トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2007年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.523

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成19年9月25日発行

■ニュースヘッドライン

▽エイケン氏が見た日本の看護師労働環境の危機(週刊医学界新聞)
http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2007dir/n2749dir/n2749_01.htm

▽「待たずに診察」予約システム導入の個人クリニック増加(毎日新聞)
http://tinyurl.com/3d2bna

▽高齢者虐待は息子が37%,被害は8割が女性(読売新聞)
http://tinyurl.com/2zwphx

▽イスラエル支援に尽力する看護師,石堂さんの思い(産経新聞)
http://www.sankei.co.jp/seikatsu/trend/070924/trd070924001.htm

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「期待が大きい,総合医の担い手」

記事 written by 岩子

内科だけでなく小児科から産科,整形外科までこなす
総合医の担い手,家庭医。
地域病院によっては幅広い診療を目指す家庭医療
重視の姿勢を打ち出し,実習生や研修生などを
迎え入れ,実践的に行う取り組みが広がっている。

大病院の場合,入院患者は高度な医療を必要と
するケースが多く,又他の診療所や病院を受診した
上で,専門の診療科を訪れる外来患者も多いため,
幅広い診断能力や,初期的な治療が求められる
総合医の研修には不向きなことが多い。

地域病院では風邪,腹痛や,継続的な治療を必要と
する患者も多く,総合医の研修にはうってつけである。

勿論,病院の総合診療を担う総合内科医も総合医で
あるが,特に地域や家庭医療を専門とする家庭医は,
高齢者などの在宅医療の担い手としても期待が大きい。

大病院中心の研修制度ではなく,診療所や地域病院で,
地域医療を実践できる場こそ,今は本当に必要なのだ。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっとツボをおさえよう ~プライマリ・ケア~DVD

    
      本来は各科専門の先生が診るべき疾患でも,
      まずはかかりつけ医のところへ来ることが多い
      患者さんたち。

     でも,自分は専門外だから,と専門の先生を紹介
      するだけでいいのでしょうか?
     
      専門医がプライマリ・ケアの視点で,臨床現場で
      よく遭遇する「悩み」に焦点をあて,他科診療の
      コツを丁寧に解説します。    
            
      ジェネラリストのための他科診療エッセンス Q&A
       -小児科・耳鼻咽喉科・泌尿器科
      http://www.3bs.jp/soft/primary-care/w60055.htm
        
     
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 9月25日(火) 22:00~22:45 NHK総合


  プロフェッショナル・仕事の流儀
 「動物と向きあうプロ達・盲導犬・イルカ」

     
     ・アイガモをパートナーに米作りをする古野さん,
      馬の才能を伸ばす競馬調教師,海の哺乳類を
      観察する海獣医師,盲導犬を指導し,犬と
      コミュニケーションをとる訓練士など,動物の
      命と向き合う4人の仕事に密着。

 

▽明日  9月26日(水) 20:00~20:45 NHK総合


  ためしてガッテン 
      「脳若返り!究極役立ち計算術」

     
     ・暗算が途中でわからなくなるのは,脳内で
      途中経過を一時的に記憶するメモリーの
      容量オーバーが原因という。それを回避する
      丼勘定の方法や,計算が苦手な人でも
      2けた以上の掛け算を瞬時に解けるように
      なるコツを伝授。     

 

■学会展示のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは
9月29日(土)から開催される下記学会に出展いたします。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★日本柔道整復接骨医学会 第16回学術大会

  日時:2007年 9月29日(土)~30日(日)
  場所:札幌コンベンションセンター 1階 大ホールC
     (北海道札幌市白石区東札幌6条1丁目1)

骨格模型や脊柱模型,関節模型など人気製品を
展示します。

日本柔道整復接骨医学会ホームページ
  http://www4.famille.ne.jp/~jjjt/

又,同日開催の以下の学会にも出展いたします。


★第52回 日本口腔外科学会総会・学術大会

  日時:2007年 9月29日(土)~30日(日)
  場所:名古屋国際会議場
     1号館 1階イベントホール ブースNo.20
     (名古屋市熱田区熱田西町1番1号)

頭蓋骨模型や歯,口腔模型,解剖学ソフトなど
人気製品を展示します。

日本口腔外科学会ホームページ
  http://www.jsoms.or.jp/

皆様のお越しを是非,お待ち申しあげております!!

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学者のコラムが人気。
現在,2900名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by まさ

先日新幹線に乗った際,新潟を出発して
大宮駅を過ぎた頃,新幹線車内で2人の
女性が乗客からペットボトルや食べた後の
駅弁などのゴミを回収していました。

降車時に自分でゴミを捨てる手間が省けると
同時に,回収する女性が非常にスピーディーで
手際良く見ていてとても気持ちが良かったです。

今まで気づきませんでしたが,人に聞いたところ
JR東日本では,少なくとも1年以上前から
このサービスを行っているらしいです。

ちょっとしたサービスですが「かゆいところに手が届く」
気持ちの良いサービスに「さすが日本」と感動しました!
海外ではこんなサービスちょっとないんじゃないでしょうか。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に