トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2007年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.494

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成19年8月6日発行

■ニュースヘッドライン

▽病気が起きた臓器にだけ薬をお届け,薬の宅配技術開発(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200708040245.html

▽世界初,成人間で1人のドナーから生体肺移植(読売新聞)
http://tinyurl.com/2s2m3d

▽小児科医不足を考える,新大での取り組みは(週刊医学界新聞)
http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2007dir/n2743dir/n2743_02.htm

▽自殺を口にする人は自殺はしないという偏見,半数が誤解(産経新聞)
http://www.sankei.co.jp/seikatsu/kenko/070804/knk070804000.htm

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「補聴器市場を国内で推進」

記事 written by 岩子

日本の補聴器普及率は欧米に比べて低い。
実にアメリカの半分以下である。

普及率が低いのは機能面への不満や,イメージが悪い
などといった理由も挙げられているが,「難聴」に対する
欧米と日本との制度の違いが大きな壁となっているようだ。

ヨーロッパでは難聴と診断されれば社会保障で補聴器が
無料で交付される。これに対し,日本では「重度の難聴者」
にしか,無料で交付されない。
しかし,これは難聴者全体の約1割程度にすぎないのだ。

補聴器は本来,症状にあわせて販売するものであるが,
販売に公的資格がいらないといった日本独特の事情もある。
このためメーカーや業者らが専門家を交えた研究会を
組織し,販売従事者の資格制度の確立や,対面しない
通信販売などの中止,公的補助の導入等の普及策を
まとめた提案書を今年3月,厚労省に提出した。

高齢化にともない,補聴器の需要も今後増えていくと
思われる。高齢者らが「聞こえにくくても我慢する」
ことがないような,不便を感じさせない社会になってほしい。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

     外耳,中耳,内耳を分かり易く示した耳の
      スタンダード模型です。
      鼓膜と耳小骨,迷路(内耳神経付)を取り外せます。
      蝸牛は2分解でき,内部を見る事ができます。  

     平衡聴覚器,3倍大・4分解モデル,標準型
      http://www.3bs.jp/model/oto/e10.htm 

      
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 8月6日(月) 19:00~19:54 テレビ東京


  主治医が見つかる診療所
      「放置すると寝たきり&突然死も・・・
               生死を分ける心肺蘇生」

     ・日本人では成人の2人に1人は見られる不整脈。
      突然死や脳梗塞につながる危険性が高く,専門医が
      見分け方を徹底解説。又,不整脈患者100人の証言
      から症状の実態が明らかに。
      

 

▽明日 8月7日(火) 19:54~20:54 テレビ朝日


  最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学
      「中高年女性が慢性的な腰痛から突然歩行不能に」

     ・20代の時毎日ハイヒールをはいて出勤,結婚後は
      緩めの靴ばかりはいて過ごしていた女性。腰に重い
      痛みを感じるようになったので,ウォーキングを
      始めたら一時腰痛が収まり体も軽くなったが,毎日
      続けていくうちにまた腰痛がぶりかえし,痛みが
      背中全体に・・・
     

 

■おすすめメールマガジン

ビジネスで成功している人,いつも幸せに生活している人が
  知らないうちに活用している風水のノウハウを知りたくないですか?

  風水師と建築士の目線から見た
        わかりやすい楽しい風水を実践してみませんか?

一級建築士が教える,お金と運を呼ぶビジネス風水! 
【「まぐまぐ殿堂入り」マガジン】

★メールマガジン登録はこちらから 

http://www.mag2.com/m/0000130395.html

無料レポート 『初公開!風水の常識をくつがえす4つのポイント』
        ⇒ http://tanosii.fuusui.biz/

特に豪奢でなくても,不思議ともう一度来たくなるようなうちは
何か工夫を凝らしていますね。人の集まるところに栄えあり。
このメルマガで何かのヒントが得られるでしょう。
(編集部)

 

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
現在,2700名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 岩子

孔子哲学の宝庫の論語。
中学,高校の漢文の授業には必ずといって出てくる題材で,
学而第一から堯曰第二十まで約500以上もの孔子の言葉を
弟子たちがまとめてきたのが論語ですが,ひとつひとつの意義が
奥深く,この紀元前の春秋時代に語りつがれたものが,時空を
超えて今現在にも十分あてはまるのが驚きです。

孔子哲学は厳しい倫理を述べているのではなく,
基本はすべてが「仁」がベースだと言います。
仁とはすなわち「やさしさ」,人を許せる仁の心があるか
どうかで,その人の価値が決まるとまでいいます。
どんなに能力的にすぐれていても,冷酷な心を持っているのでは,
その人の人としての価値がないとまで孔子は厳しく指摘しています。

論語を読み,なるほどと納得し,感動するだけでは論語を体得
したとは言い難く,又,一度や二度実践しただけで持続性がない
というのも本当に体得したとは言い難い。
それを実践し続けてこそ,真に近づくのです。

論語に学ぶ会というのがありますが,会員の皆さんも論語を読み
ながら実践しつづけようと日々努力しています。
でも,まずは,読むことからはじめてみてもいいと思います。
そこで何か「気づき」が得られるでしょう。

論語に学ぶ会ホームページ 「論語解説」
http://rongo.jp/kaisetsu/list.php

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に