トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2008年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.612

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成20年2月8日発行

■ニュースヘッドライン

▽世界初,京大が突発性難聴の聴覚細胞再生治療開始(読売新聞)
http://tinyurl.com/2asa7z

▽東京女子医大,6年ぶりに心臓移植手術を再開(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200802070297.html

▽がん,PETで診断と治療が同時にできる新型装置開発(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200802070252.html

▽喫煙が原因の死者,今世紀中に10億人とWHO試算(読売新聞)
http://tinyurl.com/2xxsve

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「個人の健康情報をウェブで管理」

記事 written by 英司

オーストラリアで健康情報をオンラインで記録できる
miVitalsというサービスがスタートした。
このサービスは個人を対象としたもので,自分の身体
データ,病院などからもらった記録を自分でセキュア
なサーバーに記録するもの。
将来的には医療従事者にこのデータを利用してもら
えるようにしたいとしているが現在のところは難しく,
同サイトでは家族の成長記録や自身の病歴,健康管理
としての利用が紹介されている。

今後アメリカ,カナダ,イギリスでも始める予定。
同様のシステムはGoogle社もGoogle Healthとして
開発中であるが,こちらはまだ公開には至っていない。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと小耳に・・・物理製品と心理学。

     レンツの法則とは。

     コイルに棒磁石を近づけると,コイル内を通る
      下向きの磁束が増加するため,それに対抗して
      上向きの磁束を作る誘導電流が流れる。

     逆に,磁石とコイルが安定した状態にあると,
      磁石をコイルから遠ざけた場合,コイルを通る
      下向きの磁束が減少するため,下向きの磁束を
      作ろうと誘導電流が流れる。
     
      近づくと,押しやろうとする。
      逆に離れると引き寄せようとする。

     ・・・男女間の駆け引きもこうだったろうか??
          
     (参考商品)
      レンツの法則実験器
      http://www.3bs.jp/physics/e_magnetic/u21602.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日  2月8日(金) 19:00~19:45 NHK教育


 サイエンスZERO
「細胞の顔!?糖鎖に迫る」
 
     ・細胞同士の伝達に深く関わる糖鎖。
      日本は糖鎖研究では世界のトップレベルに
      位置し,様々な医療への応用が始まっている。
      がんやその転移を阻止するための糖鎖の研究
      最前線に迫る。
 

▽明日  2月9日(土) 19:57~20:54 日本テレビ


 世界一受けたい授業!!
 
     ・体に良い野菜学,例えば大根の葉は根より
      どれだけ栄養素があるか,「イライラする」の
      「イラ」の語源などを紹介する他,脳科学者の
      茂木健一郎氏が人体の不思議なメカニズム
      について語る。「アハ体験」も紹介。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学の先生のコラムが人気。
現在,3300名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written 英司

食欲の秋はとっくに終わったが,抑えられない空腹を
感じるこのごろ。体温生成にカロリーが必要なのか?
などと勝手に思っているのだが,食べすぎは避けたい。
かといって,この寒い時期に寒天を食べようとは思わ
ないが。

さて,寒天はもちろん低カロリー食品だがノンカロリー
ではない。文部科学省の公表値では100gあたり3kcal。
以前書いたが,ご飯は1gあたり約1.7kcal,小麦や砂糖
が1gあたり3.4kcalなので非常に低いことが分かる。

しかし,寒天の本当のカロリーは1gあたり3kcal。
文部科学省の値の100倍にもなる。

これは文部科学省の公表値は食品としての値で,物体
が本当に持つカロリーとは異なるためだ。

というところでまた次週へ。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に