トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2008年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.624

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成20年2月27日発行

■ニュースヘッドライン

▽新タイプのアルツハイマー判明,大阪市大教授ら発表(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200802260493.html

▽基礎年金の全額税方式導入を提言,65歳以上一律7万円給付(読売新聞)
http://tinyurl.com/34tdk2

▽血液製剤製造に病原体の感染力なくす不活化技術導入の方針(毎日新聞)
http://tinyurl.com/3bh86q

▽大阪で警察官や容疑者ら23名が結核集団感染(毎日新聞)
http://tinyurl.com/2v8kdt

 

--------------------------------------------------------------

   本メールは基本的に午前中に配信しておりますが,
    サーバ環境により一部の方々への配信が午後3時を
    まわることがありますので,ご了承下さい。

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「塩分摂取量と子どもの肥満」

記事 written by Jenny

子どもを太らせないためには,
摂取する塩分量を減らすことが
大切とイギリスの研究者達が
発表しました。

この研究では,4歳~18歳の子ども達
約1,600人が毎日飲食した重量をもとに
塩分量と水分量を分析。その結果,
1日1gの塩分カットで水分摂取が100g減る
と推測,1日1gの塩分を控えることで
約27gのソフトドリンク摂取量が減ることが
わかりました。

糖分を多く含むソフトドリンクは,子ども達の
カロリー摂取過多の主な原因といわれています。
塩分を減らすと,甘いソフトドリンクを飲む量が減り,
その結果高血圧や肥満の危険性も軽減される
可能性もあるとのことです。

加工食品等を買う場合はなるべく
塩分が少ないものを選び,
料理の時や食卓でも塩を加えないような
工夫をした方がいいのかもしれません。
甘いものだけではなく塩分にも
十分気をつけることが必要といえます。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとツボをおさえよう ~プライマリ・ケア~DVD
    
    尿検査や検診等で異常を指摘された患者の管理,
    尿蛋白量を正確に測るコツ,血液データのチェックや
    尿検の頻度,専門医に送るべき血清Cr値,腎生検を
    行なうタイミング,薬物療法,日常管理のコツ,IgA
    腎症の診断と予後・治療,透析導入のタイミング,
    ハイパーフィルトレーションを踏まえた食事療法など,
    情報が満載です。
          
    ジェネラリストのための内科外来Q&A - 腎疾患
    http://www.3bs.jp/soft/primary-care/w60113.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日  2月27日(水) 20:00~20:45 NHK総合


 ためしてガッテン
 「まさか突然死!腎臓病の真実2」
     
     ・血圧を調節する機能を持つ腎臓。その機能が
      低下すると心筋梗塞や脳卒中につながることが
      最新の研究で判明しているが,そのメカニズムを
      徹底解明,又最新の治療法や低下予防の心得など
を紹介。
     
 

▽明日  2月28日(木) 19:00~19:25 NHK教育


 あしたをつかめ~平成若者仕事図鑑
     
     ・弁護士は別名「社会生活上の医師」と
      呼ばれているが,愛媛県のキャリア2年目の
      新米弁護士の岡林さんに密着。一人で悩み
      続けてきた依頼人に,安心して眠れる日々を
      取り戻すために奮闘する彼の仕事ぶりを取材。

 

■お知らせ! 視覚障害者に朗報のソフトウェア

「筋肉検索 for Excel 」

「筋肉検索 for Excel」は,視覚障害者の方でもご利用
いただけるバリアフリーな筋肉検索ソフトです。

学生の解剖学の勉強は基より実際の治療現場でも
役立つこと間違いなし。
このソフトウェアの詳しい内容はこちらから ↓↓ 
http://www010.upp.so-net.ne.jp/HorinDo/soft.html

(編集部より)
視覚障害者の作者自らが何度もモニタリングを重ねて
作り上げたソフトウェアだからこそ,いかに視覚障害者に
とって使いやすいかということが体感できるのだと思います。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学の先生のコラムが人気。
現在,3300名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by Jenny

先週末,次男の習い事の行事で
ボウリングに行きました。

団体だったので送迎バスがあり,バスの中に
いる時から遠足気分でワクワクしてしまいました。

子どもとは別のチームで,ガターありは久しぶり。
ちょっと緊張しましたが,かなり集中して
投げることができ,久しぶりのボウリングを楽しみました。

二男は上位10位内の商品がもらえて
とても嬉しそうにしていました。

家族で行く時も楽しいのですが,ボウリングは
やはり多人数の方が盛り上がるな~と思いました。
しばらくやっていなかったボウリングですが,
また私の中でブームがやってきそうです。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に