トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2007年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.552

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成19年11月6日発行

■ニュースヘッドライン

▽水俣病不知火患者会が新救済策を拒否,全面解決ではないと(読売新聞)
http://tinyurl.com/3cxny2

▽癌患者の利用が多いアガリクスの安全性評価臨床試験開始へ(毎日新聞)
http://mainichi.jp/life/health/news/20071106ddm012040136000c.html

▽東大医科研らが新型の飲むワクチン開発,マウスで成功(毎日新聞)
http://tinyurl.com/36uufl

▽小学生へメタボ予防のチラシ配布,狙いはメタボ予備軍家族(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/SEB200711050010.html

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「このままでは救急医がいなくなる!?
          崩壊に瀕している救急医療」

記事 written by 岩子

産科,小児科だけではない。
先月開催された第35回日本救急医学会総会において
各地から救急医療体制の崩壊の実態報告がなされた。

救急医の過重労働や,患者引き受け後のベッド確保の
問題,各診療科の患者の押し付け合いなど,問題は
後をたたない。

臓器別の特化が進んだ現在の診療体制では,全身を診る
ことができる医師が少なく,いくつも疾患を合併している
患者の場合,各診療科で押し付けあう形になる。

青梅市立総合病院救命救急センターでも,麻酔科医が
1人退職しただけで,その後なかなか補充ができず,
月の3分の1は時間外の緊急オペができなくなったという。
実際,非常勤の麻酔科医は休日夜間など時間外勤務を
希望しないことが多い。

学生や研修医の教育,地域貢献を目的に,救急診療部を
立ち上げる大学病院も出てきたが,指導をすべき当の
救急医自身が忙殺されている。

地域の救急医療体制を早急に確立するため,
早急な対応が求められている。

 

--------------------------------------------------------------
▼ちょっと一息・・・今日の商品

    気管内挿管の指導・練習用の二次救命 (ALS)
     新生児シミュレータです。
     喉頭鏡挿入の正しい深さ,角度,挿入圧が
     わかりやすい,実物大モデルです。
     ※喉頭鏡は付属していません。

挿管練習用新生児頭部モデル
http://www.3bs.jp/med/als/w19008.htm

     
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 11月6日(火) 19:54~20:54 テレビ朝日


 最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学
     「野菜不足から失明!危険 すぐ治まる目のボヤケ」
     
     ・食べ物の好き嫌いが引き起こす怖い病気とは。
      ある食べ物が嫌いでほとんど食べなかったために
      左目の視力を失った男性の話や,眼病予防に必要
      な栄養素として注目のルテインを含む食材やその
      調理法などを紹介。
 

 

▽明日 11月7日(水) 20:00~20:43 NHK総合


 ためしてガッテン
     「一触即発!夫婦ゲンカ・怒りの心理学」
     
     ・ささいなことからはじまる夫婦ゲンカ。
      実は,脳にあるきっかけが起きると怒りの感情が
      大きくなり暴走状態になることが判明,夫婦円満
      に欠かせない怒りのコントロール術を最新の心理
      研究から徹底解明。 
  

 

■本日の一冊

本日ご紹介する本は,こちらです!

周産期救急シミュレーション―こんなときどうしよう?
松原 茂樹 (著)
  ↓
http://tinyurl.com/2xrt4b

正常・異常の見分けが時に大変困難であり,救急すべき命が
母と児の2つある周産期医療。著者の実体験に基づく症例,
その対応について,最新のエビデンスを織り交ぜながら
解説した一冊です。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学者のコラムが人気。
現在,3000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by まさ

秋はまさに学会シーズンと言えるほど
全国各地で多くの学会が開催されますが
読者の皆様の中にも学会参加のため
東へ西へお忙しい方もいらっしゃる
のではないでしょうか。

弊社も11月は4つの学会に出展いたします。

最近は学会に参加すると,いつも何人かの
参加者の方が「メールマガジン読んでいます。」
と声をかけて下さり,大変有り難いことと
感謝しております。

今月は岡山,東京,栃木,名古屋で
開催される学会に出展いたしますが
よろしければどうぞお気軽に声をお掛け下さい。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

出展予定の学会詳細はこちらです
       ↓
http://www.3bs.jp/exhib/index.htm

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に