トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2007年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.484

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成19年7月23日発行

■ニュースヘッドライン

▽デング熱感染,インドネシア中心に東南アジアで大流行(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200707200527.html

▽喘息など持病を抱えるお年寄り達の苦しみ,中越沖地震(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070723it01.htm?from=top

▽フィリピンでの腎移植,国際学会が注意喚起(毎日新聞)
http://tinyurl.com/2ufw29

▽看護管理者に必要な能力とは,アメリカの事例(週刊医学界新聞)
http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2007dir/n2741dir/n2741_03.htm

 

--------------------------------------------------------------

▼ スリービーからのお知らせ ▼

2007年8月1日より人体模型の価格改定を行います。

詳しい内容は,こちらからご確認ください。
http://www.3bs.jp/news/index.htm#d2007_6_29

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「新潟県中越沖地震とエコノミー症候群」

記事 written by T.M

地震の発生から3日目の7月18日,新潟大学医学部などによる,
「エコノミークラス症候群対策合同医療チーム」が柏崎市の
現地にはいり,4ヵ所の避難所をまわり検診した。その結果,
地震後静脈に血栓が出来たと認められる事例が70歳代の女性に
確認されたという。

正式には急性肺血栓塞栓症といい,旅行者血栓症ともいわれる
静脈血栓による病気である。3年前の中越地震でも,自家用車
で寝泊りが続いた被災者に,多くその症状がみられた。

新潟県では被災者に,ふくらはぎの筋肉を使うことにより静脈血
の還流を促し,血栓予防になる「かかとの上げ下ろし運動」や
「定期的な水分補給」を呼びかけている。

しかし,水洗トイレの生活に慣れた現代人にとって,水道が
止まっている実情の中で,特に女性はついついトイレの回数を
減らすために水分補給を控えがちになる。

柏崎の避難所でも,災害用のトイレの機能的トラブルがあった
と聞く。
トイレの問題は被災者の精神的ストレスを増すものであり,
今後の対策と備えの徹底が望まれる。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

    全身の血管系の様子がよく分かるレリーフモデル。
     動脈系,静脈系,心臓,肺,腎臓などの内容が
     見られます。
    

    血管系,1/2倍大モデル
     http://www.3bs.jp/model/heart/g30.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 7月23日(月) 19:00~19:54 テレビ東京


  主治医が見つかる診療所
「背が9センチ縮む!骨粗しょう症は防げる」

     ・性ホルモンの分泌が減少するに従って増加
       する骨粗しょう症の予兆や,症状,骨を強く
       する方法などを番組で専門家を招いて解説。
       簡単にできる効果的な体操法なども紹介。
      

 

▽明日 7月24日(火) 19:54~20:54 テレビ朝日


  最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学
      「夏の朝の手のしびれ&寝汗で謎の突然死」 

     ・猛暑が引き起こす恐ろしい病気から身を守る
       方法とは?夜間の頻尿を避けるべく,寝る前に
       水を飲むことを控えたため重大な病を引き
起こした症例などを紹介。

 

■本日の一冊

本日ご紹介する本は,こちらです!

急性肺動脈血栓塞栓症予防・診療マニュアル
―エコノミークラス症候群の予防とその対応
江里 健輔 (著), 松崎 益徳 (著)
  ↓
http://tinyurl.com/3bqfap

災害下だけでなく,近年増えつつある肺塞栓症。
こちらは欧米からの事例報告をまとめた診療マニュアル,
日常診療の参考に役立つでしょう。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2700名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by T.M

柏崎の被災状況を見て

地震発生の翌朝,2リッターの水のペットボトル6本入りの
ケースを38箱車に積んで,柏崎の被災地に入った。

私の実家は昨年の暮れ解体をしており,それでも土蔵が2棟と
高い石塀が残っていた。それらが全壊していて,裏の道路を
塞いでいた。

通行人を巻き込まなかったことが,不幸中の幸いだった。

水のケースを配りながら,近所や知り合いを見舞ったのだが,
家が大丈夫だったお宅でも,中は目も当てられないくらいの
状態で,こんな時人は励ましの言葉をかけるものなのだろうが,
そんな言葉もかけ辛く感じるほど,被災者の疲労と困惑,
生活再建への不安は深い。

裏道とはいえ生活道路を塞がれては,ご近所の迷惑は計り知れず,
市役所に聞いたら自己責任で撤去してくれとのこと。それも
もっともと思わざるを得ないほど,市内全域で1000棟を
超える全壊家屋があるらしい。

八方手を尽くして,漸く職人さんが明日から作業にかかって
くれることになった。

40秒揺れると,生存の条件が激変することを思い知らされた
一週間だった。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に