トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2008年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.645

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成20年3月28日発行

■ニュースヘッドライン

▽パーキンソン病治療薬で居眠り事故,厚労省が注意喚起(毎日新聞)
http://tinyurl.com/2tyh86

▽厚労省,新型インフルエンザ対策推進室を4月に開設(読売新聞)
http://tinyurl.com/3d9gd9

▽新医薬品14成分21品目,4月18日付で薬価基準に追加収載(薬事日報)
http://tinyurl.com/2ro37x

▽与野党設置の薬害肝炎協議機関が27日に解散(日経新聞)
http://tinyurl.com/2tvydj

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「新しい乱視用ソフトコンタクトレンズ」

記事 written by 英司

乱視矯正用のソフトコンタクトレンズは厚みがあることから
眼の健康に問題が起きる可能性が高いとして,積極的には
勧めない眼科医も多かった。

乱視の矯正にはコンタクトレンズが回転しないで,定位置で
とどまるようにする必要がある。この回転を防ぐために
今まではレンズ下部を厚くしていた。

ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケアカンパニー
はレンズの4箇所に傾斜を設けることで厚さを抑えながら
回転を防ぐ,新しいレンズの開発に成功した。

また素材にはシリコーンハイドロゲルを使用することで
酸素透過率を向上させている。

日本コンタクトレンズ学会常任理事の糸井氏は「やっと医師
が勧められる乱視用コンタクトレンズができた」としている。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと小耳に・・・物理製品とまじめな実験の話

  今までもまじめな話は続けてきたつもりですが,
   ちょっと思い出したことがありましたので,今回は
   ご参考までに。

  先日,回折格子500本と1000本では見え方が
   どう違うのかという問い合わせを受けましたが,
   言葉で説明するのがややこしく,何か参考になる
   サイトはないかと探したところ,一つ見つけました。

  回折格子に光源を通した際の光の加減や間隔
   などの写真が掲載されています。
   http://www.e-t.ed.jp/edotori3905/2kai/buturi/jikken5.htm

  (参考商品)
   回折格子セット
   http://www.3bs.jp/physics/optics/u19520.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日  3月28日(金) 20:00~21:54 テレビ朝日

世界の子供がSOS!
THE・仕事人バンクマチャアキJAPAN 

     ・数多くの苦難を強いられている子供たちの
現状改善のため,日本の伝統技を持つ仕事人
      たちが世界各地へととぶ。モルドバで寒さに
震える少女たちのため廃材のドラム缶から
炭焼き窯を作製,フィリピンでは揚水風車を
      利用した灌漑設備を作るなど,昔の日本の技を
      伝える。
 

▽明日  3月29日(土) 19:30~20:45 NHK総合

探検ロマン世界遺産スペシャル“記憶の遺産” 

     ・戦争の悲劇を伝える「記憶の遺産」として
登録されているアウシュビッツ強制収容所や
      広島の原爆ドームを訪ね,これらの場所が
      人類全体に警告を発するための場所として
      登録されるようになった所以やアウシュビッツ
      解放63年目の記念日の模様など伝える。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学の先生のコラムが人気。
現在,3300名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

交流は送電に有利と書いてはきたが,その仕組みを書いて
いなかったので今回はそこに触れようかと思う。
おそらく高校物理で学習する範囲。

仕組みは電磁誘導。コイルを2本用意して一方に交流電流を
流す(1次コイル)。もう一方のコイル(2次コイル)は
この1次コイルの隣に置いて,直接電流は流さない。

この時1次コイルによって作られた変化する磁場により
2次コイルに電流が生じる。これを相互誘導という。

電源につながっていない2次コイルに電球を接続すると
光るわけだから,仕組みを知らないと実に不思議だ。

1次コイルに直流を流しても磁場は変化しないので,
2次コイルには一瞬しか電流は起きない。

このため,電圧をいつでも調整でき,同時に送電時の
電圧を比較的低くすることで熱としてのロスを減らす
ことも可能となる。

電柱に灰色の円筒状のものが取り付けられているのを
見ることができると思う。あれも変圧器。家庭に送られ
る直前,あの変圧器で100V,200Vに調整されている。

普段は気にすることのないものだけに,この機会に
ちょっと見上げてみてはいかがだろうか。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に