トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2008年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.617

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成20年2月18日発行

■ニュースヘッドライン

▽理研,細胞の増殖期,休止期のリアルタイム観察法開発(毎日新聞)
http://tinyurl.com/3xsqgz

▽介護付き有料老人ホームの6割が認知症対応可能に(読売新聞)
http://tinyurl.com/38u4mo

▽世界初,日本疲労学会,肉体疲労の度合いを数値化(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/OSK200802150100.html

▽医療安全へ,「いのちを護るパートナーシップ」(週刊医学界新聞)
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02769_02

 

--------------------------------------------------------------

  <ご確認下さい!>

  統合医療展2008招待券を既にご応募済の方で,
   「招待券のご応募承りました」という返信メールがまだ
   お手元に届いていない方は,お手数でも再度,
   電子メール 3b@3bs.jp 宛までご一報下さい。

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「テラヘルツ波で医療を変える」

記事 written by T.M

光は電磁波で,波長によって異なった性質を現すことは
よく知られています。短波と赤外といわれる領域の境界に,
周波数が1兆(=テラ)Hz前後の領域があります。
物質透過性が高くイメージングに有効とされていましたが,
発生と検出が困難なため,「未踏の光」と呼ばれてきました。

  イメージングといえば,レントゲンでお馴染みのエックス線が
ありますが,赤外から可視光,さらに紫外へと周波数が高くなり,
次の放射線の領域にX線があります。しかし,レントゲンや
CTでは臓器の病変を形状として捉えることは出来ても,
機能の変化を知ることは出来ませんでした。

  機能の変化を知ろうと思えば,MRI(核磁気共鳴画像法)
などで別に検査する必要がありました。テラヘルツ波を使うと,
形状と機能が同時に分かる可能性があるらしいのです。
この世界に先駆けた研究は,理化学研究所とキャノン(株)
の連携チームで進められており,理研が新しい光源の開発を,
キャノンが半導体を用いたセンサの開発をするそうです。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

   ヒトや哺乳類の筋・骨・皮膚を主体とした
    組織学プレパラートです。   
      
    ヒトと動物の組織標本
    http://www.3bs.jp/prepa/human/w13412.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日  2月18日(月) 20:00~20:30 NHK教育


 福祉ネットワーク
     「“見えない”をあきらめない 失明者と職業」
 
     ・40歳の時に失明した松永さん。視覚障害者の
職業がマッサージ師しかないという現実に反発,
      目が見えなくても当たり前に生きられる社会を
      築きたいと奮闘,試行錯誤する彼の姿を伝える。

 

▽明日  2月19日(火) 19:54~20:54 テレビ朝日


 最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学
     「歯磨きの出血を放置して突然死 謎の口臭」
 
     ・口臭がひどいと娘に言われて毎食後歯を磨く
      ようになった父は歯を磨くたびに歯茎から出血。
      その後胃のむかつきから食事ものどを通らなく
      なった彼の体内では驚くべき病が進行していた。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学の先生のコラムが人気。
現在,3300名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written T.M

1月2月と,何かと酒を飲む機会が多かった。
それにしても今年で61歳になりながら,未だに程というものが
身につかない。陽気にはしゃいで深酒をしたり,斜に構えて
座の雰囲気に溶け込めなかったりで,自己嫌悪に陥ること
しきりだ。

この歳になると,「三つ子の魂百まで」ということわざが,
もって生まれた根性は変わらないという意味で納得です。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に