トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2007年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.503

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成19年8月24日発行

■ニュースヘッドライン

▽厚労省,女性医師の現場復帰支援で来年度補助金を(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200708240003.html

▽厚労省,培養皮膚の製造販売を認可,再生医療商業化へ(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200708230328.html

▽代理母公募に50代女性含む40人が志願,アンケート実施へ(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20070824it01.htm?from=top

▽学校での食の意識改革,子どもの糖尿病患者は今(毎日新聞)
http://tinyurl.com/2xm72l

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「心のための保健室」

記事 written by 英司

文部科学省は保健室での心のケアに力をいれる方針
を決めた。退職した養護教諭を迎え入れ,保健室の
人員の充実を図る。

同省の調査で,中学では心の問題で保健室を訪れる
生徒は46.9%で,身体の問題の28.8%を上回る。

今までは養護教諭1人で対応してきたが,今回の制度
では退職した養護教諭が現役の教諭を手伝い,
心身ともに十分な対応ができる体制を整えるのが狙い。
 

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっとツボをおさえよう ~プライマリ・ケア~DVD
    
     
      聴診器1本と五感のみで行う「五感診療」で,
      はたしてどこまでできるのか。

     聴診の達人,沢山先生が,心音のリズムが
      「オッカサン」と聞こえたら何音?
      「オトッツアン」と聞こえたら何音? など,
      ユニークな解説を交えて実践的な聴診作法や
      心音診断のポイントを伝授。
              

     Dr.さわやまの心音道場(上巻)
      http://www.3bs.jp/soft/primary-care/w60083.htm
      
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 8月24日(金) 19:00~19:45 NHK教育


  サイエンスZERO
「解明進む!痛みの科学 脳との不思議な関係」
     

     ・病気が治っても痛みだけが残る慢性痛,
      例えば失った手足に痛みが残る幻肢痛など,
      脳に痛みの記憶が刻まれるため痛みが残ると
      言われているが,大脳の感覚野,運動野の
      関わり方や,それに基づく治療法を紐解く。
      

 

▽明日   8月25日(土) 19:00~21:00 NHK教育


  ETVワイドともに生きる
「若い世代の自殺が増加
いじめが引き起こす“抑うつ状態”とは」
     

     ・昨年の小中高・大学生以下の自殺者数は
1978年以来,過去最多。いじめをきっかけに
      自殺を考えた若者や,自殺でわが子を失った親,
      教育現場の試みなど,大人や社会に今何が
      できるのかを番組で考える。
     

 

■本日の一冊

本日ご紹介する本は,こちらです!

アメリカ臨床留学大作戦―USMLE,英語面接を乗り越えた
在米研修医による合格体験記と留学に役立つ情報
岸本 暢将 (著)
      ↓
http://tinyurl.com/ypzz8g

数多くの試験をこなし,米国で研修医をしている著者の経験に
基づく具体的な勉強法や面接に必要な英会話などノウハウ満載。
どのように臨床留学の機会を得たのか,日本での事前準備は
どうするかなども具体的に紹介。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学者のコラムが人気。
現在,2900名の方々が読んでいるメールマガジンです。

本日は月刊メルマガの発行日です。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

前回,クモの糸について書いたが,一つ勘違いしていた
ことが。

クモの出す糸で最も強いのは縦糸だと思っていたのだが,
どうやら移動用に用いるさらに強い糸があるらしい。
横糸より縦糸が強く,そして移動用はさらに強い。
およそ,絹糸の4倍,ナイロン繊維の3倍にもなる。
絹糸は鉄線より強い繊維なのだが,それをはるかに
しのぐ。
巣を作るときは強力な縦糸に粘着性の横糸をわたして
きれいな幾何学模様を作り上げる。

クモが自分の巣にかからずにすむのは縦糸の上に脚をのせ
移動するからだ。
運悪く横糸に触れると自分の糸がついてしまい,自分の糸
といえども外せず,巣を破らないとならない。

美しい幾何学模様のクモの巣が一部破れていたら,それは
クモが誤って横糸を踏んでしまった跡かも知れない。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に