トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2007年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.449

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成19年6月1日発行

■ニュースヘッドライン

▽両親の「禁煙」効果で乳児突然死が大幅減に(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/NGY200705310004.html

▽生物テロ防ぐ改正感染症法が本日より施行,懸念も多少(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20070531ik10.htm

▽国内医薬市場,昨年度は薬価ベースで0.5%減の7.7兆円(薬事日報)
http://tinyurl.com/2gclb4

▽死ぬ危険が喫煙で倍増,男性1.6倍,女性1.9倍高くなる(毎日新聞)
http://tinyurl.com/2gr7pl

■特集

「60歳女性が体外受精で双子を出産」

記事 written by 英司

アメリカで60歳の女性が双子を出産,その事実
をテレビに出演して公表した。
アメリカにおける双子出産の最高齢記録を更新
したことになる。

女性には33歳の息子,29歳の娘,6歳の息子が
おり,6歳の子と歳の近い子供が欲しいとの思い
から体外受精を受けた。夫も養子より体外受精を
希望したらしい。

出産した女性はこれからの新しい事態に備える
必要があり,今までの母親の概念は覆すべきだ
としている。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

      正中矢状断された右半側の大脳葉は
       中枢ごとにわかりやすく色分けされ,
       左半球には中心前回と中心後回,
       ブローカ中枢とウェルニッケ中枢,
       ヘシュル回脳室などが表示されています。
      

      脳,8分解神経学モデル
       http://www.3bs.jp/model/brain/c22.htm

 

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 6月1日(金) 22:00~23:30 NHK総合


プレミアム10 
「地球に出会う旅・体感!これがエコツアーだ」

      ・世界からよりすぐりのエコツアーを一挙紹介。
熱帯・密林の生き物たちや大氷河など
       地球環境を知り,動物達を守る旅に出かける。 

 

▽明日 6月2日(土) 22:00~22:30 NHK総合


解体新ショー
「なぜ女性は男の指に魅せられるのか?」

      ・女性は,男性の顔の次に指に目がいくという。
       実は男性の指の長さはあるものと関わっている
       ことが論文でも発表されている。又,双子の
       兄弟でも異なる「指紋」は何のためにあるのか。     
    

■本日の一冊

本日ご紹介する本は,こちらです!

ステップビヨンドレジデント 2
救急で必ず出合う疾患編 (単行本)
林 寛之 (著)
    ↓
http://tinyurl.com/2wob3q

救急でよく見る市中肺炎,虫垂炎,脳卒中など各疾患ごとに
良くまとめられた第二巻で,診療や指導にも役立ちます。
救急が専門でなくても楽しく読み終えることができる一冊です。

 

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2700名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

5/18以来,2週間ぶりとなるが,以前の脳の関連で,
脳や神経の発達というとどうしても哺乳類に目が行くが,
昆虫の神経も面白い。

小さいながら昆虫にも脳があり,中心に太い神経が
走っている。この太い神経は腹側に通っており,
脊椎動物とは反対である。大事な神経が甲殻が薄く
柔らかい腹側にあるわけだ。

また,脳の神経節は抑制,それ以下の食道下神経節は
促進に働いていると考えられている。

カマキリのオスはメスに食べられてしまうのは有名だ。
そしてここで見事なメカニズムが働く。

カマキリのオスは交尾中にメスに頭を食べられてしまうと,
食道下神経が優位になるので交尾行動は激しくなる。

まさに哺乳類では成し得ないシステム。
体の一部を失ってもすぐには絶命しない昆虫の体の
構造があってこそ成り立つ。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に