トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2007年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.483

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成19年7月20日発行

■ニュースヘッドライン

▽日本脳炎予防ポスターの電子データ全国配布,蚊に注意(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200707190424.html

▽災害時要援護者名簿,中越沖地震時に結局役立たず(読売新聞)
http://tinyurl.com/27cxqb

▽医療ヒヤリハット,昨年20万件近くも,7割以上が看護師(読売新聞)
http://tinyurl.com/2h4bk4

▽医療安全コスト,保険薬局処方箋1枚あたり183円(薬事日報)
http://tinyurl.com/2zlygw

 

--------------------------------------------------------------

▼ スリービーからのお知らせ ▼

2007年8月1日より人体模型の価格改定を行います。

詳しい内容は,こちらからご確認ください。
http://www.3bs.jp/news/index.htm#d2007_6_29

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「一部の胸部CT撮影で女性・若者に癌の危険性」

記事 written by 英司

CTによる冠動脈造影で,女性や若者の癌のリスク
が高まることが,米国の医師学会誌
“Journal of the American Medical Association”の
2007年7月18日号で報告された。

これによると,最もリスクが低かったのが高齢の男性,
最も高かったのが若い女性で,それぞれを比較すると
80歳男性で3261人に1人の確率,
20歳女性で143人に1人の確率であった。
また同年代の男女で比較すると
60歳男性で1911人に1人に対して,
60歳女性で715人に1人と,やはり女性のリスクが高い
と報告された。

この確率は被爆量に左右されるため,同時に大動脈の
映像なども撮ればさらにリスクは高まり,逆に被爆量
を減らすようにするとリスクは低くなる。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

    透明な胸部のX線撮影用ファントム。
     肋骨・胸椎・胸骨・肩甲骨・鎖骨には人工骨を使用。
     骨を包む素材には透明な樹脂を使用,生体組織と
     ほぼ同等な吸収と二次電子放出特性を持っています。
    

    胸部撮影用人体ファントム,透明(人工骨)
     http://www.3bs.jp/phantom/w39706c.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 7月20日(金) 19:00~19:54 テレビ東京


  ペット大集合!ポチたま

      ・耳を帽子でかくすとスイッチが入ったように
固まって動かなくなる犬など,ペットたちの
風変わりな行動の理由を専門家が解説。又,
北海道紋別市にある女性スタッフだけで運営
されているアザラシの保養施設での彼女たちの
奮闘ぶりを取材。
      

 

▽明日 7月21日(土) 19:57~20:54 日本テレビ


  世界一受けたい授業!! 

      ・日本人の肥満増加の原因には倹約遺伝子が
       かかわっているという。恐怖の肥満細胞の
謎を解明する他,13分に1種の生物絶滅など,
       世界を見る目が変わる50の事実を披露。

 

■本日の一冊

本日ご紹介する本は,こちらです!

これで納得 胸部X線写真読影―基礎から救急まで (単行本)
千田 金吾 (編集)

http://tinyurl.com/36x9x8

正常像を規定するための基準を明確に提示,陰影パターンからの
鑑別手順などを解説。初心者だけでなく,読影能力が求められる
中堅技師の方々も参考になる一冊でしょう。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2700名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

蚕の話。

蚕が脱皮を繰り返し,5例幼虫ほどになると
糸を吐きだす。正真正銘のシルク。

当時,どうやらうちわが作れるらしいと聞いていた
ので早速試してみた。用意するのは紙を剥がし骨だけ
にしたうちわ。

この上に蚕を置くと足場を整えようと,せっせと糸を
張り巡らす。うちわの根元は安定しやすいので蚕は根元
に集まりがち。少々かわいそうだが,これをまた尖端に
やり,なるべくムラなく糸を張らせる。
一つのうちわに3匹ほど蚕をのせて製作に当たった。

この時,うちわを作らせている横で,飼育箱に残した蚕は
足場を作り一足早く繭を完成。どうやら,うちわ作りに
いそしんでいる蚕たちも,足場さえ固まれば繭を作れる
ようだ。そこで疑問が,
蚕はいつまで糸を吐き続けられるのだろうか?

繭を作れずに死んでしまうのではさすがにかわいそうだ。
(この時は結局わからずうちわ完成後,繭作りにうつらせた)

調べてみるとなんと,一匹の蚕で約1500mもの糸を作り
出せる。3匹のせていたので,4kmの糸は十分とれる。
糸さえ切れなければ富士山だって登れる長さだ。

次回ももう少し蚕の話を。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に