トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2007年バックナンバー

広告

-----------------------------------------------------------------
◆ 3Bサイエンティフィック 月刊メールマガジン 2007/8/24 ◆
http://www.3bs.jp/top_m.htm vol.27
-----------------------------------------------------------------

今月号の内容:

┌目次───────────────────────────────┐
  ※読者限定ページ 人体解剖学ビデオ/DVD 限定ページ
  1. 今月の新製品
2. 特集: 歯科医に人気のビデオ/DVD番付
3. 「My人体模型記」 ~私はこんな使い方してます!~
4. 「医院・診療所必見!労務のツボ」
~社会保険労務士小野本美奈子先生
5. 先生のコラム 「 解剖学者の健康談義 」
    ~連載エッセイ 第16回 新潟大学名誉教授,解剖学者 藤田恒夫先生
6. 月刊学会情報
7. 編集後記
└─────────────────────────────────┘

 

-----------------------------------------------------------------
※読者限定ページ 解剖学DVD
-----------------------------------------------------------------

メールマガジン読者,又は登録済みのお客様限定のページを
ご用意しました。通常のようにトップページや検索エンジンから
アクセスすることは出来ませんのでご注意ください。

また,ご専門の方以外はご覧にならないようお願い致します。
(実際のサンプル映像もあるため)

●限定ページ 「人体解剖学ビデオ/DVD」
  http://www.3bs.jp/video/vana/index.htm

 本物の人体を使用した機能解剖マニュアルのDVD版とVHS版です。
  サンプル動画もご用意しております。 

 

 

-----------------------------------------------------------------
1. 今月の新製品
-----------------------------------------------------------------

今月は3DCGの解剖モデルを用いたソフトウェア2本,

 『アナトミー・トレインDVD-ROM,英語版』,
  『インタラクティブ・ショルダー(肩):スポーツ障害,英語版』
と,

歯科インプラントについてのDVD映像ソフト4本,

 『上顎洞挙上術の実践的外科処置』,
  『困難な症例での失敗の解析とその改善法』,
  『エステティックゾーンでの治療法/抜歯か保存か?』,
  『抜歯部の骨の保存』

をご紹介いたします。

 

・・・ソフトウェア・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 Anatomy Trains理論を完全ヴィジュアル化

 ■『アナトミー・トレインDVD-ROM,英語版』■
                価格:53,550円

 http://3bs.jp/pcsoft/w46649.htm

 組織の緊張が体中に張り巡らされた筋・筋膜の網を通して
  伝わることにより,どのように姿勢の補整と動作の安定を
  得られるかを,列車の路線(lines)と駅(stations)に
  喩えて解明する画期的な「Anatomy Trains」理論。

 その理論を緻密な3DCG解剖モデルを中心にヴィジュアル化
  したソフトウェアです。

 

・・・ソフトウェア・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 肩の解剖,機能,障害に関する総合ガイド

 ■『インタラクティブ・ショルダー(肩):
            スポーツ障害,英語版』■
                価格:60,900円

 http://3bs.jp/pcsoft/w46655.htm

 解説は機能解剖,生体力学,Kinetic Chain,臨床的評価,
  画像診断,酷使による障害,治療,リハビリなどを網羅。
 
  メインビューの3DCG解剖モデルはいくつものレイヤー
  の切り替えが可能である他,自由に回転させることがで
  きます。

 ビデオクリップ,スライド,図など何百もの補足資料が
  収録されています。

 

・・・DVD映像ソフト(インプラント)・・・・・・・・・・

 上顎洞底挙上術におけるPRP,BMP,PDGFの効果

 ■『上顎洞底挙上術の実践的外科処置』■
          価格:18,900円(2枚組)

 http://3bs.jp/soft/vden/w39399.htm

 2006年の第92回AAP年次総会でのDr.スティーブン・ウォレス
  による講演です。

 エビデンス(根拠)に基づいた意思決定から,実践的な外科
  処置, 合併症について講演を行っています。

 

・・・DVD映像ソフト(インプラント)・・・・・・・・・・

 失敗から学ぶ!スキルアップへの壁を打破する

 ■『困難な症例での失敗の解析とその改善法』■
           価格 3枚組:31,500円
              分売:各10,500円
 
  http://3bs.jp/soft/vden/w39406.htm

 2006年の第92回AAP年次総会での3人の世界的な歯周病治療
  の権威による「困難症例:学習曲線における重要な壁」を
  テーマにした講演です。

 誰もが陥りやすい困難・失敗症例について体系的に原因を
  分析,その対処法や予防法を数多くの自らの長期症例を
  通して検証しています。

 演者: ロバート・シャルホーン
      マイケル・マグワイア
      マイロン・ネビンス

 

・・・DVD映像ソフト(インプラント)・・・・・・・・・・

 保存か,インプラントか。その根拠について

 ■『エステティックゾーンでの治療法/抜歯か保存か?』■
           価格 2枚組:21,000円
              分売:各10,500円
 
  http://3bs.jp/soft/vden/w39403.htm

 進行した歯周疾患があるエステティックゾーンで
  抜歯か非抜歯か?

 ある先生方は,無くなった歯周組織を様々な技術と
  治療方法で回復しようと言われるかもしれません。
  また別の先生方は,抜歯し,インプラントで98パーセント
  成功すると言われるかもしれません。

 ここでは2人の専門家がそれぞれの観点からの講演を
  行っています。

 演者: カーク・パスクィネリ
      デニス・ターナー

 

・・・DVD映像ソフト(インプラント)・・・・・・・・・・

 抜歯部の頬側壁の保護を徹底検証

 ■『抜歯部の骨の保存』■
       価格 2枚組:21,000円
          分売:各10,500円
 
  http://3bs.jp/soft/vden/w39400.htm

 抜歯部の骨の保存について,4人の世界的に著名な臨床医が
  それぞれ別の視点からアプローチ。

 「フィンガー・エキストラクション・テクニック(回転
   ドライブ抜歯術)」
  「カルシウム硫酸塩の役割」
  「骨グラフト」
  「即時インプラント」 
  など興味深い内容について講演しています。

 演者: ファラド・ボルチ
      ジョン・ソートサンティ
      ホム・レイ・ワン
      マーティン・コリンスキー

 

-----------------------------------------------------------------
2. 特集  歯科医に人気のビデオ/DVD番付
-----------------------------------------------------------------

横綱に初の処分ということでニュースにもなりましたが,
巷では朝青龍の話題が当分鳴りをひそめそうにないですね。

ちなみに,大関以下の力士は相撲がとれなければ番付降下,
地位を落とされてしまいます。
ですが,横綱の地位は下がることはなく,そういう意味では
揺るぎない絶対的な存在とされてきました。

今回はその絶対的な存在を「否定」するような厳罰が下されました。
横綱にとっても心身ともに堪えるほどの厳しい処分であり,
そのショックから神経衰弱および抑うつ状態,などと診断されて
いますが,真相はともかく,初心にかえって心機一転,出直して
ほしいものです。
こんなことで才能を無にしては勿体ない,の一言につきます。

相撲とは話が全く変わりますが,今回はこの1年間で歯科医の皆様に
特に人気があったビデオ/DVDシリーズの番付を発表します。

<横綱>

◎Dr.ラザーラによる改良オステオトームテクニック
  http://www.3bs.jp/soft/vden/w39300.htm

 オステオトーム上顎洞底挙上術とオトガイ部からの自家骨
  採取法の新しい手法を紹介した映像です。

 こちらはダントツの「一番人気」でした。

<大関>

○Dr.ターナーによるサイナスリフトのライブオペ
  http://www.3bs.jp/soft/vden/w39301.htm

 上顎洞増大術の適応と,インプラントの埋入と同時に移植材を
  どう墳塞するかを手術ビデオやX線写真で紹介。

○サイナスエレベーション:様々なテクニックに比較
  http://www.3bs.jp/soft/vden/w39363.htm

 4人の講演者がそれぞれ異なるサイナスエレベーションに用いる
  様々なテクニックを発表。短時間内に多くの情報がつまったDVD。

<関脇>

●根分岐部病変の再生療法
  http://www.3bs.jp/soft/vden_re/w39368.htm

 第91回AAP年次総会での講演の中から,再生治療の専門家
  Dr.シャルホーンが根分岐部病変の再生治療について解説。

●ポール・フガゾット
  サイナスリフト・ソケットリフトの術式と新たな選択肢
  http://www.3bs.jp/soft/vden/w39356.htm

 オステオトーム・テクニックやインプラントの同時埋入を
  伴うlateral approach法など,予測可能な
  上顎洞増大術による治療を解説。

<前頭>

△バートン・ランガー
  サイナスリフト・ソケットリフトの術式と新たな選択肢
  http://www.3bs.jp/soft/vden/w39356.htm

 側壁開窓法による上顎洞底挙上術について,手術の
  テクニックやインプラントの素材,移植材について解説。

<小結>

▲Dr.ネビンズのぺリオ・インプラント症例に対する
   診査・診断と治療計画とその予後
  http://www.3bs.jp/soft/vden/w39307.htm

 ぺリオやインプラントの難症例に対する診査・診断から,
  治療計画の立案,治療方法まで,エビデンスと
  多くの長期症例を紹介しながらわかり易く解説。

▲重度なケースでの上顎洞骨造成術2
  http://www.3bs.jp/soft/vden/w39271.htm

 「上顎骨欠損の重度なケース」ではブロック体の骨移植,
  上顎洞底挙上,鼻腔底挙上,鼻腔底挙上と上顎洞粘膜の
  修復と完全切除を,「残存歯槽骨1mmのケース」では
  即時埋入インプラントと合併症に対する処置を紹介。

▲マイケル・ピコス
  サイナスリフト・ソケットリフトの術式と新たな選択肢
  http://www.3bs.jp/soft/vden/w39356.htm

 上顎洞移植における合併症と治療の良し悪し,その対処法を
  解説する他,上顎臼歯部の再建の治療手順なども紹介。

こうしてみますとサイナスリフト法があらゆる意味で興味の対象と
なっているようです。

ここでご紹介した一覧はホームページ上でもサンプル映像が
見られますので,各々のURLをクリックの上,是非ご覧ください。
(Windows Media Player もしくは Real Playerで再生が
できます。)

 お問合せはこちらへどうぞ : 3b_mag@3bs.jp

 

-----------------------------------------------------------------
3.「My人体模型記」 ~私はこんな使い方してます!~
-----------------------------------------------------------------

□ご職業: 教員
□ご利用製品: 人体模型,耳・目の模型
□ご利用場所: 実験室
□ご利用例:
授業で感覚器の説明を行う際に活用している。細かい部位
や構造は資料集だけでは理解しづらい部分もあるが,模型
を使い立体的に説明を行うと,感覚的に捉えることができる
ので理解度が上がる。

●ご応募ありがとうございました。
小・中・高等学校の授業も模型が活躍するシーンです。
図で示して伝わっただろうと思っていても,確認してみると
なぜ??ということも結構あります。伝える作業は非常に
難しいものです。そんな中,この方は時間の限られた授業
という枠の中で,模型を有効に活用されて,理解を得る工夫
をしておられるのが伝わってきます。
今後とも伝わる授業に是非ご活用ください。

眼の模型
http://www.3bs.jp/model/vision/index.htm

耳・鼻の模型
http://www.3bs.jp/model/oto/index.htm

 

-----------------------------------------------------------------
4. 「医院・診療所必見!労務のツボ」
-----------------------------------------------------------------

     「もらい忘れ年金」

           小野本社労士事務所 小野本美奈子

 納めたはずの年金が記録に無い!年金がキチンと管理されていない!
  騒動になりましたが,年金の話題も一段落したかに見えるこのごろ
  です。事務的ミスは許されませんが,自分の年金です。
  ひとまかせにはできない部分もあります。

 
■ 年金は請求しないともらえない

 今年金を受給していても,他の制度にも加入していたとか,
  加入期間の漏れがあった場合,請求すれば追加されます。

■ 5年の時効が無くなった!

 すでにニュースでお聞きのことと思いますが,7月6日「年金時効
  特例法」が成立しました。従来は年金の請求漏れがわかっても
  5年の時効があり,それ以前の分はもらえませんでした。
  ところが,この法律で年金受給者などに新たな年金記録が確認
  された場合,未払い分を年金を受け取り始めた年までさかのぼって
  支給されることになりました。

■ 年金は戦時体制下ではじまった

 年金は大事な社会保障,当然戦後の制度だとお考えではありませんか?
  実は,厚生年金は戦後始まったものではありません。
  昭和17年6月から現業の男性を対象に実施されるようになりました。
  はじめは労働者年金保険法という名前でした。労働者という言葉が
  左翼的(!?)でよろしくないということで厚生年金となりました。
  老齢などの生活保障をすることにより,戦争遂行のための生産力の
  増強,士気高揚を図る意図だったとか。また,年金制度というのは,
  はじめのうち給付が無く膨大なお金だけが入ってくる,戦費の調達
  にはありがたい仕組みだったのです。今では信じられないですが。
  昭和19年10月から事務職の男性と女性も加入となりました。

■ もらい忘れ その1 戦前の年金

 戦前の軍需工場で厚生年金に加入していた期間が請求漏れ,
  もらい忘れとなっている場合があります。陸軍工廠,被服廠
  などで働いた期間が年金につながる場合もあります。
  本人が死亡していても遺族が受給できる場合もあります。

■ もらい忘れ その2 専業主婦の結婚前

 結婚で退職したが,それまでは民間企業で厚生年金に加入して
  いた期間が請求漏れ,もらい忘れとなっている場合があります。
  わずかな給料,わずかな期間でも年金につながれば終身受給
  できるのです。当時の給料は今の物価水準で換算しなおされます。

■ もらい忘れ その3 転職が多かった場合

 転職が多かった,サラリーマンをしたり自営をしたりした,など
  同じ年金制度に加入し続けなかった場合ももらい忘れの可能性が
  高くなります。
  今はもうなくなってしまった会社でも会社名,会社の住所で
  記録は見つかります。

■ その他のもらい忘れ

 若いころ少し役場勤めをした,その後長くサラリーマンなら
  厚生年金と共済年金の両方がもらえます。
  共済年金の請求もれはありませんか?
  昭和34年より前に農協に勤務していた,昭和29年より前に私立の
  学校に勤務していたなどでももらい忘れの可能性があります。 
  農協や私学などは制度が変わったためです。
  また障害年金を知らずに請求していない場合もあります。
  精神的な病気や,働ける程度の障害の状態でも障害年金を受給
  できることがあります。

※ その後の年金加入の状況により年金の増額につながらない
   ケースもあります。

■ 社会保険労務士と年金

 年金が話題となり年金の専門家として社会保険労務士が
  クローズアップされました。
  社労士の中には年金の得意な人とそうでない人がいます。
  医師でもそれぞれ専門分野があるように。

■ 【無料年金相談会】のお知らせ

 「年金の請求もれをなくしたい,年金を知らずに不安に思っている
  人のお役に立ちたい」と社労士仲間で作っている年金の研究会で
  相談会を開きます。(私も会員です)

 日時:8月26日10時から3時
  場所:新発田市諏訪町たまり駅内 NPO法人はとの会作業所
  主催:新潟年金研究会
  お問い合わせ電話:090-7267-5006

 「年金の繰上げ,繰り下げの仕組みは?」
  「退職前の失業給付と年金はどちらが得?」
  「ペースメーカーは障害年金がもらえる?」

 さまざまな疑問にお答えします。皆様のおいでをお待ちしています。

 
~編集部より~

今回は年金の歴史も交えた興味深いお話をいただきました。
ひとつ言えるのは「言わなければ何も貰えない」ということですね。

それに年金についての知識がないと,疑問自体がわかないので
まさかもらえるとは思わず,何も言わないで終わり,のケースも
多々あります。

上記の「もらい忘れその1」からもう一度チェックしてみてください。
私立学校に勤務していたことも,もらい忘れの可能性があるのですね。

このように,小野本先生は年金が得意分野の社労士の先生です。

先生は特定社会保険労務士の資格をお持ちです。
特定社労士には労使紛争解決の代理権が与えられています。

又,先生のホームページに,今まで手がけられた労務相談
ベスト5が出ています。
経営上の参考になりますので,是非,ご覧ください。
http://www.sr-onomoto.jp/

   
▽先生へのお仕事のご依頼やご相談を受け付けております。
 まずは [ 3b_mag@3bs.jp ] までメールいただくか
 弊社までお電話にてお問合せください: 

 日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
 小野本先生へのお仕事依頼

 電話:025-282-3228
 メール:3b_mag@3bs.jp

▽先生へのご意見・ご感想などは 3b_mag@3bs.jp まで
   お待ちしております。
  日頃感じている疑問など,労務に関するご質問なども
お送りください。

 

-----------------------------------------------------------------
5.先生のコラム
-----------------------------------------------------------------
        
     「 解剖学者の健康談義 」

    ~ 第16回 「田原 淳の銅像を撫でる」

           新潟大学名誉教授,解剖学者 藤田恒夫

 

 大分県の中津は,江戸時代に多くの文化人を生んだ城下町で,
福沢諭吉の生地と言えば分かってくださる人も多いでしょう。

 去る7月29日,日曜日,50人ほどの人がその中津市の市役所
ロビーに集まっていました。等身大より2割がた小さい立像に
布がかけてあり,白い手袋をはめた関係者と来賓10人ほどが,
紐を引こうとしていました。中津市の市長さん,前日からこの
町で開かれている「田原・アショッフシンポジウム」の役員たち,
ドイツから招かれた二人のお客さん,そしてこの像の人物の令孫
村山 暁先生(福岡の医師)・・・。

 ベールを取られて現れたのは,この地にゆかりの心臓学の
偉大な学者田原淳です。1873(明治6)年に大分県国東郡
西安岐村に生まれ,この中津で医業を営む田原家に養子に入り,
ここから青雲の志を抱いて,東京の独協学校,一高,東京帝国大学
医学部に学び,1903年にドイツに留学しました。マールブルグの
大学で病理学教室に入り,アショッフ教授のもとで心臓を研究し,
刺激伝導系という拍動を伝える経路を発見した学者です。

 ブロンズ像は,帰国後 九州大学の病理学教授となった田原ではなく,
まさにドイツへ渡ったころの30歳の姿でした。ハイカラーのシャツに
ちょっとフォーマルな背広を着込み,スーッと自然体で立っています。
左右対称を破るのは,左肘を曲げて腰に抱えた1冊の本です。表情も
姿勢も,いかにも謙虚で,しかし颯爽として若い志を秘めている,
そんな出来ばえに参会者から喜びのどよめきが起こりました。

 このたびのシンポジウムの会頭を務めた島田達生 大分大教授が,
同僚の美術の教授,佐脇健一氏に懇請し,1年かけて制作された
ブロンズ像です。一連の関係者の挨拶の最後に立ったダンディな
佐脇氏は,制作の思いを語った後に,こう言われました。
「この像は意図的にサイズを小さく,台を低くしてあるので,
どうか皆さん撫でて感触を楽しんでください。」
みんな争うように像のいろんな場所を撫でました。お孫さんの
村山先生は,親戚の方々と一緒に「これは,ほんとにじっちゃんだ」
と嬉しそうでした。中津の歴史散策の案内人をもって任ずる整形外科医,
川嶌眞人先生が「皆さん,福沢諭吉の像を撫でるとお金が入ってくる,
この田原先生を撫でると頭がよくなるよ」と言いました。
すかさず誰かが「心臓もよくなります!」。
ここには,ペースメーカーを付ける患者「友の会」からも何人かが
出席していました。心臓がよくなるように,と願いをこめて,
狭心症のある私も像の胸のあたりを手の平で擦りました。

 田原先生,それにしてもこの十数年の間に随分偉くなられましたね。
中津の田原家の菩提寺 自性寺にある先生のお墓には,先生の業績の
記念碑が立ちましたし,きのうのシンポジウムには九州一円から200人の
学者が参加し,一般向けの心臓展には400人もの市民が集まりました。
そして今,市役所のロビーにこの像が立ちました。いや,先生の偉さは
変わらず,ただ不当に過小評価されていたのを,先ほど除幕の紐を
引いた須磨幸蔵先生,島田宗洋先生,島田達生先生たちが田原先生の
業績を再評価し,現代心臓学の開祖でありペースメーカーの恩人でも
あると,検証し啓蒙し続けたのでした。

 田原先生の業績が過小評価された理由のひとつに,先生が発見した
房室結節(心房と心室の間にある筋線維の糸球)が「田原の結節」と
よばれていることがあります。かなりの専門家でも,田原先生の業績
とはこの結節を発見したことだと思ってしまうのです。しかし事実は,
この結節は田原が発見し命名した刺激伝導系という大きな,いわば
鉄道網のひとつの駅にすぎないのです。田原はこの系の「まるごと」
を発見し命名したことで,心臓が心房から心室へ収縮を伝えて行く
仕組みを初めて明らかにしたのです。その後,発明された心電図も
ペースメーカーも,田原の所見があってこそ発展することが出来た
のです。

 そんな,田原の業績の偉大さが認識されればされるほど高まるのは
もうひとつの否定的な考えです。そんな偉大な,独創的な研究を,
日露戦争の時代の日本人が達成することはありえない。指導者
アッショッフの偉大な力があればこそだ,という思い込みです。
ドイツ人などは,国民の名誉にかけそう信じていますから,
田原の結節を「アショッフ-田原の結節」と称しています。

日本で最初のペースメーカー埋め込みを成功させた心臓外科医,
須磨幸蔵先生(東京女子医大名誉教授)は,メキシコシティにある
国立心臓研究所を訪れた折,メキシコの代表的画家リヴェラが描いた
巨大な壁画を視察しました。それは,心臓学に貢献した学者たちを
歴史的に配置したもので,画面の最上部にアショッフと田原が向き
合っているのですが,田原だけが後向きに,しかも眼鏡をかけて
(これは間違え)描かれているのでした。絵の依頼者も,依頼された
画家も,田原の肖像を入手することを怠り,「まあアショッフだけ
描いておけばいいさ」という田原ないし日本人軽視の風潮。須磨先生は
大いに嘆き,反発されましたが,どうにもなりませんでした。

 そんな流れのなかで1993年,アショッフと田原の関係を示す重要な
資料が発見されました。留学中の1905年から帰国後の1908年にかけて,
田原からアショッフに宛てた独文肉筆の手紙6通が,アショッフの令息
ユルゲン・アショッフ氏のもとで発見され,日本から渡独中だった
島田宗洋先生に預けられ,これが日本の科学雑誌「ミクロスコピア」に
掲載されたのです。
6通のうち1905年10月8日付けの第1信は重要なもので,指導教授の
アショッフが田原に,心不全の顕微鏡的病変をテーマとして与えたまま,
ほとんど指導も助力も行なわなかったことが記されています。
たまりかねた田原が「このまま来学期も先生が私を顧みてくださら
ないなら,私は他の大学へ移ります,論文も別のところで仕上げて
発表します。」という最後通告のような内容です。
また,師に与えられた心不全のテーマでは顕著な所見は得られず,
顕微鏡で調べているうちに,心房と心室の連絡の問題で新しい発見があり,
これをまず独力で論文にし日本の雑誌に掲載する,と述べています。

 この手紙が,不幸にも師の指導を得られなかった田原が,結果として
幸いにも成果を単独著者名の単行書として発表できた理由を明かして
います。

 田原の第2信は一転してアショッフへの尊敬と優しさにあふれており,
アショッフがこの目立たない極東の留学生を粗略に扱った非を悟り,
十分の援助を開始したことを示唆しています。田原の明治の日本人らしい
師弟愛と寛容,そしてさすが後年,大病理学者になるアショッフの聡明さ
と包容力を感じます。ちなみに,アショッフはその後フライブルグ大学に
移り大病理学教室を主宰し,令名を慕う日本からの留学生は40名を越える
のですが,アショッフにとって日本の留学生第一号がマールブルグ時代の
田原だったのでした。

 ここに述べた田原の手紙に教えられるまでもなく,田原の著書―あの
ブロンズ像が携えている―をひもとけば,田原の発見が,いかに広範で
重大なものであったかが分かります(須磨先生たちの努力で英語版も
日本語版もあります)。私たちは,田原淳の業績を,まずは日本人の
あいだでもっと正当に認識し合い,ノーベル賞を取りそこなった日本の
医学者の筆頭に置くくらいの栄誉を捧げなければならないと思います。

 

[ 編集部より ] 藤田先生へのご感想を大募集!

▽藤田先生へのご意見・ご感想などは 3b_mag@3bs.jp までお待ちしております。

▽藤田先生のコラムに感じたこと,また先生にお聞きしたいことなどもお送りください。

  宛先は 3b_mag@3bs.jp まで。 お待ちしてます!
  

 

-----------------------------------------------------------------
6.月刊学会情報 
-----------------------------------------------------------------

9月出展予定

・日本心臓病学会 日本心臓病学会第55回学術集会
  期間:H19/9/10~H19/9/12
  場所:千葉県・シェラトン・グランデ・トーキョー・ベイ・ホテル,東京ベイホテル東急
http://www2.convention.co.jp/jcc55/

・日本歯周病学会50周年記念大会
  期間:H19/9/21~H19/9/22
  場所:東京都・東京国際フォーラム
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsp2/meet/index.htm

・日本柔道整復接骨医学会 第16回学術大会
  期間:H19/9/29~H19/9/30
  場所:北海道・札幌コンベンションセンター
http://www4.famille.ne.jp/~jjjt/sub94.htm

・日本口腔外科学会 第52回社団法人日本口腔外科学会総会
  期間:H19/9/29~H19/9/30
  場所:愛知県・名古屋国際会議場
http://www.congre.co.jp/jsoms2007/

弊社(日本スリービー・サイエンティフィック http://www.3bs.jp/top_m.htm )は
上記学会に出展予定です。 是非この機会にお越しくださいませ。
---------------------------------------------------------------------

H19/9/1~H19/9/2
日本家族看護学会 日本家族看護学会第14回学術集会
青森県・青森県立保健大学
http://square.umin.ac.jp/jarfn/meeting.htm

H19/9/2~H19/9/4
日本獣医学会 第144回日本獣医学会学術集会
北海道・酪農学園大学獣医学部
http://www.rakuno.ac.jp/dep05/jsvs144/

H19/9/2~H19/9/5
日本行動計量学会 日本行動計量学会第35回大会
京都府・同志社大学京田辺キャンパス
http://www.cis.doshisha.ac.jp/htsumura/BSJ2007/

H19/9/5~H19/9/6
日本看護学会 第38回日本看護学会―小児看護―学術集会
茨城県・つくば国際会議場
http://www.nurse.or.jp/

H19/9/6~H19/9/7
日本門脈圧亢進症学会 第14回日本門脈圧亢進症学会総会
大分県・杉乃井ホテル
http://www.med.oita-u.ac.jp/jsph14/

H19/9/6~H19/9/8
日本食品科学工学会 第54回大会
福岡県・中村学園大学
http://www.jsfst.or.jp/taikai/2007/54taikai.html

H19/9/7~H19/9/8
日本褥瘡学会 第9回日本褥瘡学会学術集会
群馬県・前橋グリーンドーム
http://aperto-con.jp/jspu/

H19/9/7~H19/9/9
日本音楽療法学会 第7回日本音楽療法学会学術大会
北海道・札幌コンベンションセンター
http://www.jmta.jp/event/taikai07/2_01.html

H19/9/8~H19/9/9
和漢医薬学会 第24回和漢医薬学会大会
富山県・富山国際会議場
http://wakan24.umin.jp/

H19/9/9
大阪透析研究会 第69回大阪透析研究会
大阪府・グランキューブ大阪
http://plaza.umin.ac.jp/odm/

H19/9/10~H19/9/12
第30回日本神経科学大会・第50回日本神経化学会大会・
第17回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2007)
神奈川県・パシフィコ横浜
http://www2.convention.jp/neuro2007/

H19/9/12~H19/9/15
日本人類遺伝学会 日本人類遺伝学会第52回大会
東京都・京王プラザ
http://accessbrain.co.jp/jshg52/

H19/9/14~H19/9/15
日本レーザー医学会 第28回日本レーザー医学会総会
北海道・旭川市民文化会館
http://www2.convention.co.jp/jslsm28/

H19/9/14~H19/9/16
日本体力医学会 第62回日本体力医学会大会
秋田県・秋田経済法科大学
http://www.spomed62.jp/

H19/9/14~H19/9/15
日本摂食・嚥下リハビリテーション学会 第13回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会
埼玉県・ソニックシティホール
http://www.convention-j.com/jsdr2007/index.html

H19/9/14~H19/9/15
日本看護学会 第38回日本看護学会―老年看護―学術集会
長崎県・長崎ブリックホール
http://www.nurse.or.jp/

H19/9/14~H19/9/16
日本緑内障学会 第18回日本緑内障学会
岐阜県・長良川国際会議場
http://www.congre.co.jp/congressingifu/glaucoma/index_glaucoma.html

H19/9/15~H19/9/16
日本糖尿病教育・看護学会 第12回日本糖尿病教育・看護学会学術集会
千葉県・幕張メッセ
http://www.jaden12.com/

H19/9/15~H19/9/16
日本心臓血管麻酔学会 日本心臓血管麻酔学会第12回学術大会
福岡県・アクロス福岡
http://www.jscva.org/jscva2007/

H19/9/15~H19/9/16
CRC連絡協議会 第7回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2007 in 横浜
神奈川県・パシフィコ横浜
http://www.mtoyou.jp/crc7/

H19/9/16~H19/9/17
日本臨床内科医会 第3回日本臨床内科医学会
愛知県・名古屋国際会議場
http://japha.umin.jp/

H19/9/19~H19/9/21
日本バーチャルリアリティ学会 日本バーチャルリアリティ学会第12回大会
福岡県・九州大学大橋キャンパス
http://www.vrsj.org/main.html

H19/9/19~H19/9/21
日本矯正歯科学会 第66回日本矯正歯科学会大会
大阪府・大阪国際会議場
http://square.umin.ac.jp/jos-am/

H19/9/19~H19/9/21
日本遺伝学会 日本遺伝学会第79回大会
岡山県・岡山大学理学部・岡山大学創立50周年記念館
http://www.okayama-u.ac.jp/user/iden79/

H19/9/19~H19/9/21
日本分析化学会 日本分析化学会第56年会
徳島県・徳島大学工学部
http://www.jsac.or.jp/

H19/9/19~H19/9/21
日本栄養改善学会 第54回日本栄養改善学会学術総会
長崎県・長崎ブリックホール他周辺施設
http://www.scarpa.co.jp/kaizen54/

H19/9/20~H19/9/22
日本動物学会 日本動物学会第78回大会
青森県・弘前大学文京町キャンパス
http://zsj2007.umin.jp/

H19/9/20~H19/9/22
日本小児保健協会 第54回日本小児保健学会
群馬県・群馬県民会館
http://www.aperto-con.jp/jsch2007/

H19/9/26~H19/9/28
日本臨床検査自動化学会 第39回日本臨床検査自動化学会大会
神奈川県・パシフィコ横浜
http://www.jscla.com/meeting.html

H19/9/27~H19/9/28
日本重症心身障害学会 第33回日本重症心身障害学会
高知県・高知市文化プラザかるぽーと
http://smid33.umin.jp/

H19/9/27~H19/9/29
日本磁気共鳴医学会 第35回日本磁気共鳴医学会大会
兵庫県・神戸ポートピアホテル
http://www2.convention.co.jp/jsmrm35/

H19/9/27~H19/9/28
全国自治体病院学会 第46回全国自治体病院学会
北海道・札幌コンベンションセンター
http://www.jtbpco.co.jp/jmha2007/

H19/9/27~H19/9/29
日本鼻科学会 第46回日本鼻科学会総会ならびに学術講演会
栃木県・ホテル東日本 宇都宮栃木県総合文化センター
http://www.jrs.umin.jp/46th/

H19/9/27~H19/9/28
日本胆道学会 第43回日本胆道学会学術集会
東京都・東京ドームホテル
http://jba43.umin.jp/

H19/9/28~H19/9/29
日本手術医学会 第29回日本手術医学会総会
北海道・ロイトン札幌
http://www.jtbpco.co.jp/jaom2007/

H19/9/28~H19/9/29
日本肝臓学会 第6回JSHシングルトピックカンファレンス
岩手県・ホテル安比グランド
http://www.ni-corp.co.jp/6jsh.html

H19/9/28~H19/9/29
第48回日本組織細胞化学会総会(第8回日中合同組織細胞化学セミナー)/
第39回日本臨床分子形態学会総会合同学術集会
山梨県・山梨県甲府市総合市民会館
http://www.nacos.com/jshc_jscmm2007/

H19/9/29~H19/9/30
日本医療薬学会 第17回日本医療薬学会年会
群馬県・群馬県民会館他
http://www.aperto-con.jp/jsphcs2007/

 

-----------------------------------------------------------------
7.今月の編集後記 by Jenny
-----------------------------------------------------------------

先日,ペットショップで白い柴犬を見かけました。
とってもかわいくって,今飼っている柴犬と性格も似ている感じです。
しばらくじ~っと見つめ続け,なかなかその場を離れることが
できませんでした。

我が家では14才の柴犬,11才の雑種犬がいるので,もうこれ以上飼う
のは現実的ではありません。
それでも,相性なのか運命(?)なのか,なぜだか妙に気になる
子犬で,今でも子ども達と「あの白い柴犬,かわいかったよね~。」
と時々話題にしています。

我が家の柴犬も,14年前に出会った頃はこんなにちっちゃかったん
だよな~,と時の流れの早さに感動を覚えました。
主人と私だけだった家族が,柴犬・長男・雑種犬・二男と順番に
どんどん増えていった頃のことを懐かしく想い出します。


それでは今月はこの辺で。

来月号をどうぞお楽しみに!


  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に