トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2008年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.737

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成20年8月21日発行

■ニュースヘッドライン

▽西濃運輸が健保解散,高齢者医療負担金増で継続困難に(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200808200356.html

▽短時間正規雇用の医師を雇う医療機関に補助金,厚労省方針(毎日新聞)
http://tinyurl.com/66qksw

▽派遣労働者の労災急増,7割が製造業での事故(読売新聞)
http://tinyurl.com/6xrmeh

▽国内最高齢,61歳母が「孫」を代理出産,根津院長報告(読売新聞)
http://tinyurl.com/67xujo

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「視覚発達のカギは”ものを見る”経験」

記事 written by オリ

視覚が発達するカギとなるのは「ものを見る」という経験が
必要であるということを,理化学研究所脳科学総合研究
センターがマウス実験により発見しました。
この結果は8月7日付けのアメリカの科学誌「セル」に発表
されています。

研究ではたんぱく質「Otx2」に注目。このたんぱく質は
網膜で作られ,脳の視覚野に多く見られます。
「臨界期」にものを見た時にOtx2が作られ,脳に刺激を
与えることによって視覚が発達するのです。

生後暗室で育てたマウスは臨界期に「見る」ということを
しない為,視覚が発達しないことが知られていましたが
このOtx2を注射し人為的に刺激を与えることで臨界期が
始まることも分かりました。

弱視の治療への期待が高まります。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・本日の商品は「網膜の構造」です。
   
    網膜,脈絡膜,強膜の詳細な構造を
    示したモデルです。

   左ブロック前面では脈絡膜・強膜の一部・
    網膜の拡大像を,側面では網膜の複雑な
    情報伝達回路の模式図を示しています。

   右ブロックでは光受容体の構造を拡大表示。
   
    網膜の組織構造モデル
    http://www.3bs.jp/model/vision/f16.htm
 
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日  8月21日(木) 19:57~20:54 フジテレビ


     奇跡体験!アンビリバボー
     「驚きのペットスペシャル」

     ・南アフリカのある夫婦と暮らすペットは
      なんとカバ。最も危険な野生のカバだが
      夫婦は親と離ればなれで瀕死の仔を
      連れ帰り育てたという。他,日本初の
      セラピードッグのストーリーを紹介。
     

 

▽明日  8月22日(金) 20:00~20:30 NHK教育


     きらっといきる「どんなことでもふたりで一緒に」

     ・障害をもつ鳥取市のあるカップルに密着。
      車イスを使い,支え合いながら共同生活し
      新しい挑戦を続ける幸せな二人に注目。
        

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学の先生のコラムが人気。
現在,3700名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by オリ

毎年8月12日から13日にかけてペルセウス座流星群が
極大を迎え,多くの流星が見えます。極大前後の日でも
流星は見えるのですが,やはり多くの流星が見たい!
ということで月が沈みペルセウス座の放射点が高くなる夜半,
眠い目をこすり,明かりが無い場所まで観察に行きました。

車を降りたら夜空には満点の星空。
天の川も見えそれだけでも感動です。
横になって夜空を見ていたら長い尾を引く流星を
いくつも目にしました。
1時間足らずで20個強の流星を目にしました。

夏の星座が見える一方,明け方近くには冬の代表星座
オリオン座が顔を出し,なんだか得した気分でした。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に