トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2007年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.481

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成19年7月18日発行

■ニュースヘッドライン

▽厚労相,9都県から24医療チーム派遣,新潟県中越沖地震(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007071701000233.html

▽年金記録確認地方第三者委員会への申し立て受付開始(読売新聞)
http://tinyurl.com/ywlb5k

▽乳幼児パンツ型浮輪の転覆事故,小児救急医学会でも報告(産経新聞)
http://www.sankei.co.jp/kyouiku/kosodate/070717/ksd070717000.htm

▽アジアでの医療材料価格は日本が一番高い現実(薬事日報)
http://www.yakuji.co.jp/entry3756.html

--------------------------------------------------------------

▼ スリービーからのお知らせ ▼

2007年8月1日より人体模型の価格改定を行います。

詳しい内容は,こちらからご確認ください。
http://www.3bs.jp/news/index.htm#d2007_6_29

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「子どもの肥満と嫌がらせ」

記事 written by Jenny

ハワイ大学マノア校とエール大学の研究者によると,
子どもの肥満の増加に伴い,肥満児に対する嫌がらせも
増えていることがわかりました。

拒絶やからかい,いじめなど,太っていることが原因で
様々な嫌がらせをうけている子どもは,肥満でない子どもと
比べて2-3倍も多く自殺の考えを持つそうです。更に,
高血圧や摂食障害といった健康面での問題も伴います。

驚いたことに,嫌がらせや中傷をするのは,クラスメートや
友人だけではなく,親や学校の先生も含まれるとのこと。
早ければ3歳頃からこのような嫌がらせが始まり,収まることは
なく更なる広がりをみせているのが実情のようです。

2010年には北アメリカの子ども達の約半分,欧州地域では38%
もの子ども達が肥満になるとも言われています。肥満を防止
することはもちろんですが,肥満の子ども達を様々な嫌がらせ
から守っていく必要もあるのではないでしょうか。

肥満に対する偏見や嫌がらせがなくなる社会のあり方が望まれます。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

    医学チャート 高血圧
     http://www.3bs.jp/chart/wallchart/vr7361a.htm

    その他,多数の医学チャートを取り揃えております。
     http://www.3bs.jp/chart/wallchart/index.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 7月18日(水) 20:00~20:45 NHK総合


  ためしてガッテン
「あなたを襲うリウマチ患者数
100万人の真相神経痛?の誤解」

      ・リウマチはお年寄りの病気ではなく,実は
30代から40代の働き盛りの発症が最も多く,
初期症状を見逃すと治らないという。その
早期発見方法や,破壊された骨組織を復元
する新薬など紹介。
      

 

▽明日 7月19日(木) 20:00~20:30 NHK教育


  福祉ネットワーク 
「公開すこやか長寿・ひざの痛みを防ぐ」

      ・股関節のゆるみや太もも筋肉のアンバランス
から外側や内側からひざ関節に負担がかかる。
       リハビリ医学や動作学の立場から関節の仕組みや
       筋肉の働きを解説,ひざの痛みを防ぐ方法を考える。

 

■本日の一冊

本日ご紹介する本は,こちらです!

ホメオパシー的予防 新装版―
ホメオパシーで子どもの病気と感染症を安全に予防する (単行本)
由井 寅子 (著)

http://tinyurl.com/2vgtcx

「はしか問題」が世間をさわがせていますが,この本では
子どものかかる病気には,子どものときにかかった方がいい,
といったことを,主張しています。
ホメオパシー的予防の理論と実践の一冊です。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2700名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by Jenny

「地震が・・・」

3連休最後のお休みだった月曜日の午前中。
長男は部活,二男は別室で昼寝中だったので,
ひとり静かにインターネットを見ているといきなり

「グラ・・・グラグラグラ・・・・」

地の底から揺れを感じ,それが1分以上も続きました。

「じ・地震だ~!」

と気づいた私は,とりあえず落ち着かなくちゃと
揺れが収まるのを待っていました。

別室で昼寝をしていた二男を起こしにいきましたが,
ゆすっても起きずに熟睡続行。ようやく起こして
地震のことを伝えても,何がなんだかわからない様子でした。
あんなに揺れたのに,よく寝てられたな~と感心してしまい
ました。

長男は,地震が起こった時は中学のグランドで練習中。
走っている最中だったそうで,揺れでコケてしまった
お友達もいたそうです。早々に練習を切り上げ,
予定より早く家に帰ってきました。

震度5くらいはあったように感じた今回の地震ですが,
私の住んでいる辺りは震度4でした。棚から物が落ちることも,
けがも何もなく幸いでした。しばらくは余震に注意しなければ
なりませんが,とにかく無事だったことに感謝です。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に