トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2007年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.454

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成19年6月8日発行

■ニュースヘッドライン

▽大学がはしか予防対策に躍起,教育実習にも影響(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200706080023.html

▽コムスン,障害者福祉サービス事業でも不正(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/kyousei_news/20070608ik03.htm

▽子宮頚がんを自宅で検査,綿棒で組織取り郵送するだけ(毎日新聞)
http://tinyurl.com/2h4p4u

▽論壇 「自立する75歳」を目標とした長期構想(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/kaigo/roujin/20070605ik15.htm

■特集

「ゲーム機でツボの学習」

記事 written by 英司

ゲーム機での脳トレーニングは定着したようだが,
ブームは終わった。そこで次の市場を求め眼のトレー
ニングなど新しいソフトが出てきた。その中でも一際
目を引くのが,ツボを教えてくれるゲームソフト。

日本指圧医師会監修で,体の不調の原因ごとに効果
的なつぼを教えてくれると,内容は本格的。
またツボには押し方に決まりがあるが,これも
収録された動画で確認することができる。
8月30日発売予定でまだ時間があるが,ツボの学習に
興味のあるかたはチェックしてみてはいかがだろうか。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

      経路・経穴がマーキングされた経路・経穴人形です。
      高さ27cm。
      
       ツボ健志(タケシ)
       品番 CT103 価格 3,100円
       (この商品はネットでは紹介しておりません)

 

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 6月8日(金) 21:00~22:52 フジテレビ


金曜プレステージ
「最強ドクターが救った命と家族の絆スペシャル~
最先端医療の奇跡と感動ドキュメント3」

      ・病に苦しむ人々が自らの意思で治療法を選択,
       家族のきずなに支えられて再起を果たすまでを
       伝える。脳動脈瘤クリッピング手術や心臓
       カテーテル治療,現代人の悩みである痛みを
       なくすペインクリニック最前線など。 

 

▽明日 6月9日(土) 19:57~20:54 日本テレビ


世界一受けたい授業!! 
     「大反響(秘)恐怖で脳活性アハ体験」

      ・脳の前頭葉にある「共感回路」は人の感情を
       読み取って共感する部分。この働きが男女では
       大きく異なることを脳科学者の茂木健一郎氏が
       解き明かす。 
       他,日本の地下にある知られざる施設を紹介。   
    

 

■学会展示のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは
明日から開催される下記学会に出展いたします。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第25回日本顎咬合学会学術大会25周年記念大会

 日時:2007年 6月9日(土)~10日(日)
  場所:東京国際フォーラム 地下2階 展示ホール(1) 
ブースNo.: 52
      (東京都千代田区丸の内3-5-1)

新製品E20「鼻腔と副鼻腔の構造, 5分解モデル」をはじめ,
人気のD26「歯と歯茎の疾患モデル」や頭蓋骨模型を展示します。

日本顎咬合学会ホームページ
  http://www.ago.ac/

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2700名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

先週カマキリの話を出したので,昆虫のお話を。

一般に人気のある昆虫はカマキリなどではなく,
カブトムシやクワガタだ。なかでも大きいものは
人気が高く,非常に高値で取引される。しかし,大きい
といっても片手でつかめる程度。ナナフシなどは非常に
長いものもいるが,長さだけで体重は軽い。

体を大きくして捕食の危険性を避けるような進化をする
ものがあっても良かったはずだが,なぜしなかったのか。
これはしなかったというより,できなかったのだ。

彼らの骨格は外骨格で,体を包む殻が骨格である。
そのためからだの体積に対して骨格の重量が重い。
体が大きくなるごとに骨格は対数的に重くなる。

試算では,60cmを超えると自分の重みでつぶれ
動けなくなってしまうそうだ。

どんなに大きくとも,動けないカブトムシでは
魅力はないだろう。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に