トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2007年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.504

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成19年8月27日発行

■ニュースヘッドライン

▽新しい病気が急速に世界に広がっている - WHO調査(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200708250086.html

▽厚労省,来年度より認知症の全国的規模の調査研究へ(読売新聞)
http://tinyurl.com/yrraun

▽中越沖地震で小中52校へ教育復興加配教員を,心のケア等(毎日新聞)
http://tinyurl.com/2zn4mh

▽看護,医療界の今を見つめ直す,未来への課題(週刊医学界新聞)
http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2007dir/n2745dir/n2745_05.htm

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「終末期医療について」

記事 written by T.M

回復の見込みがなく,死期が目前に迫った患者の医療
については,延命医療の中止を誰がどう判断するかという,
深刻な問題を避けて通れない。

厚労省は今年の4月,射水病院問題で指摘された医師の
独断を防ぐため,患者の意思尊重を盛り込んだ初の指針を
示した。しかし,終末期の定義に踏み込むことなく,手続き
指針に終始した結果,呼吸器外しなど患者の死に直結する
意思決定は,厚労省の指針にそった形で,医療の現場が
独自の院内指針を整備することになった。

今回明らかになった日医大の延命治療中止指針は,
同大倫理委員会がまとめ,今年の4月から付属4病院で
運用を始めていたものである。

日医大の指針が大きく話題になるほど,現場では指針作りと
体制整備が進んでいないということではないだろうか。

それにつけても,無理な延命治療が患者にもたらす惨い
実態を,患者の家族と知識の共有を進めようとする医師の
側の一層の努力が期待される。
 

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっとツボをおさえよう ~プライマリ・ケア~DVD
    
     
      長年,僻地医療の最前線で闘ってきた仲田先生が
      自身の体験から整形外科に必要不可欠な知識と
      技術を,体を張って伝授します。     

     豊富なスライド症例写真,身につく実践的診察法,
      仲田式暗記法など,開業医,勤務医の方だけでなく
      看護師,薬剤師の方々にもヒントを与えるDVDです。     
            

     骨太!Dr.仲田のダイナミック整形外科(上巻)
      http://www.3bs.jp/soft/primary-care/w60066.htm?0827
      
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 8月27日(月) 21:00~21:54 フジテレビ


  ファースト・キス 「さよなら,妹よ」
     

     ・若くして命に関わる病気になり,成功率50%の
      手術を医師から勧められたわがままな妹と,彼女を
      とりまく人々,ダメ兄貴,友人,病院の医師などとの
      交流を描いたドラマ。

     ※ところで,このドラマ内では部屋のインテリアに
       「レガーロ」が使用されています。      

 

▽明日   8月28日(火) 19:54~20:54 テレビ朝日


  最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学
「隠れ便秘で大腸に穴 くさいオナラの恐怖」
     

     ・臭いおならと臭くないおならに隠された病気の
      サインとは?下痢気味で臭いオナラをしょっちゅう
      していた男性は,ある時を境に便秘と腹痛に襲われ
      大腸に異変が見つかる。夫の浮気や離婚調停で
      精神的に参ってしまった女性は臭くないオナラが
      頻繁に出るようになる。
     

 

■本日の一冊

本日ご紹介する本は,こちらです!

First Aid for the USMLE Step 1 2006
Vikas, M.D. Ghushan (著), Tao T., M.D. Le (著),
Rohit, M.D. Chandwani (著), Ali, M.D. Ozturk (著)
      ↓
http://tinyurl.com/3ythlf

循環器系,呼吸器系など,臓器別に解剖から病理,薬理
などにまとめられています。医学の授業の際の参考書として,
又USMLE受験にも役立つ一冊でしょう。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学者のコラムが人気。
現在,2900名の方々が読んでいるメールマガジンです。

本日は月刊メルマガの発行日です。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by T.M

「未来透視」

去年の暮れ,テレビでおなじみのFBI超能力捜査官,
ジョー・マクモニーグルの著書「未来を透視する」
(ソフトバンク クリエイティブ)を買った。
通読した後も,折りにふれ拾い読みをしているのだが,
含蓄のあるよい本だ。

先日テレビで,魚類や両生類の第3の目について
解説していたが,とても興味深かった。
人間では,松果体がそのなごりというか,発展形だそうだ。

哲学者の名前を思い出せないのだが,「人間は
目があるにも拘わらず,尚見ると言い給え」という意味の 
ことを言った人がいる。
光学的な視覚は,我々のものを見るという能力をむしろ
妨げているのだ,という趣旨だったと思う。

この言葉が,単に哲学的認識としての「ものを見る」
というに止まらず,ありありと第3の目で見ると解する
ことに説得力を与えるほど,マクモニーグルの参加した
アメリカ陸軍の「スターゲート・プロジェクト」は,人間の
持っている未開発の,というより退化させてしまった能力の
可能性に光をあてるものだ。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に