トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2007年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.440

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成19年5月21日発行

■ニュースヘッドライン

▽タミフル3日連続服用で異常行動繰り返す事例も報告(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200705200152.html

▽国内初,4歳女児に肝臓と腎臓の同時移植を実施(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200705190171.html

▽有病率と死亡率が高いCOPDの現状と今後の課題(週刊医学界新聞)
http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2007dir/n2732dir/n2732_03.htm

▽髪は毎日洗う方がいい?脱毛と海藻の関係は?(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/kyousei_news/20070520ik03.htm

■特集

「究極の身体」

記事 written by T.M

 このタイトルは,身体機能・脳機能を高めるとして注目されて
いる「ゆる体操」を考案した高岡英夫氏の著書名である。
以前に一度通読したが,最近また折に触れて読み返している。

人間の体は,一般に考え又使われている以上の機能を発揮できる
構造になっている。この点を著者の言葉を引用すると,

  “人類が誕生するまでには,進化の過程で魚類や四足動物の段階
を経てきていますので,すべての人の身体の中にはその身体構造が
残っています。その身体構造を利用して,四足動物や魚類の運動と
いうものを具現化することができる肉体こそが「究極の身体」で
あるというのが,私の定義なのです。”

  さて,筆者は歩行に関心があり,足を中心とした重心移動を
テーマにしているが,日本の着物文化が生んだと言われるなんば歩き,
また踵の外側から足の外縁にそって重心が移動していって最後は
拇趾球の側に内転するあおり歩行などいろいろ実践してみた。

最近では,話題にもなっているMBT(マサイ・ベアフット・テクノ
ロジィ)の講習も受け靴を買って実践した。MBTは言わば,あおり
歩行となんば歩きの勧めである。

しかし高岡英夫氏の脛骨直下の「ウナ」重心論は,私には目から
ウロコの思いだった。ウォーキングブームの今日,健康な高齢者を
増やすためにも,本テーマの専門家の活発な議論を望みたい。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

      足根骨,趾骨を伸縮性のあるエラスティックコードで
       つないでいるため,各骨の構造を観察するのに最適な
       モデルです。

      足の骨モデル,頚骨・腓骨付,
エラスティックコードつなぎ,右
       http://www.3bs.jp/model/parts/a31_1r.htm

 

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 5月21日(月) 21:00~21:54 テレビ朝日


たけしのTVタックル
「医師不足で地方の悲鳴(秘)医療難民」

      ・危機的状況の地域医療を切る。昨年8月,
       出産中意識不明となった妊婦が19もの病院を
       たらいまわしにされたあげく死亡する事故が発生。
       原因は「医師不足」。国の対策遅れや患者への
       嫌がらせ「ドクハラ」について,スタジオで激論。

 

▽明日 5月22日(火) 22:00~22:54 テレビ東京


ガイアの夜明け 「働く女性を救え」
「画期的な保育事業に挑む元IT社長」

      ・拝金主義でない真のベンチャーとしてビジネスとして
       取り組む社会起業家の若者と,長年の夢を実現
       すべく起業した団塊世代の第二の人生を特集。

 

■学会展示のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは
今週開催される下記学会に出展いたします。

☆第42回日本理学療法学術大会

 日時:2007年5月24日(木)~26日(土)
  場所:朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター 展示ホール
      ブースNo. 4
      (新潟市万代島6番1号)
     
人間の可動域を再現した新製品骨格模型,可動性改良型
骨格モデル:A15/3Sを展示する他,頭蓋骨模型,関節模型,
筋付骨格模型を展示します。

日本理学療法学術大会ホームページ
  http://www.jpta42.com/

又,同日開催の下記学会にも出展いたします。

★第80回日本整形外科学会学術大会

 日時:2007年 5月24日(木)~27日(日)
  場所:神戸国際展示場 3号館1階 
ブース : B3-11
      (兵庫県神戸市中央区港島中町6-11-1)

こちらでも人間の可動域を再現した新製品骨格模型,可動性
改良型骨格モデル:A15/3Sの他,定番の頭蓋骨模型,関節模型,
筋付骨格模型を展示します。

この機会に是非,製品を実際に手にとって精度や感触を
お確かめください。

日本整形外科学会ホームページ
  http://www.joa.or.jp/jp/index.asp

皆様のお越しを是非,お待ち申しあげております!!

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2600名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by T.M

「味噌汁ってスープだったのね」

今回ドイツから,ISOの内部監査で2人来日した。
あまり滞在時間に余裕がなかったもので,昼食にうなぎを
食べに行く予定を変更して,近くの食品スーパーでうなぎ
弁当を買ってきた。

ついでに野菜サラダとインスタント味噌汁を用意した。
何べんも来日しており,そのたびに食事を共にしているのだ
が,今回改めて気がついたことがある。彼らはまずサラダを
食べ始めた。サラダを終えるまで弁当には手をつけない。

つぎに味噌汁を飲み始めた。やはり弁当には手をつけず味
噌汁を飲み終えた。そして,漸く弁当を食べ始めたのである。

初め不覚にも何でなどと思ったが,はたと気がついた。
洋食では,スープとメインデッシュは同時には出てこないのだと。

英語で味噌スープなどと紹介しておきながら,味噌汁をすすり
弁当をほおばっていた日本人の私でした。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に