トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2007年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.472

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成19年7月4日発行

■ニュースヘッドライン

▽アルツハイマー兆候解明へ国際共同研究,国内25施設も(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200707030512.html

▽政府,来年度より再生医療研究拠点づくりへ,角膜再生等(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200707030495.html

▽肝炎検診進まず,導入2都県のみ,自治体財政難が要因(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20070703ik09.htm

▽公的医療保険制度「メタボ予防」,保険料負担軽減目標(産経新聞)
http://www.sankei.co.jp/seikatsu/kenko/070703/knk070703002.htm

 

--------------------------------------------------------------

▼ スリービーからのお知らせ ▼

2007年8月1日より人体模型の価格改定を行います。

詳しい内容は,こちらからご確認ください。
http://www.3bs.jp/news/index.htm#d2007_6_29

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「飲酒量と健康」

記事 written by Jenny

適度の飲酒は,心疾患,けが,死亡率の軽減と
なんらかの関連があるといわれており,米国国勢
調査局・疾病対策予防センターでは,31,000人
以上もの成人男女にのデータをもとに,お酒を飲む
人が自分たちの健康についてどのように考えているか
調査を行ないました。

この調査では,“適度の飲酒“とは男性の場合1週間に
4~14杯,女性の場合1週間に4~7杯と定義。
アルコールの消費量・健康行動・慢性の健康障害に
関する質問が行なわれました。

その結果,適度の飲酒をしている男性は禁酒もしくは
ほとんど飲まない人と比べて1.27倍,女性は禁酒を
している人と比べて2倍以上も,健康的と報告され
ました。

この結果,適度の飲酒をしている人は,禁酒をしている人
・あまりお酒を飲まない人・酒量が多い人と比べて標準
以上の健康を保っているようです。また,この研究者に
よると,適度の飲酒は必ずしも危険ではなく,むしろ
健康にはいい場合もあり,動脈硬化といった心疾患や,
脳梗塞を防ぐ手助けをしてくれる可能性もあるとのことです。

ただし,深酒や過度の飲酒となると健康にはよくないので,
やはり飲酒をする場合は“ほどほど”がお勧めのようです。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

    ほろ酔い状態も泥酔状態も体験できる酒酔い
ゴーグルセットです。体感することで,飲酒運転が
     どれだけ危険なものかを記憶にしっかりと刻みつけ,
     酔ったときにも自制心を呼び起こしてくれます。

    飲酒状態体験ゴーグル,スターターセット
http://www.3bs.jp/med/drunk/w33200.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 7月4日(水) 20:00~20:30 NHK教育


  ハートをつなごう 「性同一性障害」

      ・自分も当事者かもしれない,という視聴者からの
       反響を受け,性同一性障害という枠に収まりきれ
       ない人間の性の多様性について番組で語り合う。  
      

 

▽明日 7月5日(木) 23:00~23:30 NHK総合


  ドキュメントにっぽんの現場 
「新生児集中治療室60日・
幼い命と向き合う家族・育つきずな」

      ・僅か500グラムで生まれた赤ちゃんや,生まれつき
       重い病気を持つ乳児,仮死状態で生まれ,人工
       呼吸器につながれたまま,寝たきりの子などがおり,
       医療の発達が生み出した新たな形の葛藤の中,
       医師,看護師が奮闘する姿を追う。  

      
■本日の一冊

本日ご紹介する本は,こちらです!

まんが経穴入門―ツボの名前の由来,作用,主治がよくわかる (単行本)
周 春才 (著), 土屋 憲明 (翻訳)

http://tinyurl.com/2exo6s

恐るべし,まんがと侮るなかれ。
12経絡別に経穴の作用や主治を楽しくわかりやすく解説,
経穴の由来と併せて覚えやすい一冊です。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2700名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by Jenny

「ドッジボール大会」

二男(小学校4年生)の学年行事で,もうすぐ
ドッジボール大会があります。
去年は,私がほとんどボールを触ることもなく
活躍できなかったので,二男もかなりしょげていました。
そこで今回二男は,
「ママにボールパスしてあげようか?」
とやさしく言ってくれました。
が,本当にボールがきたらどうしよう~?
と戸惑いを隠せない私です。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に