トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2008年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.603

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成20年1月28日発行

■ニュースヘッドライン

▽CTが原因でがんになる人は将来2%にのぼると米で試算(読売新聞)
http://tinyurl.com/yromva

▽骨髄移植併用,免疫抑制剤なしで拒絶反応起こさない技術(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200801260242.html

▽副作用や合併症関係の医学論文急減,医師ら処分恐れ萎縮か(毎日新聞)
http://tinyurl.com/yppyfg

▽新型インフルエンザ,感染リスク高いと医療従事者の転職も多い?(読売新聞)
http://tinyurl.com/yql7bh

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「吹きつけアスベストを剥離せず無害化」

記事 written by T.M

独立行政法人・産業技術総合研究所(産総研)は,飛散
しやすい吹きつけアスベストを剥離せずに現場で無害化する
技術を開発した。

産総研では,かねてルビーをも溶かす2000℃以上の高温を
実現する簡便な赤外線加熱装置を開発した。
今回の技術はそれをアスベストの溶融無害化処理に
応用したものである。

アスベスト(石綿)は昭和40年頃から,ビルの断熱材などに
大量使用された。しかし,今ではその分解しない繊維状結晶を
吸い込むことにより,15年から40年という潜伏期間を経て,
肺がんや悪性中皮腫などの疾病を引き起こす恐れがある
「静かな時限爆弾」といわれている。

ハロゲンランプの赤外線を反射鏡で集光照射することによって,
アスベストの繊維状の形態を1500℃以上で溶融して無害化
するこの技術は,下地のコンクリートへのダメージの安全性も
検証されており,3~4年後の実用化を目指している。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

   こちらのプレパラートはネットに最近新しく追加されました。

   ネコ,ブタなどの哺乳類の組織学の標本セットです。
    (25枚入り)
      
    哺乳類の組織学~初級用セット
    http://www.3bs.jp/prepa/human/w13406.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日  1月28日(月) 19:00~19:54 テレビ東京


 主治医が見つかる診療所
      「元気な100歳100人の生き方に学ぶ
       メタボリックシンドローム解消法」
 
     ・メタボ解消法を元気な100歳100人の
      生き方から学ぶ。彼らは若いころから太って
      いなかったという共通点があるが,彼らが続けて
      きた運動や食事,習慣に注目,専門家による
      運動法の指導を交えて紹介。
 

▽明日  1月29日(火) 19:54~20:54 テレビ朝日


 最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学
 
     ・メタボと診断されたのに過食を続けたため,
      ある日,左目半分にカーテンがかかったような
      見えにくさを感じた男性。その後手にしびれを
      感じるようになる。この目の見えにくさが前触れ
      になる重大な病とは何か。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学の先生のコラムが人気。
現在,3200名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by T.M

「月探査衛星かぐやの画像」

最初にかぐやの撮った月面画像を見て,驚いたのは
私だけでしょうか。
画像の神秘的な美しさもさることながら,月面のクレーターが
凹状にへこんでみえず,まるでかさぶたのように盛り上がって
見えたのです。私と家内は,月ってこういう面もあるのねと
一時は思ったくらいです。

原因はあとから分かったのですが,目の錯覚でした。
凸状の人面を回転させると,裏側の凹状の人面が脳の操作で
凸状に見える実験があります。
どうやらこの種の錯覚だったらしいのです。

でも,月のクレーターはへこんでいるのが固定観念ですから,
凸を凹に脳が操作したなら分かるのですが,逆というのは
未だに釈然としませんね。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に