な組織の一つ
である。網膜中のグリア細胞が神経細胞に分化すること
は明らかにされていたが,網膜の機能を回復させるほど
ではなく,再生促進の技術が模索されていた。

今回の研究では,再生時にWnt3aを投与すると分裂細胞
が増加,Wntシグナルを抑制するDkk-1タンパク質を投与
すると再生も抑制されることを明らかにした。

このことからWntシグナルを活性化する化合物は,網膜再生
治療の薬となり得ることが示唆された。
幹細胞にも頼らない,薬物による再生治療ということで,
倫理的問題もクリアーでき,実用化に大いに期待したい。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

      網膜の構造を2種類の倍率で表現したモデルで
       脈絡膜・強膜の一部・網膜の拡大像は前面左側に,
       網膜における複雑な情報伝達回路の模式図を
       左側面に示しています。
       又,前面右側では光受容体の構造を拡大表示。

            
       網膜の組織構造モデル
       http://www.3bs.jp/model/micro/f16.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 4月13日(金) 18:55~20:48 TBSテレビ


激録!空飛ぶERドクターヘリ
命を救え衝撃救命スペシャル!! 

      ・最新の救命設備と医師を乗せて現場へ飛ぶ
ドクターヘリ。山間部や島などへき地へ向かい
       到着と同時に治療をするので死亡者数や
       後遺症を残す患者が激減。このヘリの誕生
       秘話と懸命な医師たちの姿を追う。

 

▽明日 4月14日(土) 22:00~22:30 NHK総合


(新番組)解体新ショー 
「鳥肌の神秘 17世紀からの難問」

      ・人体に関する様々な疑問にあらゆる角度から
       迫り,人類進化のメカニズムを解き明かす。
       寒くないのに鳥肌が立つ理由や,左右に耳栓
       しても聞こえる雑音の正体を解明。
      

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2600名の方々が読んでいるメールマガジンです。
^^^^^^^^

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
            (ページの中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司


認知科学を勉強している,,とはとても言えるものではない
が,簡単な文献・書籍を調べてみるとこれがなかなか面白い。
目を通すのはユーザー工学関連なのだがいろいろ考えさせ
られる。

外食に行ったときのこと,店員を呼ぶボタンを押しても
どうも押した反応がない。おや?っと思ってよく見ると,
ボタンとして機能するのは平面の形状をした本体の中心だけ
で,どうもずれた場所を押していたようだ。
通常“押す”という行為は“周囲より飛び出ているもの”
に対する行動なので,平面な本体を前にどこを押せばよい
のか,体が認識できなかったわけだ。

生まれたときはもちろんボタンなど知らないので,
行動はなんと経験と記憶に縛られているのか,と痛感する。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に