トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2008年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.700

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成20年6月23日発行

■ニュースヘッドライン

▽インドネシア人看護師内定者数,大きく割り込んで終了(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200806210245.html

▽日本人患者の遺伝情報公開,がんや心臓病,脳障害など35種(読売新聞)
http://tinyurl.com/3jcmtn

▽アスベスト,中皮腫死亡リスク範囲は工場から最長2.2キロ(毎日新聞)
http://tinyurl.com/3lp3l3

▽新人が自らが問題解決できるようにする研修(週刊医学界新聞)
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02786_04

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「脊椎動物の祖先はナメクジウオ類」

記事 written by 品

ナメクジウオの仲間がヒトなど脊椎動物の祖先で
あるとする新説が,19日付「ネイチャー」で,
京都大学・佐藤矩行教授を含む日米英などの
国際チームにより発表された。

ゲノム解読から導かれたこの説は,脊椎動物は
ホヤ類から進化したとする従来の説を覆すもの。

ホヤもナメクジウオも,背骨の原形である脊索と
呼ばれる棒状組織を持ち,大きな分類では脊椎動物
と同じ脊索動物だ。しかし,尾側に脊索を持つ
ホヤは尾索動物,頭部から尾部までの脊索を持つ
ナメクジウオは頭索動物として区分され,進化の
過程は詳しくわからなかった。

同チームは,ナメクジウオのゲノムを解読し,
約2万1600個の遺伝子を発見。すでにゲノム解読が
済んでいたホヤ,ヒトと比較した結果,ナメクジ
ウオが最も原始的な脊索動物だとわかった。
これにより脊椎動物がナメクジウオ類から直接
進化したことが裏付けされた。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

   有糸分裂の全過程や染色体,突然変異まで
    各種取り揃えています。

   遺伝学プレパラートセット
    http://www.3bs.jp/prepa/embryo/w13054.htm
  
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日  6月23日(月) 20:00~20:30 NHK教育


     福祉ネットワーク「精神障害者の就労」(1)
        -“働きたい”をかなえたい- 

     ・障害者福祉の中でも特に立ち後れが
      甚だしい精神障害者の就労について,なぜ
      難しいのか,今後の進め方など2回にわけて
      放送。今回は千葉県市川市の取り組みを
      特集。
     

 

▽明日  6月24日(火) 22:00~22:45 NHK総合


     プロフェッショナル 仕事の流儀

     ・末期がん患者を最期の瞬間まで支える
      看護のスペシャリスト,田村さんは日本に
      104人いるがん看護専門看護師の一人。
      死への恐怖や悔しさなど,あらゆる精神的
      苦痛を取り除き,最期まで人生を積極的に
      生きられるように支える彼女の仕事に密着。
   

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学の先生のコラムが人気。
現在,3500名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 品

片付けで大事なのは捨てることと思っているので,
先日も家の整理をして,山ほどの雑誌やら古着
やら機械やらをゴミに出しました。
またいつか使う機会があるかも,と思って取って
おいたもので実際また出番があるものなんて
滅多にないことは思い知っているので,整理の時は
容赦しないようにしています。

しかし,どうしてもiMacだけは捨て切れませんでした。
グリーンの2代目iMacです。

10年近く前のiMacですから最近のコンピュータと
比べれば動きも遅すぎて使い物になんてなりません。

それでも登場時に斬新さで一気に人気を集めた
そのデザインは今見てもやっぱりかっこいいと
思わずにいられませんし,おそらくはコンピュータ
発達の歴史におけるひとつの大きなマイルストーン
と言えるものなので,捨てるにはあまりに惜しい気が
するのです。

ただ,iMacのおかげでよく使われるようになった
「スケルトン」という言葉が,本来とは違う意味
で流通しているのがいつも気になっていました。

本当のスケルトンて,これ↓なんですけどね。
http://www.3bs.jp/model/skel/a10.htm

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に