トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2007年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.475

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成19年7月9日発行

■ニュースヘッドライン

▽赤ちゃんポストに4人目,今度は新生児女児(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/SEB200707060036.html

▽変死者死因特定の解剖予算,都道府県で甚だしい格差が(読売新聞)
http://tinyurl.com/3xsnt7

▽初の国産エイズワクチン開発か,3年後の治験目標に(読売新聞)
http://tinyurl.com/ytu27l

▽実践的EBMセンスの身につけ方を考える(週刊医学界新聞)
http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2007dir/n2739dir/n2739_02.htm

 

--------------------------------------------------------------

▼ スリービーからのお知らせ ▼

2007年8月1日より人体模型の価格改定を行います。

詳しい内容は,こちらからご確認ください。
http://www.3bs.jp/news/index.htm#d2007_6_29

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「医療機関倒産動向,01年以降で今年が最多ペース」

記事 written by 品

帝国データバンクが2001年から2007年5月までの
医療機関(病院・診療所・歯科医院)の倒産動向に
ついて調査を行った。

同期間の倒産数は合計190件。内訳は,
病院=45件,診療所=84件,歯科医院=61件。

倒産の主因としては上位から順に,
「診療報酬の減少」28.9%,
「放漫経営」20.5%,
「設備投資の失敗」11.6%,などが挙げられた。

今年は5月までの段階ですでに28件の倒産が見られ,
2001年以降では最多のペースとなっている。

一方,厚生労働省の報告では,2001年から2005年までの
期間中,病院は213施設減少しているものの(倒産以外
も含む),診療所は3423施設,歯科医院は2435施設
それぞれ増加しており,競争は激化しているため,
医療機関の倒産は今後さらに増加していくことが予想
される。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

    耳介の交換可能が可能な耳鏡練習器材です。
     耳介は柔らかく,実際の患者を診察する時と同様の
     感触を得られます。耳鏡を挿入すると,鼓膜上に
     プリントされた耳内部の画像を確認できます。
     模擬耳垢付き。(耳鏡は付いていません)

    耳鏡シミュレータ
     http://www.3bs.jp/med/exam/w44122.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 7月9日(月) 22:00~22:54 日本テレビ


夏ドキュ! 「神の左手・奇跡の天才ドクター」


      ・心臓カテーテル治療の名手,延吉正清さんや,
       人工ひざ関節手術の名人,龍順之助さんなど
       優れた技術を持つ医師たちを紹介。
       加藤浩次さんが模型を使い,カテーテル挿入に
       挑戦する。 
      

 

▽明日 7月10日(火) 20:00~21:54 テレビ朝日


  最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学
      「しみ・しわ・たるみお肌の悩み一挙解決!
       美容医学スペシャル」 

      ・アンチエイジング医学のうち,しみ,しわ,
       たるみを医学的に解決する「美容医学」を特集。
       染みやしわなどを切らずに取る最新美容医療や
       従来の化粧の常識を覆すミラクルメークとは。  
       特に女性の方々必見です。

 

■おすすめメールマガジン

1975年に発行された「暮しの赤信号」は,毎号10何万部も
発行され,学校や家庭でベストセラーになりました。
その発行人で,『脱コンビニ食!』(平凡社新書)の著者
でもある食生態学者の山田博士が発行するマガジン。
読者から「人生が変わりました!」という声が続々と。

~毎日3分!食卓の事件簿~
日刊メールマガジン「暮しの赤信号」   
【「まぐまぐ殿堂入り」マガジン】

★メールマガジン登録はこちらから 

http://www.mag2.com/m/0000141214.html

日頃何気なく口にしている食べ物ですが,
どこで作られてどのような過程を経てくるのだろう?
など,様々なことを考えさせてくれます。
”食”の基本に迫るお勧めのメルマガです。
(編集部)

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2700名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 品

私の町でも,唯一の総合病院が危機を迎えているようだ。

高齢化で,病院が必要な人は増えているのに,
医師と看護師が不足し,患者さんへのケアが
思うように行えない。今では,病室を1フロア分
閉鎖せざるを得ない状況で,収入の減少はさらに
悪循環を生んでいることだろう。

もしこのまま閉院となってしまったら・・・,
わずかなバスが走るだけの町に住む者としては
心配でならない。(新潟市ではありません。)

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に